ピクシブ百科事典

アン・グリーン

あんぐりーん

東京書籍の中学用英語教科書『NEW HORIZON』1997~2000、2006~2011年度版の登場人物。
目次[非表示]

概要

東京書籍が発行している中学校用の英語教科書NEW HORIZON』で、1997年度版(通算11版、2000年度まで使用)と2006年度改訂版(通算13版、2011年度まで使用)に登場していた。累計10年(ブランク4年)とキャリアが非常に長かったことと後述の関連書籍が存在するためか、歴代の『NEW HORIZON』英語教師の中でも特に知名度が高く、思い入れがあるという人も多いキャラクターである。

2008年にはパオンが発売したニンテンドーDS用ソフト『東京書籍の教科書シリーズ NEW HORIZON』1~3(学年別)にも登場している。

設定

カナダ出身。
最初に登場した1997年度版では平和中学校の英語教師(ALT)だった。
再登場した2006年度版では若葉中学校に赴任しており、生徒に「先生は日本語を話しますか」と聞かれてジェスチャーを交えながら「Sukoshi」と回答する場面が有名。

Do you speak Japanese?



家族は2001〜2005年度版(通算12版)においてアンの後任で平和中学校のALTとなったリサ・グリーン(Lisa Green)と、のビル・グリーン(Bill Green)の2人。リサは日本人の石川浩司と国際結婚している。

2016年度版から緑中学校でエレン・ベーカー先生の教え子となっているアレックス・グリーンは同じカナダ出身かつ「グリーン」という名字なので、当初は「アン先生の息子ではないか」と言われていたが、ニュースサイトの取材によれば息子ではなく親戚とのこと。血縁的にどのような関係にあるかについては明らかになっていない。

なお、2016年度版の教科書でも、一部前年度までのイラストが継続して使用されている部分があり、1年生版の最初の方のページに(名前こそ出ないものの)「少し」だけ登場している

デザインの変遷

キャラクターデザインはイラスト担当者の交代もあり初登場時(平和中学校時代)と再登場時(若葉中学校時代)で大きく変わっている。初めて登場した1997年版は 漫画的な絵で、目が大きく描かれていたが、ネット上では再登場後の2006年度版の方が有名であり、メイン画像もこの版に準拠しているので以下は2006年度版をベースに説明する。

当時のグリーン先生(に限らず『NEW HORIZON』に登場していた人物全般)はつぶらな瞳が特徴的で、萌え絵にはほど遠いデザインであった。

グリーン先生
Twitter用に描いたグリーン先生の



しかし、2016年度に登場したエレン・ベーカー先生が爆発的なブームとなっている影響からグリーン先生も魔改造の対象になっている(もっとも、エレン先生の登場前からグリーン先生を萌え化したイラストは何点か描かれていた)。

グリーン先生
エレン先生のライバル、グリーン先生。


左はエレン先生が登場する以前の2013年に描かれている。

後任のALTたちとの関係

初登場時(平和中学校時代)の後任および再登場時(若葉中学校時代)の前任は姉のリサ・グリーン先生だがリサ先生の顔は姉妹の割に余り似ておらず、丸顔が大きな特徴である。キャリアが長いこともあってかネット上で「グリーン先生」と呼ばれる場合は(厳密には「アン先生」と呼ばれるべきと思われる)妹の方を指すことが多い。

グリーン先生とエレン先生の合間に当たる2012年度から2015年度は、エレン先生と同じボストン出身のメアリー・ブラウン先生が緑中学校のALTとして『NEW HORIZON』に登場していた(2016年度版でも安藤咲が渡米した際のホームステイ先として登場する)。実はブラウン先生もグリーン先生と全く同じやり取りを生徒としており、やはり「Sukoshi」と回答している。

なお、グリーン先生自身がブラウン先生やエレン先生と面識があるかは不明(エレン先生に関しては、赴任している中学校に親戚が在校しているため、間接的ながら繋がりがある)。

pixivでの扱い

エレン先生のブームに伴い、グリーン先生を描いたイラストもいくつか投稿されている。

Let's study !
無題


ニューホライズン英語教師のツーショット(→エレアン)。
いずれのイラストも、左がエレン先生、右がグリーン先生。

Let's study English!!!
新旧教師対決!!


エレン先生とのバトルもよく描かれる。
これは、エレン先生がブームになり始めたころ、Twitter上で「グリーン先生はエレン先生の登場によってお役御免になったため、エレン先生を恨んでいる(若しくは一方的にライバル視している)」というネタが生み出されたため、その影響もあるものと思われる。前述の通り、実際にグリーン先生の後任(設定上の学校は異なる)だったのはブラウン先生なのでこのネタは誤り。

DARK HORIZON

東京書籍は2011年に『NEW HORIZON』1993年度版(通算10版、1996年度まで使用)の登場人物のその後のエピソードを取り上げた『大人向け参考書 ミライ系NEW HORIZON』を刊行しているが、2014年にはトランスワールドジャパン社(東京書籍でないことに注意)から姉妹編(?)として『DARK HORIZON 大人になったら使うかも知れない基礎英語』が刊行されている。

この『DARK HORIZON』は『NEW HORIZON』の10年後と言う設定で、アン先生は教壇を降りてホステスとなった後に鬱病を発症して自殺を図るも未遂に終わり、精神病院に入院していたが退院後は元教え子の絵美とジュディを脅迫して自分が経営するクラブで働かせていると言う陰惨な末路が語られている。

こうした展開が発行元により正史として扱われているのかどうかは明らかにされていなかったが、2016年版では成長した絵美がロンドンで働いている設定なので、正史ではなくパラレル世界での出来事と考えた方が良いのかもしれない(絵美が中学を卒業してからどれくらいの時間が経っているのかは不明だが、一人立ちして働いているということは既に成人している可能性が高く、卒業から10年前後は経過していると思われる)。

まぁ、そもそも中学生向けの英語教材で上記のような鬱展開を盛り込むことなどできないだろうし…。

関連タグ


リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「アン・グリーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1026510

コメント