ピクシブ百科事典

コープスブライド

こーぷすぶらいど

正式タイトル『ティム・バートンのコープスブライド(Tim Burton's Corpse Bride)』。ティム・バートン監督制作のパペットアニメーション。19世紀のヨーロッパを舞台に、親の都合で政略結婚を強いられた若者と、彼を自分の花婿と思い込んで死者の国に引きずり込んでしまったコープスブライド(死体の花嫁)を巡る切ないラブ・ロマンスを描くファンタジーホラー。
目次[非表示]

概要

本作は「チャーリーとチョコレート工場」と並行的に制作が進められ、10数秒の映像に約12時間、完成まで約10年という長い歳月をかけて作り上げられた。リアルな舞台セット、巧みな感情表現を実現したパペット技術、それらに圧倒的な説得力とリアリティを与える優れたアニメーション技術が合わさって作り上げられた幻想的な映像美によって切なくも悲しいラブロマンスをスクリーンに描き出している。

ストーリー

時は19世紀、舞台はヨーロッパのとある村。
魚の商売業で成り上がった品格のない成金ヴァン・ドート夫妻は、上流階級入りを夢見て一人息子のヴィクターを、破産寸前の没落貴族であるエヴァーグロット夫妻は救貧院入りを回避するため一人娘のヴィクトリアを、それぞれの思惑の元に結婚させようと目論んでいた。

親の都合で決められた顔も知らない相手との結婚を不安がる2人だが、初めて顔を合わせた式のリハーサルの日にお互いに惹かれ合い、結婚に前向きになっていく。しかし、小心者のヴィクターはリハーサルでドジをやらかし続け、怒った神父から式の延期を言い渡されてしまう。

焦ったヴィクターは真夜中の森で独り式の練習を続け、練習のつもりで何気なく地面から突き出た枝の先に結婚指輪をはめた。だが、それは枝ではなく、かつて結婚詐欺にあって殺されこの森に埋められた悲劇の花嫁、コープスブライドの手だったのだ!
彼に愛の誓いを立てられたと思い込んだコープスブライド―エミリーは彼が自分の花婿であると思い込み、ヴィクターを地中深くにある死者の国へと連れ去ってしまう。
どんよりと暗い地上とは裏腹な明るくエネルギッシュなパワーに満ち溢れた死者の国に、次第に魅せられていくヴィクター。一方でなんとか地上へ戻ろうと画策するも、生きている婚約者がいることを知られ、エミリーを傷つけてしまう。

ただ一途に愛情を追い求め続ける彼女の悲しい心に触れたヴィクターは、ヴィクトリアがほかの男と
結ばれることになったと知ったのを機に、エミリーの愛を受け入れるためにある決心をするのだが……。

登場人物

ヴィクター・ヴァン・ドート
魚の缶詰業で成り上がったヴァン・ドート家の一人息子。親の決めた政略結婚の式を控えたある夜、
誤って死体の花嫁エミリーと婚姻関係を結んでしまい、死者の国へ連れ去られてしまう。
小心者で冴えない若者だが心優しい性格であり、エミリーの境遇に次第に理解を示してある決断をする。

コープスブライド
本名:エミリー。結婚詐欺にあって殺されてしまった悲劇の花嫁。
愛の妄執に囚われて死してなお安らげぬまま、運命の人が現れると信じて死者の国をさまよい続けていた。そこに現れたヴィクターが自分に愛を誓ってくれたと勘違いし、死者の国へ連れ去って彼と結婚しようとする。
しかし彼に婚約者がいることを知って深く傷つき、報われぬ想いに苦悩することになる。

ヴィクトリア・エヴァークロット
破産寸前の没落貴族エヴァークロット家の一人娘。親の決めた結婚相手であるヴィクターを一途に慕い続ける。
おしとやかな性格とは裏腹に芯の強さと行動力も併せ持ち、彼をなんとか助け出そうとするが、
親の高圧的な態度には逆らえず、一方的に婚約を破棄され、素性の知らない男と結婚させられる羽目になってしまう。

関連タグ

ティム・バートン

pixivに投稿された作品 pixivで「コープスブライド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70638

コメント