ピクシブ百科事典

死神ピカー

まんねり

死神ピカーとは、有る時代の作品群の方向性が、類型化し過ぎたマンネリ状態を指す。
目次[非表示]

概要

1990年代ごろ、各雑誌の新人漫画賞に応募された作品の大半が、示し合わせたかのごとく見た目麗しい「死神」が登場し、あらすじも大抵が「主人公に引導を渡しに来た死神が、紆余曲折の末、恋愛感情を持ち人間となって主人公と同棲する」といったもので、「死神が光って人間に生まれ変わるシーン」のページ数まで殆ど一緒であったとされる。

雑誌ファンロードではこの奇怪な現象を、「死神ピカー」と名付け用語とした。極めてありふれたマンネリ展開の事を云う。
出典は岡品とおる(長江朋美)氏が描いたはみだしコミックで、彼女は他に「クリパカ」(クリッとした目でパカッと口を開けて笑う美少女の顔)という、現在でいう判子絵に相当する造語も生み出している。

偶然ではあるが、「死神ピカー」は、同誌で山本弘氏が批判していた「感動的に去って行ったキャラが最後戻ってくるパターン」という別のマンネリ要素や「死神の二つ名を持つキャラ」という中二病が好みがちなマンネリ要素も含んでいる。
いずれも、捻りのない演出がいけないだけであり、設定そのものに問題はないのでお見知りおきを。

時代背景

90年代前半には「幽遊白書」に代表される、霊界もの(幽遊白書そのものが死神に類するキャラが開始時点から登場する)の作品が多く製作され、アニメ化も頻繁になされていたことから、影響を受けた執筆者が多数登場し、意図せず類型化した物と思われる。
それに、「うる星やつら」のような悪運の強い冴えない人間の主人公(読者の自己投影用のキャラ)と見た目麗しい異世界人の異性が結ばれる異類婚姻譚系のラブコメ闇属性ツンデレ等の萌え要素がドッキングされたものだと思われる(ラブコメ、闇属性、ツンデレはいつの時代も人気があるのです)。
また、この時代は「空を飛ぶキャラ」が分かりやすい人外の表現だった(前述の「うる星やつら」「ドラゴンボール」「魔女の宅急便」など)。後の時代になると変わった髪や目の色なども分かりやすい人外表現として定着し、吸血鬼妖怪悪魔なども人気が出てくる。

時代によっては…

なぜか図ったかのようにトラックが吶喊してくる「異世界転生」、ピンチになると未知の力が発揮される「イヤボーン」やってることはどれもおなじ「魔法学園物」など、時代によってマンネリ描写は移り変わる。
元サラリーマンの年配者が趣味の延長で新人賞に応募する事も多いが、その年代の場合大抵が「島耕作」シリーズを劣化させたような、「さえない男が突然栄耀栄華を極め、美人のおねーちゃんを愛人にする」サラリーマン願望充足物ばかりが投稿されてくる…というある意味社畜の悲哀を感じさせるようなエピソードも聞く。
そこで投稿漫画やラノベ執筆中の作者の方、一度ネームを描いたら他の作品も良く確認してみよう。意図せずに何から何までそっくりな作品があるかもしれないよ・・・?

マンネリな関連タグ

死神 人外×人間 / 異類婚姻譚 ツンデレ
イヤボーン 異世界転生 魔法学園
桜の精 雪の精 吸血鬼…死神と同様、新人の読切で扱われやすい題材とされている。

コメント