ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

原題は『カーズ3』。

全米で2017年6月16日に、日本では「クロスロード」と一部改称された上で2017年7月15日に公開された。


2006年公開の『カーズ』、2011年公開の『カーズ2』に続くシリーズ3作目であり、ピクサーの長編映画としては『ファインディング・ドリー』に次ぎ『トイ・ストーリー』から数えて18作目となる。


ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンが、新世代の若手たちの登場やクラッシュ事故により「人生の岐路(クロスロード)」に立たされるというテーマである。

これまでの仲間や新たな相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語となっている。


なお本作の関連商品(ゲーム・おもちゃ等)は、日本国内でも『カーズ3』の名称で取り扱われる事が多い。


主要キャラクター

ライトニング・マックィーン

主人公。

1作目以降ピストンカップを7回制覇した名ベテランとなるが、自動車としての生まれ持った性能差から若手たちに押されるようになり、レース中の事故で大怪我を負う。

無事に修理は完了するが、スポンサー企業の新オーナーが用意したリハビリプログラムが肌に合わず引退勧告をされてしまう。

そこで次の大会の結果次第で進退を決めるという約束を取り付け、トレーナーのクルーズや親友のメーターたちと共に特訓をしながらの旅に出る。

クルーズや亡き師匠ドック・ハドソンの元コーチのスモーキーとの特訓を経て、レーサーを続けるべきか別の道を切り開くか運命の決断を迫られる。


クルーズ・ラミレス

今作でのマックィーンの相棒の一人。

ラスティーズの新オーナーが雇ったヒスパニック系の若手女性トレーナーで、マックィーンの再生プロジェクトをサポートする。

元々はレーサー志望であったが挫折してトレーナーに転向。

旅の道中でマックィーンが実技の技術を教えるようになると、その才能が少しずつ現れるようになる。


ジャクソン・ストーム

今作のディズニーヴィランズであり、マックィーン最大のライバルとなる新人レーサー。

ルーキー時代のマックィーンよりもタチの悪い性格で、もっぱら生まれつきの性能と体力に任せた走りである。


関連項目

ピクサー ディズニー CARS アメリカ

レース レーシングカー アメ車

関連記事

親記事

カーズシリーズ かーずしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34317

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました