ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ふざけたり、相手の笑いを誘うことを狙って何かを発言することや、またそういった言葉である。ダジャレ下ネタなどを含むこともある。


ウケているのは自分だけ」で場を白けさせたり、悪ふざけ不謹慎ネタを発して相手を怒らせたりすることもあるので、自らを客観視することが大事である。また、「本気で思っていない必要ない悪ふざけは本気で悪口を言うよりも悪質」と考える人もいるため、言うときは状況判断と覚悟が必要である。


メイン画像のように、言った本人には「分かり切ったウソ」のつもりでも、あまりに生々しい内容から周囲にマジネタと受け止められてしまうことも往々にしてある。これが風評被害名誉棄損といった事案に発展したら目も当てられないが、そんな事例もこれまた沢山ある。


なにより世の中には冗談が通じない人間や集団(=生真面目頑固、公権力、あるいはそれらと正反対の反社他)が存在することも肝に銘じておかねばならない。

動画は「冗談の仕返し」というのがオチだが、ガチのやべーやつに手を出してアカンことになったバカッターインスタ蝿炎上系のユーザーの報告例は後を絶たない。


「冗談というのはみんなでゆかいに笑えることをいうのです。」

マンガ『エスパー魔美』にて、世間においてともすれば無秩序に蔓延する冗談(=ジョーク)に関連する風刺というか真理めいたことが綴られた回として有名なのが「マミ・ウォッチング」である。


以前から映研の先輩である黒沢にエスパー持ちであることを疑われていた主人公佐倉魔美ー--。

黒沢は、魔美から秘密を引き出すべく、自身はいい所のボンボンで成績優秀者なので将来有望が確実だと自分語りした上で彼女に結婚を迫る。そして自分に秘密を打ち明けるよう言う。

当たり前だが魔美は「勝手に決められても困るのだ。」とマトモに対応しようとしない。


業を煮やした黒沢は証拠をしっかりと押さえようと意地になる。

そして写真部に赴き、後輩の篠山よしひろを半ば騙すかたちでスカウトして証拠激写の協力を依頼する。本当の依頼を知った篠山は嫌がるが、袖の下一万円とスクープをネタにまるめ込まれてしまう。

その際に黒沢は魔美のことを「ぼくの将来の妻」と称した。また、篠山に望遠カメラで魔美の私生活を盗撮させた際にパンチラが撮れた時にはその写真を食い入るように見入っていた。そっちの下心もムクムクしていたようである。

(※パンチラ写真自体は篠山のプロ意識によってすぐに廃棄された。)


そして、篠山をコネで確保した高層マンションの一室に配置した黒沢は、後日に魔美に無理やりエスパーを発動させるために自宅にいた彼女を襲撃して不幸せなキスを強要する。

魔美は「誰か来てぇ⁉」という悲鳴をあげ、これを聞いた彼女のボーイフレンド高畑和夫が駆けつけて黒沢をボカッと殴り倒した。


黒沢

「いってえなあ……」

冗談にきまってるだろ。ちょっとふざけてたんだよ。」


高畑

「冗談というのはみんなでゆかいに笑えることをいうのです。」


黒沢の言い分は高畑によって一蹴されたのであった。

冗談もなにも、黒沢がやったことは図々しく他人の部屋に上がりこんだうえに自身の歪んだ知的好奇心性的欲望を満たすために魔美にせまったのが実態である。本当の陰謀を2人は知らないが、傍目からして黒沢がタチの悪いセクハラを仕掛けたことには変わりない。そもそも篠山にエスパーの証拠写真を撮らせようとしていたのもそれをネタに魔美を脅迫しようとしていたのが読者にはバレバレなのだが、そのことも彼はお棚に上げている。


そして、この強姦未遂さながらの顛末を目撃した篠山は離脱を決意してマンションを脱出。が、直後に最近その地域に出没していた強盗にカメラを入れたケースが引ったくられてしまうが、異変を察して駆けつけた魔美がテレキネシスでこれを取り返した。

これに恩義を感じた篠山は、事の発端のある黒沢に対して自身が激写していた彼が魔美に襲い掛かっている証拠写真を突き付け、彼女への追及を諦めるよう警告したのであった。



これはあくまでマンガのネタだが、『冗談』という概念がいかにイタズラ等でのトラブルに際しての言い訳詭弁等を目的にした後出しじゃんけんとして多様されているか、また冗談本来の意図とかけ離れた用いられかたが蔓延しているかが分かる逸話である。



余談だが、かの孔子牛刀割鶏の故事でこの論法を用いている。

ある時に市場に赴いた孔子と弟子たちだったが、ふとした拍子に孔子が「あの肉屋、なんでわざわざ大きな牛刀で小さなニワトリをさばいてるんだろうね?」と弟子たちに尋ねる。ほとんどの弟子は師匠が単なる話題として振ったものと受け取ったが、意識の高い弟子の一人がいきなり「師匠はボクたちを試しておられるのだぞ、分かってないな、お前ら全員たるんでる!」とブチ切れだした。その場はいっきに孔子からの問いかけの解釈をめぐる論議の場と化したが、孔子はあわててこう言った。「冗談! ただの冗談だってば……」 (「論語」陽貨より要約)

……これは紀元前の大昔のはなしである。人間はほとんど進歩していないようだ。



関連タグ

ジョーク 洒落/シャレ

ブラックジョーク…冗談のタチの悪いバージョン。


あまりにも生々しい冗談へのツッコミの一例。例えギャグとかウケ狙いのつもりでもこうした反応をされたならばそれ以上いけないと言われたも同然である。それが「振り」かどうかも判別できないなら冗談以前の問題になってくるだろう。


マジックワード

関連記事

親記事

言葉遊び ことばあそび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167500

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました