ピクシブ百科事典

ファンロード

ふぁんろーど

Fanroadとは、編集プロダクション・銀英社で製作される雑誌である。
目次[非表示]

概要

 Fanroad( ファンロード、通称FR )は、神保町にある小さな編集部で作られ、1980年の創刊以来、常に人手不足と予算不足等に悩まされながらも、業界の片隅でひっそりと、アバウトかつマイペースな誌面を提供し続けていた風変わりな雑誌
 編集部は発行元の倒産や雑誌の移譲に伴い、「ふぁんろ~ど」( 当初のラポート、通信販売や直営店舗によるアニメ・ゲーム関係のグッズの販売を主とした会社であり、平成5年倒産、および大都社少年画報社の子会社であり、雑誌やコミックを出版している会社、の発行時 )、「ファンロード改」( インフォレスト小悪魔agehaなどの雑誌を発行していたが平成26年倒産、の発行時 )「投稿道F」( グライドメディア、当時は大洋図書系列のミリオン出版の非アダルト部門の名義、現在は部門ごとメディアボーイに移譲される、の発行時 )などの別名で出されていた時期もある。
 この雑誌は一応アニメ雑誌に分類はされているが、この雑誌の内容は基本的に読者投稿から成り立っており、旅行や食べ物]]他、多種雑多な要素がごった煮になって、[[闇鍋]]的な雰囲気を作り上げている。  そのように色々な側面を持つ雑誌なため、見る人によって認識解釈は様々であり( その中には誤解や思い違いが含まれることも少なくない )、独特の気風がかなり強く「よくわからない」「とっつきにくい」「イラストにつられて買ったら変な雑誌だった」などと思われやすいが、稀に波長の合う人間が読んだ場合とてつもなくはまり込む。特に熱心な読者は自らを「ローディスト」と呼称する。
 なお、グライドメディアが出版権を持っていた平成22年秋以降刊行が途切れ、多くの読者を意気消沈させていたが、実は水面下で電子版の製作が進められていたことが編集長のTwitterで2012年に明らかにされた。
電子版ではサービスで冊子形態の印刷版の通販も行っていたといわれるが、上下巻に分けられた1号が出版されたのみで、現在では発売元会社自体が消失した可能性がある。
 また、それらとは別に2008年より携帯電話専用サイト「FRモバイル」も並行して運営されていた( このサービスは平成24年終了 )。
 それ以降は事実上の休刊となっている模様である。

ローディスト

 この雑誌の愛読者のこと。
 それ以外の定義は特に存在せず自称でもよく、ローディストだと思っていればローディストであるといわれる。
 なお、このメンツは多様な人材が揃っており、おかしなものを愛好する趣が強い。また、誌面の世代交代が目まぐるしいため、年代構成はかなり幅広い。およそ3年~5年ほどで読者・投稿者はそっくり入れ替わるが、一部には10年以上にわたって購読を続ける読者もいる。
 また、アニメディア週刊少年チャンピオンなど、他誌と平行して投稿するものも少なくない。また、pixiv内にも何人か登録者がいる。
《PIXIV内に在籍している主な有名ローディスト(一部)》

かなり・・古い(笑)
猫耳セーラー
木漏れ日の庭
7班


変身する人々
2次元ナイツ
僧職系男子
こなたん!!


関連人物

イニシャルビスケットのK

[26 battle!]K of Initial-biscuit


 通称「Kさん」。創刊当初からずっとこの奇妙な雑誌を取り仕切っている食通編集長。本名・浜松克樹
K字型のビスケットが顔になった姿で描かれる。
石野真子ブルース・リーの大ファンであり、「時計」「ワイン」「アリス」「リス」「カメ」「カニ」など、多彩なものに通じる趣味人。
 

またまたメイドさん❤

その事情通が災いし、専属作家の遠山拓磨にメイド喫茶についての知識を披露したところ、「よほどメイド喫茶が大好きに違いない」という誤解(?)が広まってしまい、「Kさんといえばメイド喫茶」とまでいわれるほどにイメージが定着してしまった。
 Twitterもやっているが、つぶやかれているのはほとんどが食べ物の話である。
 また、『ジョジョの奇妙な冒険』ジャンプコミックス版第1巻では巻末解説も書いている。
中川翔子

