ピクシブ百科事典

ワイリー・コヨーテ

わいりーこよーて

海外アニメ『ルーニー・テューンズ』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

ルーニー・テューンズ内のオムニバスの一編「ワイリー・コヨーテとロード・ランナー」に登場するキャラクター。

1949年から半世紀以上、ロード・ランナーを付け狙い続けているコヨーテ
超駿足のロード・ランナーにはどう頑張っても追いつけないため、あらゆる手段や策略を張り巡らせてロード・ランナーの生け捕りを企む。
最終目標はロード・ランナーの捕食であるため、ナイフとフォークを持参しての直接的な襲撃や武器を使った殺傷を狙うこともある。

文字通りの撒き餌でロード・ランナーをおびき寄せ、立ち止まって食べている所を襲うのが基本的な作戦だが、いつもギリギリの所で逃げられ、自業自得の形で制裁を喰らうのがお約束
崖からの転落やダイナマイトによる自爆はコヨーテの十八番と言えるほど多様されている。

失敗の原因は主にコヨーテ自身の不注意、予期せぬ不運、使用した道具の不備等であるが、時にはロード・ランナーの度を越した幸運と身体能力に振り切られたり、策略を見破られて返されることもある。
酷い時にはロード・ランナーが全く画面に映らないまま、一から十までコヨーテの失態で終わることも。

アクメ社の製品を多用しているが、欠陥品をつかまされたり高すぎる性能に振り回されることも多い。
「一羽の鳥を捕食する」という目的と手段のつり合いが明らかに取れていないため、作中で自虐ネタとして突っ込んだことすらある。

長年追い続けているロード・ランナーとはある種の友情が生まれている描写もあり『バッグスバニー・ショー』の楽屋や『ロジャーラビット』などのプライベートでは肩を組むほど仲良し。
普段は叫び声以外は口にせずプラカードで意思疎通をするが、バッグス・バニーと共演した時や『タイニートゥーン』では普通に喋っており、饒舌でエリート意識が高く、IQ207を自称する気取り屋である。

ちなみに狼のラルフ・ウルフというそっくりさんがいる。

ワイリー・コヨーテは超…天才だ!



関連イラスト

水上を走っていることに気づくコヨーテ
コヨーテ、崖の上


コヨーテ 居合い
惜しいぞ、コヨーテ



関連タグ

ルーニー・テューンズ ロード・ランナー ロジャーラビット
カートゥーン 海外アニメ ケモノ 残念な天才
ワイリヨルムンガンド(漫画)の登場人物で「ワイリー・コヨーテ」の異名を持つ。

表記揺れ

ワイリーコヨーテ / coyote

関連記事

親記事

ルーニー・テューンズ るーにーてゅーんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワイリー・コヨーテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86731

コメント