ピクシブ百科事典

概要

日本語吹き替え版の声優は北村弘一(TBS版)→宝亀克寿/島香裕(VHS・DVD版,新作)、滝口順平/緒方賢一/玄田哲章(ヘラルド・ポニー版)、渡部猛(トムとジェリー キッズ)、長嶝高士(コスミック出版)。

トムが飼われている家の番犬として登場する事が多いブルドッグ。初期は見た目通りかなり短気で乱暴、よくトムは愚かジェリーにも暴力をふるっていたが次第に性格は丸くなっていった。
腕力やパワーに長けておりジェリーの作戦によってよくトムをボコボコにする事が多いが、知力は2匹に比べて低いため、ジェリーの協力がなければトムの手玉に取られる事が多い。ジェリーには友好的に接しているが、トムを撃退するためによくジェリーに利用される事もある。

いつの間にかタイクという名前の子供を授かっていた(スパイクの妻は不明)。それ以来半ば親バカと化しているが、「止まらないシャックリ」では彼のシャックリ(途中からスパイク自身もシャックリが止まらなくなった)をいつものドタバタで止めてくれたトムと和解し、ドタバタをいくらでもやって良いと宣言したこともあった。(ちなみにその時トムはボコボコにされると思い、自ら穴を掘りその中に入ったが、スパイクに感謝の言葉と共に手を掴まれて引っ張り上げられた。ジェリーはスパイクが怒らないと宣言したことで不利な状況に陥ってしまい家から逃亡、トムの勝利回となっている)

トムやジェリーと比べ、人間の言葉を話す描写が多い。また、体の色は基本的にニブルスに近いグレーとなっているが、『トムとジェリー ショー』ではタイク共々茶色に変更されている。

夢のチョコレート工場とコラボレーションした長編では、それに加え運送トラックの運転技術を持つ、トラックの運ちゃんならぬ『トラックのワンちゃん』であった。トムとジェリーが商品を盗んで、チャーリーに諭され返しに来たが、そこを襲って以来、2匹と敵対し続けた。
タイクは通行人ならぬ通行犬としてカメオ出演。

関連タグ

トムとジェリー トム(トムとジェリー) ジェリー ブルドッグ
ゴムゴムの実:食べたのかと思わせる程腕が伸びる描写がある。また、主要となる声優の一人である宝亀克寿氏の出演する作品の中には、中の人繋がりでジンベエが存在している。

関連記事

親記事

トムとジェリー とむとじぇりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スパイク(トムとジェリー)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スパイク(トムとジェリー)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5980

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました