ピクシブ百科事典

エレン・ベーカー

えれんべーかー

東京書籍の中学用英語教科書『NEW HORIZON』2016年版の登場人物。
目次[非表示]

概要

東京書籍が発行している中学校用の英語教科書NEW HORIZON』で2016年度版(次回の教科書検定が実施される2019年度までは確実に使われる予定)から登場している。

なお、メインキャラクターとして登場しているのは1年生版であり、2年生版は生徒たちが国外留学した際のエピソードが中心になっているため、一切登場せず、3年生版も顔見せ程度にしか登場していない。したがって、主に彼女たちのお世話になるのは中学1年生になるだろう。

設定

緑中学校で英語を教えるため来日した外国語指導助手(ALT)。年齢は「ニュースZERO」での紹介時に「20代後半」とコメントされている…が、かなり童顔に描かれており、パッと見はもっと若く見える

デザインコンセプトは、
「年上だけれども楽しむ時は子供たちと同じ目線になってくれるお姉さん
別のインタビューでは、「より親しみを感じてもらうため教師然とした大人というよりも、友達感覚のお姉さんというイメージを大事にした」とも語っている。

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身。
同じくボストン出身で、前年度まで教科書に登場していたメアリー・ブラウン先生の後任にあたる(メアリー先生とは親交もあるらしい)。

Ellen Baker


マイクという弟(上の画像右)がおり、2人で来日している。マイクはとある中華料理店で働いているようだ。
実家ではウサギを飼っているらしい。

エレン先生
Hit!


また、地元球団のボストン・レッドソックスの大ファンである。

容姿

金髪ロングヘアで普段は黒いシュシュサイドポニーにまとめている。前髪が一房だけカールしており、よく見るとつむじあたりにアホ毛のようなものがある。瞳の色は緑色(ファンアートでは碧眼で描かれることも多い)。
服装は水色系統のものが多めで、夏服も水色のワンピース服である。スタイルについては一目瞭然とまではいかないが服の上からでも起伏が分かる程度には良好。

着物エレン先生


初詣の際には、アップスタイルにしており、着物姿も披露してくれた。

キャラクターデザイン

2016年度版『NEW HORIZON』のキャラクターデザインを手掛けているのはサークル「ねこげんき」の電柱棒氏。
以前にもライトノベルソーシャルゲームのイラストを担当している。
過去にラノベやソシャゲのイラストを手掛けていた人物に教科書のイラストを任せるというのは前例がなく、この点でも多くの話題を掻っ攫うこととなった。

NEW HORIZON作ってみた


なお、電柱棒氏は、東京書籍が2011年に刊行した、『大人向け参考書 ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる』(1993~1996年度版の『NEW HORIZON』に登場していた池田健(中央)、岡田由美(左)、ルーシー・スミス(右)らが大人になってからのエピソードを取り上げた教材)の際にも挿絵を担当している。

ちなみに、『ミライ系~』の健と由美は2016年版『NEW HORIZON』の挿絵でも登場しているが、ルーシーは「派手すぎる」ため出すのを自粛したらしい。

この教科書が話題になる以前に既に実写版の存在が明らかになっており(勿論、発売元は東京書籍)、髪型以外はデザインはほとんど同じのようだ。(リンク
ちなみに、実写版でエレン先生を演じているのは、女優・モデルのミキ・クラーク氏。
クラーク氏の公式YouTubeチャンネルにはこんな動画も投稿されている。(非公開済み)

東京書籍によると、「英語の聞き取りやすさや親しみやすさ、演技力等を重視した」上での人選らしい。
なお、本人は「みんな実写に期待しすぎてるみたいだけどごめんなさい笑 あんな可愛い絵には勝てないよー」とコメントしている。

ネット内外での反応

2016年4月6日ごろ、Twitter上で、2016年版の『NEW HORIZON』に登場する英語教師:エレン・ベーカーがあまりにも可愛すぎると大きな話題となり、これがきっかけとなって、ここpixivも含むイラスト投稿サイトで次々とファンアートが投稿される事態になっている。

…あれ?ちょっと前にもこんなことがあったような…

また、名前があまりにも駆逐してやる!でお馴染みのに似過ぎているためこんなネタも…(容姿的には性別も含めてむしろ同期の少女に近いが)。

エレン・ベーカー先生の立体機動装置授業
エレン先生


なお、あちらとは、他にも、Horizonの名を冠するグループ関係していたりと、妙なところで接点があったりする。

さらに、上記の野球のスイングを真似するポーズを使用したクソコラグランプリまで…

黒川「エレン先生」
エレン先生…もとい、さとりん曰く
I am デース!
マミ先生


Twitter上の盛り上がりは凄まじく、「エレン先生」が翌日の朝までトレンド入りし続けただけでなく、たった1日で40万以上のツイートがされることになった(世界規模で見てもトレンド上位入りを果たしていたらしく、いかに途方もない規模だったかが窺い知れる)。

さらに、時間を置かずに4chanの/a/板でも取り上げられ、国境を越えて認知されることとなる。このため、pixiv上でも様々な言語のコメントが飛び交うこととなり、文字通り国際交流の様相を呈することになった。英語の教科書のキャラクターがこんなところでも英語での交流を促進させることになるとは何とも不思議な話である。

4月7日、今度はYahoo!ニュースでエレン先生がトップニュースの1つを飾る(内容は、デザインを担当した電柱棒氏へのインタビュー)ことになり、ネット上を再度沸かせることになった。
そして同日の夜には日本テレビの報道番組『ニュースZERO』でも紹介され(さらに、翌4月8日の朝には別の報道番組でも紹介されている)、ネット外にまで話題が波及することとなった。

電柱棒氏の反応

当然、この人気の高まりは、デザインを手がけた電柱棒氏の耳にも入ることとなり、上記のインタビューでは「話題になって嬉しい」と語っている。その一方で、盛り上がりが間違った方向に向かうことを危惧するようなコメントも残し、これを端緒にネット上では「二次創作を自粛すべきでは?」という議論も起こった

その翌日には、公式HPを更新し、別のインタビューで使用したエレン先生とディーパの設定ラフ画を公開した
同時に、前日のインタビューでの発言について「インタビュー記事が拡散されて自らが不安を煽っていくことになってしまった。考えが足りなかった。」と簡単に謝罪した後、「コラとかいくつか見させてもらいましたけどホント笑いました。」「あまり気にせず楽しんでください。」とも述べ、コラ等の二次創作に対して比較的寛容な姿勢を示した。

また電柱棒氏は、その後もエレン・ベーカーの二次創作イラストをTwitterなどで多数公開している。
(※おそらくエレン・ベーカーというキャラクターの権利者は東京書籍であると思われるので、公式絵師であっても氏の作品は定義上、二次創作である)

公式の見解

そして、2016年4月14日、事態を静観していた東京書籍もとうとう動きを見せ、公式HP上に「NEW HORIZONのキャラクターについて」と題したお知らせを掲載した。

それによると、教材図書、インターネット等で(エレン先生を含む)キャラクターを使用したい場合、教科書著作権協会へ利用許諾申請書を申請する必要があり(場合によっては使用料を取られることもあり得る)、「キャラクター設定の趣旨から著しく逸脱すると見なさざるをえないケースの場合、許諾しかねる場合もある」とのこと。
一方、別のインタビューでは、「二次創作については完全に禁止か?それとも黙認するのか?」という質問に対し、担当者が「教科書のキャラをとりあげていただけることはありがたいのです。未来の日本を支える子どもを育てるという教科書の特性を認識して頂けるとよいのですが。」とも語っており、公式見解としては出せない二次創作への想いも垣間見せた。

電柱棒氏ご自身のインタビュー

「話題になっているのは、大変うれしいのですが、一方で、あくまで学校教材なので、
  教育現場を離れて騒ぎになると保護者の方々から悪い印象を受けたりしないかと気になってもいます」

また、東京書籍の担当者のコメント

「まだ学校では使われ始めたばかりですので、
  (エレン先生をはじめ、新しいキャラクターたちが)どのように受け止められているかが気になっている」

「前例のないことでもあり、学校現場での指導に支障がないようにと
  細かい点でできる限りの注意を払いました」

「弊社としては、生徒さんに英語学習への関心を持ってもらえたらということを考え、
  細かい配慮をしておりますので、静謐な環境で学習が進むことを願っております。」

さらには、「エレン・ベーカー」の利用について、このようにコメントしている

イラスト投稿時の注意点

『NEW HORIZON』は東京書籍が国の認可を受けて発行し、日本全国の中学校に無償配布している教科書です。
漫画ライトノベルといった、購入の自由があり、話題性が重要(故に同人誌などの二次創作が事実上是認されている)な娯楽書とは事情が根本的に異なります

その点に留意し、節度を持って行動してください。

関連イラスト

エレン先生の授業!
エレン先生


流行りに乗る姿勢だが、俺は褐色女子に流されやすいんだよ
エレン・ベーカー先生。


学校ではこんな感じで過ごしているのだろうか…。

Let's study !


教材上の前々任者(前任者はメアリー・ブラウン)でカナダ人のアン・グリーン先生とのツーショット。
ちなみに、実際にはグリーン先生と面識があったかどうかは不明である。

リンク


関連項目

東京書籍 NEWHORIZON 女教師 英語 
エレン先生 エレン・ベーカー先生 ellenbaker - 表記揺れ

伊藤光太 安藤咲 ディーパ・ミートラ
ルーシー・スミス アン・グリーンエレアンリサ・グリーン メアリー・ブラウン

佐山由紀 - 開隆堂出版『SUNSHINE』の主人公(デザインは頻繁に変更される)。2000年代は「英語教科書のヒロイン」的な存在だった。

ゼミママ / はてなようせい - 教材用のキャラだったのに、学業とは無関係な大きいお友達から支持を得てしまったキャラクター繋がり

お勉強、学習の時間!

pixivに投稿された作品 pixivで「エレン・ベーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18656674

コメント