ピクシブ百科事典

脚本の人そこまで考えてないと思うよ

きゃくほんのひとそこまでかんがえてないとおもうよ

「脚本の人そこまで考えてないと思うよ」とは、悩める表現者を鋭く一蹴するフレーズである。
目次[非表示]

元ネタ


4コマ漫画「月刊少女野崎くん」の1シーンより。

演劇部員): 何か違う気がするんだよね もっとこう… 複雑な感情表現を期待されてるような…
千代: (鹿島くん…)
千代: 脚本の人そこまで考えてないと思うよ
遊:  真顔でなんてこと言うの千代ちゃん

概要

ご覧の通り、この台詞の内容を端的に言い表すなら「 深く考えすぎだよ 」である。
もっとも、原作ではこの後に千代が短絡的な解釈を述べる横で、劇の脚本を書いた野崎自身が遊に対して台詞の裏に込めた感情の機微について説明している。
すなわち、「脚本はきちんと考えて書かれていた」というオチとワンセットなのだ。

ただインターネット上では、この台詞が載っているコマが引用されていた場合、劇中における本来のニュアンスではなく、文面通り「制作者はそこまで考えて作っていない(のだから、作品についての考察議論は全くの無意味である)」という批判的否定的皮肉煽りの意味で使われている事がほとんどである。
ただ、実際に考えていなかったと公言されたり、状況的に考えてなさそうなものもあるので結局は使い所次第だろう。

注意

本来は脚本家意図読み解こうとしている《演者》に対して「脚本家はそこまで求めていない(のだから考え過ぎなくていい)」と伝えて制止する発言である。
無表情で繰り出された台詞ゆえに読み違えられがちだが、決して消費者目線で行われる考察や議論、脚本家への皮肉の不毛さ・無意味さを説く煽り文句ではない

余談

なお、千代がこのような発言をしたのにも理由があり、彼女は脚本を書いていた少女漫画家である野崎の普段の漫画作りを見ているため。
度々頓珍漢なネームを作り奇行に走り、本人も大雑把で天然で鈍感という有様なので千代がそう考えるのも無理はない。
一方、野崎の少女漫画自体は繊細な心理描写で人気を集めてる正統派の作品とのことなので野崎自身は意外と考えているのかもしれない。
ただし、これ以外の回では実際に考えていなかった様子が見られることもある。
基本的には考えているのか、またはたまたま今回だけ考えていたのかは結局不明である。

関連タグ

月刊少女野崎くん
佐倉千代... 野崎や鹿島とは懇意な間柄だが、ツッコミ役でもあるため時にひどく冷淡な物言いをする。
鹿島遊... 抜群の演技力を誇る演劇部のイケメン女子。アホの子
野崎梅太郎... 少女漫画家男子高生。演劇部に脚本を書き下ろしたりしている。

プリンツ・オイゲン(艦隊これくしょん)中の人が佐倉と同じ小澤亜李であるため、よくこのネタが使われる(下記イラストはイメレス素材)。

真顔でなんてこと言うのオイゲンちゃん



脚本の被害者
キャラ厨
※此方の用法だと「(不自然に)消費者の望む展開にならなかった」事に対し、考察やフォロー・擁護をする側に対してこの言葉が批判的な意味で使われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「脚本の人そこまで考えてないと思うよ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2923

コメント