ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

大場カオル

おおばかおる

大場カオルはゲーム『逆転裁判』『逆転検事』シリーズの登場人物。オバチャンの通称で呼ばれることも多い。
目次 [非表示]

CV:井関佳子(PV・ドラマCD)、杉本ゆう(アニメ版)

人物

経歴

逆転裁判シリーズおよび逆転検事に登場する女性。年齢不詳(本人曰く「ハタチから数えていない」らしい)。

自ら「オバチャン」と呼んでも良いという年配の女性(一人称もオバチャン)であり、

成歩堂龍一綾里真宵らもそう呼んでいる。

ただし立場上あるいはキャラ的な問題か、綾里春美綾里千尋は「おばさま」、御剣怜侍は「夫人」と呼ぶ他、法廷では大体のキャラに「証人」と呼ばれる。

もっとも、特別法廷や一部シーンでは御剣が「オバチャン」と呼ぶ姿も見られるが。


pixiv検索でも本名以上に「オバチャン」タグが有用。


職業は主に警備員だが、自ら「売れっ子」と語るように他の職業で登場することもある。

英都撮影所ホテル・バンドーなど様々な施設での勤務経験がある。


作中の活躍

登場作品は『1』『2』『検事1』。『3』にもエンディングに少しだけ登場する。


職業柄もしくは好奇心から様々な事件の決定的な瞬間を目撃してしまうことが多い。

このため、証人として事件の行方を左右する証言をしてくれる。

ただし、後述するようにミーハーで押しが強く多弁(すぎr‥‥いやいや)なため、

成歩堂も御剣も真相を掴むのに苦労しているようだ。


逆転検事ではあの人物との共演を果たし、御剣とプレイヤーを戦慄させた。


新作発表時に東京ゲームショウなどで公開される「特別法廷」では常連。御剣怜侍を主人公にすべく、大阪のくだらない会社に潜入したり、時を超えて現れたりとやりたい放題。


人となり

実に多弁で重要な証言から世間話、生活の愚痴まで「マシンガントーク」(=ときにはプレイヤーが読めないほどの速度)で語ってくれる。このマシンガントークはアニメ版でも尺の関係から多少台詞が省略されてはいるものの中の人の熱演で見事に再現されている。

しかも他人に邪魔されるのは嫌いで猛反発するので、遮る方法も乏しいという手強い人物。

警備員としてもルールに厳しく頑固な上、情報提供に交換条件を突きつけたり(ときには巧みに捜査情報を引き出されたり)と抜け目が無く、調査許可を得るのに苦労する。

裁判1での初登場時は荷星三郎曰く、「偉い人には弱いが、一度ナメられると一生頭が上がらない」らしいが、シリーズが進むにつれ権力で止まる描写もほとんど見られなくなった。


上記の「マシンガントーク」の中で、「ムスコも三年も電話をよこさない」と発言していることと左手の指輪から、既婚者であることがわかる。

しかし、愛称が「オバチャン」ともなる自分の名前には昔から苦労させられていたようで同じくマシンガントークの中で「よくイジメられた」「中学校の頃憧れの先輩からオバチャンと呼ばわりされて泣いた」と語っており、いったいどういう経緯でこの二者が両立しているのかは定かでない


「ちょっとイイ男」が好みで、俳優衣袋武志の大ファン。御剣も彼女のお気に入りらしい。逆に優男タイプは好みではない様子。

法廷内で出会って以来、御剣のことを「ミッちゃん」と呼び、好意(どころじゃない熱視線)を向けている様子だが、御剣からすると非常に不愉快極まりない。

御剣にとって、ミーハーで押しが強く好意的で、しかも事件の証人という、下手に邪険にするわけにもいかないこの女性は、弱点の一つにして最大の天敵である。


なお、お偉方についてから栄光から転落した人々についてまで、

その人生経験を生かした人物評には重みがあり、一聴の価値がある。


なお彼女に好かれた男は死亡フラグが立つという嫌なジンクスがある。


関連イラスト

魔性の女

A forbidden Love【祝】一家に一人【発売】


関連人物

衣袋武志 姫神サクラ 宇在拓也 荷星三郎

御剣怜侍 成歩堂龍一 矢張政志


関連タグ

逆転裁判 逆転裁判2 逆転裁判3 逆転検事

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82932

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました