ピクシブ百科事典

判じ物

はんじもの

あるものの絵や特定の文字を使い、それが表わす言葉/発音と同じ発音の別のある意味を表現し、それを当てさせるようにしたもの。または、その遊び。

あるものの絵や特定の文字を使い、それが表わす言葉/発音と同じ発音の別のある意味を表現し、それを当てさせるようにしたもの。または、その遊び。
絵画として表現されている場合は「判じ絵」と呼び分けることもある。
有名な物としては、

などがある。

英語でもrebus〔リーバス[ˈriːbəs]〕といい、4(four)でforを、2(two)でto、Rでare(be動詞の現在複数形)、Bでbe(be動詞の原形)を、Cでseeを、Yでwhyを表わしたり、
(eye)の絵」で I を、「(can)の絵」でcan(助動詞)を、「(saw)の絵」でsaw(see「見る/見える」の過去形)を表わしたりする。

特に絵がメインの物は、識字率が低かった時代においては、看板など一般庶民に周知させる必要のある物において、文章の代わりに用いられることが多かった。

関連項目

言葉遊び ダジャレ/駄洒落 掛詞

pixivに投稿された作品 pixivで「判じ物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6572

コメント