マミタス


 元々本誌の読者だったが、自分の父親( 中川勝彦 )がかつて誌上の連載漫画で取り上げられていたことを知り、その旨を編集長に手紙で尋ねたことがきっかけで、2005年から2008年まで連載記事を持つようになる。2006年にはマネージャーとともに本誌主催の「ゲゲボツアー」にも参加した。
 編集長K氏とはブルース・リージョジョが好きという共通点もある。

誌上ネタ

 この一覧に関しては掲載順ではなく、50音順に掲載している。これはこの雑誌の出版が長期にわたり、バックナンバーの調査が必要となる掲載順での発表が困難となっているためである。

  • アチョーまん
 みやげ物として販売されるブルース・リー饅頭……だそうだが、実在するのかどうかは謎( 現在でも情報募集中 )。ちなみにこれは編集長Kの好物とされていたが、当人は「そんなものは食べたことがない」と否定した。

アミバ様をトップにしたくてやった。後悔はしていない。


 『北斗の拳』の登場人物のひとり。
 本誌メイン記事「シュミの特集」の「大事典」コーナーに、なぜかいつも乱入する。そして五十音順のトップになることを狙うが、大抵他の「ア」で始まるキャラクターに阻止される。
 また、「天野明先生は原作者自らアミバのトップを防ぐ」「アムロ・レイ綾崎ハヤテは主人公なのにアミバのトップを防げない」など、他のキャラや人物が併せてネタにされることもある。
 このネタに関しては誌面での初登場は明確にされており、1985年であるが、もちろん当時まだ生まれていない、あるいは週刊少年ジャンプなど読むことがなかった読者も数多かったため、「なぜアミバがいつも登場するのか?」は新規読者定番の疑問になっていた。
 だが、購読暦の長い読者に尋ねても、この理由については言葉を詰まらせる場合が多い。一応「自信作を没にされる投稿者の気持ちとリンクした」「途中で急に偽者になってしまういい加減さがウケた」などの仮説は出ているものの、真相は闇の中である。「適当に続けていたらいつの間にか長くなってしまった」説がもっとも納得いくかもしれない。
「古参の常連投稿者」と間違われたこともある。

  • ヴァルキリーはエロゲー
 典型的な勘違いのたとえに使われる。これは「太臓もて王サーガヴァルキリーのルリーダは戦乙女ヴァルキリー( 正式名称:戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」 2004年7月30日にルネより発売された18禁女神調教アドベンチャーゲームアニメ化もされている )が元ネタか」という間違った投稿が元ネタ。
  • エンピツのシンでほくろ
「身体に刺さった鉛筆の芯が、そのまま皮膚の中でホクロになってしまった」という体験談シリーズ。同様のネタで「スリッパの中に」などというものもある。
  • 「ギャアアアアアアア」
 編集長K氏が、編集部の人手不足からBLドラマCDを自ら聞いてレビュー記事を書かねばならなくなり、そのレビュー文( というより、ただの絶叫 )として書かれたのがこれである。
 これが読者に非常に面白がられたためか、K氏がBL的なものを説明する際の専用お決まりフレーズとなった(例:「これもギャアアアアかな?」等)。
  • 抗議文シリーズ
 似た特徴のある作品に「絶対パクリです!まねしてます!ずるいです!」と言いがかりをつけるというもの。当然、冗談だとわかるものに限られる。
 ネタ元は、なんと編集部に実際に届いた本物のクレーマーの投書( パロディの概念を理解できておらず、掲載作品に対して「盗作だ」とクレームをつけてきた、勘違いも甚だしいもの )である。
 ネタとしては好評であったものの、事情を知らない新規読者が「本当に文句を言っている」と誤解してしまうことがあるため( 元ネタ掲載が当時発行されていた増刊号であり、本誌だけを読んでいる読者には意味が通じなかったことも起因している )、その後掲載が控えられるようになった。
  • 「この○○な生き物を殴らせてください、大パンチで」
 元々はバカゲー本『美食倶楽部バカゲー専科』からの流用ネタ。
 元ネタはセンチメンタルグラフティのレビュー内「だれかこのりゅんりゅん言う生き物を殴らせてください、大パンチで」(うろ覚えで記述)より。
 それを投稿者・狂本弘明が『君が望む永遠』の登場人物の劇中での行いに腹を立て「この髪の青い生き物を殴らせてください、大パンチで」と発言したことが元。
 これが他の投稿者達に模倣され、物語内で外道な行いをしたキャラに対して使うネタとして誌面に定着した。
例:「この髪の赤い生き物を…」
 『仮面ライダーBLACK』の主人公、南光太郎のセリフが元。都合の悪い出来事はすべてゴルゴムのせいにするというもの。「ディケイド、貴様のせいで!」という追従ネタもある。

黒く塗っただけ…だと!?


 本来はなんでもないはずのシーンを、周囲を真っ黒に塗りつぶし、セリフだけを残すことにより意図的にいかがわしい誤解を招くというもの。

  • SD2
 2004年7月号「台湾特集」の記事内で紹介された、現地作家による非公式な『SLAM DUNK』の続編。主人公は流川楓
 初期の頃は原作に近い絵柄だが、先へ進むごとに似ても似つかぬ絵になっていく。さらにボールゴールに叩き込む際の擬音が「ダゴギャ」等、明らかに変。
 ちなみにタイトルの「SD」とは、「スラムダンク」ではなく「スィートドリーム」と読む。
 性別のわかりづらい人物について議論するもの。初期の頃は本誌の常連投稿者に対して行われていたが、後に(キキクラピカ等のキャラクターを対象としたものが主流になる。
 さらに後年になると、神田ユウのような明らかに性別のはっきりしているキャラクターを面白半分に槍玉に上げるケースや、池沢佳主馬をただの願望で女の子扱いしてしまうものなども見られた。
 過去の時代に戻って「未来ではこうなっている」と言っても、昔の人には信じてもらえないだろう、といったネタ。
例1:「カムイ銭ゲバの原作連載時に戻って、両主役を同じ役者が演じると言っても信じてもらえない」
例2:「未来のゲームマジンガーZゲッターロボが活躍していると言っても信じてもらえない」
例3:「デビュー当時の古谷徹に、まだ星飛雄馬を演じていると言ったらどんな表情をされるのか」
  • デブノート
 名前を書かれた人間は太ってしまうという、デスノートのパロディ。2005年5月号では、なんと本物の単行本と同サイズのかけ替えカバーが綴じ込み付録として付けられた。
  • どうすれバインダー
 「バインダーを忘れてどうすれバインダー」というダジャレネタが発端。
使いやすいネタのためか、息が長い。
  • 肉委員会

あの肉


 男性筋肉美を愛好する集まり。参加者はかなり少ないが、その圧倒的な存在感と主催者・柴田拓の卓越した画力で、支持者は多い。

  • 「人間が変わってますがな!!」
 千円札の人物が夏目漱石から野口英世に変わった頃、電車内の女子高生が「千円札の人の髪型が変わった」と会話していたことへの突っ込みが元。
 これを応用して、実写ドラマで役者が交代したり、リメイク作品でキャラの容姿が著しく変化した時などにその状況を表すネタとして使われる。
 かのシャーロック・ホームズの必殺技。誌上ではこのイメージばかりが一人歩きし「もはや探偵ではなく格闘家扱い」とまで言われた。
  • 「氷苦へ行け!」
 氷苦とは、ダジャレコーナー「氷の苦笑」の略称。
 他のコーナーでダジャレネタを使ってしまった場合に使われる(大抵は言った当人が自虐的に使う)。
  • 「変な○○もあったよ~な……。」「幻覚です」
変な続編」「変な実写版」「変なリメイク」など、黒歴史を否定したい場合に使われる。
 実際はこうしてネタにされることによって、忘れていた記憶が再び呼び起こされてしまう。
  • 「まあ、暑かったからね」
 夏コミ記事での、奇異なコスプレ写真に付けられる定番コメント
  • やさい
 BLの事。やおいや◯いと伏字にしたら、やさいと勘違いした読者がいてネタとして定着。その後「じゃあ女性同士はくだものだ」という事でくだものという用語も生まれた。
  • ○○が○○でなくなっておられる!!
 状態変化しすぎて、その名に反した有様になってしまうこと。
 元ネタは、漫画執筆者のカグラカオリが、溶けてしまったガリガリ君を「ガリガリ君がガリガリでなくなっておられる!」と表現したことから。

誤植

 人手とスケジュールの足りなさゆえにどうしても発生してしまうもので、FRの名物といってもいい。
 中には語感が絶妙な誤植もあり、それが新たなネタを呼ぶこともある。ゲーメストと類似している。
 畑七瀬( 火田七瀬)のような、知らなければ普通にそんな名前だと思ってしまうものや、「Kさんはアグルギルスが好き」→「Kさんはアダルトギャルスが好き」のような別の意味の文章になってしまうもの等、様々である。

連載漫画

  • あなうめくん(C38破死本)
ニューヒーロー誕生!


 毎回ゲスト超人が、ほとんど一発芸のような必殺技で敵と戦う4コマ漫画

バニーユウ


 に恋焦がれる危険な・ユウの異色ラブコメ。作者の姉も常連投稿者( ねこのポチ )だったため、連載中には「きっと姉弟の実話を描いているに違いない」とよく疑惑ネタにされていた。

競合誌

1980年代には「月刊OUT」、1990年代には「ふぁいんどあうと」「ゲーメストワールド」、2000年以降は「クチコミ投稿マガジン」「スモールエス」などが挙げられる。

年代別内容一覧

年代おもな活躍常連おもに誌上で取り上げられた作品、人物など(※ネタ的な場合も含む)
1980年代前期
1980年代中期北斗の拳
1980年代後期ながいけん聖闘士星矢魁!!男塾
1990年代前期吉崎観音こげどんぼ*美少女戦士セーラームーンドラゴンボール幽遊白書るろうに剣心田中芳樹超兄貴
1990年代中期くもぎり太郎、遠山拓磨、C38破死本新世紀エヴァンゲリオン新機動戦記ガンダムW格闘ゲーム柴田亜美緑川光
1990年代後期K・春香、米根真紀、九猫あざみ、喜多川あゆこ、湯キリコ、桜井はがね、衣谷康介封神演義シャーマンキング最遊記カードキャプターさくらすごいよ!!マサルさんドルヒラ
2000年代前期ハノイ羽純、猫之宮ゆずり、ももざくら卯月、むつきらん、いけさん、切り裂き猟奇、浅羽ねむっ、加藤しげる、秋バ全成テニスの王子様HUNTER×HUNTERONE PIECENARUTOMR.FULLSWING仮面ライダークウガあずまんが大王魁!!クロマティ高校京極夏彦加護
2000年代中期コーヒー(カトウハルアキ)、笑英一、ライム雷人、カグラカオリ(カゲラ)、POWERMAC機動戦士ガンダムSEED鋼の錬金術師BLEACHDEATH NOTEおおきく振りかぶってアストロ球団MUSASHI -GUN道-
2000年代後期小林なみん、テシオ、水乃柳哉、狂本弘明、柴田拓、玉兎、仲田リズム、雨神ユムチャック、天文時計オルロイ、縁導合、なっぷるん銀魂家庭教師ヒットマンREBORN!涼宮ハルヒの憂鬱D.Gray-man電脳コイル仮面ライダー電王機動戦士ガンダムOOコードギアスギャグマンガ日和さよなら絶望先生中川翔子
2010年代藤ちょこ、病野美弥、前川泉ヘタリアけいおん!VOICEROID

※整理の都合上「2010年代」の中には「ファンロード改」(2009年)の情報も含まれています。
※有名常連投稿者の活躍年代はあくまで目安で、ぶれ幅がある場合があります。
※編集・加筆の際は、あまり数が膨大になり過ぎないように、程々にお願いします。

関連タグ

投稿絵
ハガキ職人
カモノハシ ※マスコットキャラクター

残念 下乳 裸靴下 かわいいから許す 
アワビ ライチ ジンギスカンキャラメル
うわらば http://dic.pixiv.net/a/『性別%3A』シリーズ ヤムチャ

カオス

外部サイト

編集長・イニシャルビスケットのKのTwitter
まぐまぐメールマガジン「ファンロード的描く載る食べる」
wikipedia:同項目
インターネットアーカイブ:
アホリアSSの館 ※ファンサイト。表紙絵付き本誌バックナンバーリストあり。
ミラージュプレスの本誌紹介

pixivに投稿された作品 pixivで「ファンロード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38384

コメント