ピクシブ百科事典

チャーリーとチョコレート工場

ちゃーりーとちょこれーとこうじょう

『チャーリーとチョコレート工場』は、2005年に公開されたのアメリカ映画。ティム・バートン監督。ジャンルはファンタジー・コメディ。
目次[非表示]

概要

『チャーリーとチョコレート工場』(チャーリーとチョコレートこうじょう、Charlie and the Chocolate Factory)は、2005年に公開されたのアメリカ映画。監督はティム・バートン
原作はロアルド・ダール児童書『チョコレート工場の秘密』。
過去にも『チョコレート工場』は1971年に映画化されており、こちらは『夢のチョコレート工場』。
世界観が若干異なり、ミュージカル調なのが大きい。

ウィリー・ウォンカから、世界の皆さんへ

                               WONKA
                             世界の皆さんへ

私、ウィリー・ウォンカは今年、5人のお子さんに私の工場の見学を許可することにしました。
この幸運な5人のお子さんたちは、私みずからの案内で私の工場の秘密と魔法のすべてを知ることになります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5枚の金色の券が、5枚のごく普通のウォンカの板チョコの、ごく普通の包み紙の中に隠されています。
これら5枚の板チョコはどこにあるか分かりません。
世界中のどの国のどの町のどの通りのどのお店でも見つかる可能性があるのです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
さらに、その5人のうち1人は、想像もつかないような特別なご褒美を受け取ることになるでしょう。
皆さんに幸運を! そして、金色の券探しを楽しんでください!
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
                                                       ウィリー・ウォンカ

ウォンカチョコレート

WONKA チョコレート包装紙

        

ストーリー

家が傾くほど貧しい家にチャーリー・バケットは、失業してしまった父と母、そして寝たきりの老人4人の7人で健気に明るく暮らしていた。
そのチャーリーの家の近くには世界で一番大きいが、働く人たちの姿を誰も見たことがないチョコレート工場があった。

ある日、工場長ウィリー・ウォンカはチョコレート工場を見学できる権利を、世界中の子供たちの中から、自社のチョコレートの中に隠した5枚のゴールデンチケットを引き当てた5人の子供に与えると発表する。

ゴールデンチケットを手に入れたチャーリーら5人の少年少女と保護者は、巨大なチョコレート工場で驚くべき体験をする。

登場人物

※日本語吹替:劇場公開版/日本テレビ版

ウィリー・ウォンカ 
演:ジョニー・デップ 吹き替え:藤原啓治 / 宮野真守
チョコレート工場の経営者。

チャーリー・バケット
演:フレディ・ハイモア 吹き替え:池田恭祐 / 冨澤風斗
主人公。5人のなかで唯一貧しい家庭生まれだが、家族思いで優しい少年。

オーガスタス・グループ
演:フィリップ・ウィーグラッツ 吹き替え:千葉皓敬 / 日高のり子
最初にゴールデンチケットを引き当てたドイツの肉屋の息子。大食漢で肥満児。

ベルーカ・ソルト 
演:ジュリア・ウィンター 吹き替え:小幡真裕 / 三輪勝恵
イギリスのナッツ工場の社長令嬢。何でも欲しがるワガママな性格。

バイオレット・ボーレガード 
演:アナソフィア・ロブ 吹き替え:久野美咲 / かないみか
アメリカ・ジョージア州アトランタ在住。あらゆる賞を獲得することに執念を燃やす少女。

マイク・ティービー
演:ジョーダン・フライ 吹き替え:海鋒拓也 / 山口勝平
アメリカ・コロラド州デンバー在住。チョコレート(甘いもの)は嫌いだが、ゲーム・コンピューター好きで、自分の頭脳に絶対的自信のある少年。

ジョーおじいちゃん
演:デイビッド・ケリー 吹き替え:清川元夢 / 大木民夫
チャーリーの父方の祖父で同行者。かつてウォンカの経営するチョコレート工場で働いていた。

バケット夫人
演:ヘレナ・ボナム=カーター 吹き替え:山像かおり / 渡辺美佐
チャーリーの母親。

バケット氏
演:ノア・テイラー 吹き替え:咲野俊介 / 家中宏
チャーリーの父親。歯磨き粉工場で働いていたが、工場オートメーション化されたためリストラされ、職を失ってしまう。

ウンパ・ルンパ
演:ディープ・ロイ 吹き替え:原語版流用
工場で働いている小人。歌と踊りを好き。

ウィルバー・ウォンカ
演:クリストファー・リー 吹き替え:家弓家正 / 久米明
映画オリジナルキャラクター。ウィリー・ウォンカの父親。歯科医。

ナレーター
演:ジェフリー・ホールダー 吹き替え:島香裕 / 中村正

小話

  • 毎年冬になると、この映画の製作に全面協力したネスレが、劇中に登場したチョコレートの商標を模した「ウォンカチョコレート」を期間限定で販売していた。チョコクランチとキャラメルソースのフレーバーが挟み込まれているため、非常に甘くて高カロリー。ゴールデンチケットの封入や特殊フレーバーのウォンカチョコが販売された年もある。


  • 舞台設定が異なるが、『トムとジェリー』と『夢のチョコレート工場』のコラボ映画が登場している。しかし、残念ながら権利関係の問題から上映されることは叶わず、DVDでしか視聴が出来ない。
    • ちなみにウォンカの声は「横山だいすけ」おにいさんが担当した。

  • 工場内部に登場する庭園のモニュメントや芝生は、実際にパティシエよって製作された本物の菓子 (食べられるというのは、本当だったようだ)

  • クルミを割るリスは、CGで誕生させたものではなく実際にクルミを割る訓練を施した本物のリスである。

  • DVDソフトが販売された時には、実際にゴールドチケットが同梱(といってもランダムで作品同様5枚しか入れていない)されており それに記載されている内容を書いて応募すると実際に映画で使用した小道具やセットの一部が貰えた。

本作のパロディ・オマージュ

  • ヤッターマン(2008年版)』第5話では、ウォンカによく似たチョコット王子(CV:遊佐浩二)とウンパ・ルンパによく似た小人たちが登場しており、チョコレートの宮殿を舞台としている。


  • アニメ『銀魂』第185話Aパート(アニメオリジナル)が「マヨネーズの中に入っている金のチケットを見つけた者をマヨネーズ工場に招待する」という本作のパロディ回になっており、この回で主人公役を務めた超絶マヨラーはそのチケットを見つけるためにとんでもない無茶振りを起こしている。

関連タグ

ワーナーブラザーズ ティム・バートン チョコレート 工場
映画 / 洋画 / アメリカ映画 / 映画の一覧
コープスブライド:本作と並行的に制作が進められた同監督作のパペットアニメーション。

関連記事

親記事

ティム・バートン てぃむばーとん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チャーリーとチョコレート工場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250026

コメント