ピクシブ百科事典

横山だいすけ

よこやまだいすけ

歌手、役者。NHK「おかあさんといっしょ」の第11代目うたのおにいさんを務めた。
目次[非表示]

概要

2008年4月より、三谷たくみと共に『おかあさんといっしょ』に出演。
だいすけお兄さんの愛称で親しまれる。
前任の今井ゆうぞうと同じく劇団四季の出身。
幼少期からうたのおにいさんに憧れ、そのまま夢を叶えた人物である。

2017年3月に卒業。在任期間は9年と、それまで最長記録を持っていた坂田おさむ(7代目、8年在任)を更新した。
ちなみに、小林よしひさ共々、歴代の人形劇とは、「ぐ~チョコランタン」から「ガラピコぷ~」まで4作品に跨って共演している。これは歴代の中で最も多い。
瀬戸口清文の出演期間は「うごけぼくのえ」から「にこにこぷん」まで4作品が放送されたが、番組で直接共演したのは「ゴロンタ劇場」からの3作品)

うたのおにいさんとして

前述通り、幼少期からの憧れを叶えた立志伝中の人であるが、そのために払ってきた努力は並大抵のものではなかった。
そもそも、うたのおにいさんのオーディション情報は一般には出回らないため、まず募集を知ること自体が至難の業である。
国立音楽大学に進学したのも、劇団四季に入団したのも、そこならば情報が手に入りやすいと考えたためであった。
それに飽き足らず、毎年欠かさずNHKに電話を入れて、「うたのおにいさんのオーディションの予定はありませんか」と確認していた。

ところが、いざおにいさん交代の時期になったとき、ライオン・キングの舞台を控えて多忙であったため、NHKに確認を入れそびれていた。
そうして、人づてに「もうオーディションが終わったらしい」ということを聞く。諦めることも頭をよぎったが、母親の「うたのおにいさんはあなたの原点なのだから、もう一度考えてみたら」という言葉で奮起し、ダメ元でNHKに確認を入れてみたところ、ちょうどその日の朝の会議で、追加オーディションを行うことが決まったところだったという。

うたのおにいさんになった後も、作曲家の先生から「君の歌はつまらない」とダメ出しをされたり、低音をうまく出せずに「ここはおねえさんのソロにするから、だいすけ君は歌わなくていい」と言われるなど、決して順風満帆な生活とは言えなかった。それでも不思議と、うたのおにいさんを辞めたいと思ったことはなかったという。

ネタ

  • 2013年の正月では「歌い亭だいすけ」の高座名で某民放の落語番組のパロディ企画に参加した。
  • 「シンデレラのスープ」では王子の姿で靴が合う人を探していたが、シンデレラ姿のたくみお姉さんにスープを勧められ、飲むと自分もシンデレラになってしまった上に、ガラスの靴がぴったりだったのは自分だったという強烈なオチがついた。
  • 「リンちゃんどうする?」で間違ったことを言うと、そのうち妖怪の着ぐるみ姿になる。


共演者

すべて共演


2008年度から2011年度

2008年度から2015年度

2012年度から2016年度

2016年度

人形劇


関連タグ

おかあさんといっしょ かぞえてんぐ
今井ゆうぞう(前任。劇団四季の先輩でもある)
花田ゆういちろう(後任。大学の後輩でもある)

関連記事

親記事

うたのおにいさん うたのおにいさん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「横山だいすけ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8541

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました