ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

通称「阿部さん」。

道下がトイレを求めて立ち寄った公園のベンチに座っていたハンサムな自動車修理工男性

ツナギを袖まくりで着ているが、その下はパンツすら履いてない。

 

道下は彼を見るなり「ウホッいい男……」と欲情(?)し、阿部さんもそれを感じ取ったのか躊躇いなくツナギのホックを外し……

 

やらないか

 

いい男に弱い道下は尿意も忘れて誘いに乗り、そのままトイレの個室で全裸にされてハッテン♂スタート。

「よかったのか、ホイホイついてきて。俺はノンケだってかまわないで食っちまう人間なんだぜ(=非同性愛者相手でも構わず肉体関係を持つ)」という阿部さんのささやかな気遣いに「こんなこと初めてだけどいいんです。僕、阿部さんみたいな人好きですから……」と返し、「うれしいこと言ってくれるじゃないの。それじゃ、とことんよろこばせてやるからな」と彼のテクニックを味わうことに。


ところが道下が尿意を催す(思い出す)と、「いいこと思いついた!お前、俺のケツにションベンしろ」と提案。困惑する道下に対して「男は度胸!なんでもためしてみるのさ。きっといい気持ちだぜ」と言いきり、肛門に挿入させる。


いわゆるアベ顔を披露したのがこのシーンで、ああ、つぎはションベンだと肛門内に放尿するよう促し、未知なる快感に呑まれる道下に対して「いいぞ、腹の中にどんどんはいってくるのがわかるよ」「しっかりケツの穴をしめとかないとな」と余裕の態度。大量のションベンをすべて受け止めた。

 

「この分だと相当我慢してたみたいだな。腹ン中がパンパンだぜ」

 

そして道下が達すると、立ったままで尻から放尿。この直後にあのセリフが炸裂する。

 

「あんまり気持ちよくて…こんなことしたの初めてだから…」

 

だろうな、俺も初めてだよ。ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

 

「すごく…大きいです…」


※この場合、「キンタマ」は睾丸ではなく陰茎を指す場合が多い

 

でかいのはいいからさ、このままじゃおさまりがつかないんだよな。今度は俺の番だろ?」と道下の初釜を掘り、しまり具合を堪能。便意を催した道下に対して「なにぃ!?今度はウンコォ?お前俺をバキュームカーと間違えてんじゃねえのか!?」と困惑しつつも、直後には「しょうがねえなあ、俺が栓しといてやるからこのまま出しちまえ。クソまみれでやりまくるのもいいかもしれないしな!」と新たな提案を打ち出し、道下のハッテン場初体験はクソミソな結果になったらしい。

 

ちなみに阿部さんはホモセックスもやり慣れてるようで、道下とのハッテン行為の間は終始余裕の態度で自らは作中では一度も射精しなかった。今まで経験の無いアブノーマルなプレイでも物怖じせず実行する豪胆さは果たして熟練の経験値からか、単に好奇心からか。


漫画界におけるツナギの下は全裸という点でいえば、「いい男は阿部高和」「いい女(悪女)は峰不二子」である。もっとも後者はライダースジャケットだが。


余談

ニコニコ動画では歌い手の一人いさじ氏が阿部さんとニアリーイコールの図式で結ばれる事が多い。

浸透具合はアニメ「キディ・ガーランド」の2話で、阿部さんをパロディした警備システムを「いさじじゃん」と呼んでしまう程。

また、青鬼のパロディ作品「阿部鬼」では、阿部さんに「似た幽霊」がでている…。


ネット上の一部では男の同性愛者のキャラクターの筆頭格として扱われることもあるが、同性愛者なのか両性愛者なのかは不明。


やる夫スレでは屈指の人格者として書かれることが多くやる夫達を導く年長者としての役割を担っている。また、登場する際は道下とセットで登場する事も多い。


ニコニコRPGではプレイヤーキャラの一人として登場しており、攻撃技の大半が『ガチホモ属性』を備えており、さらに『敵のガチホモ属性の耐性を弱める技』も使用できるため、男性の敵に有利(その反面女性の敵には無力と化す)というとても強い個性がある。また、作中のストーリーにて『いい男(の俺)は人の男を取ったりしない』というポリシーを語っていた。


関連イラスト

壱!弐!男子!

 ヨーヨー や ら な い か


関連タグ

R-18 くそみそテクニック

やらないか アッー!

阿部さん アベ顔

山川純一 おふろでやりたい放題

やる夫スレ

阿部ミク

ニコニコRPG

史上最悪の登場するシーンカット

僕と君の夏休み;同じ名前キャラクター登場

関連記事

親記事

くそみそテクニック くそみそてくにっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3749451

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました