ピクシブ百科事典

黛冬優子

まゆずみふゆこ

ゲーム『アイドルマスターシャイニーカラーズ』の猫かぶりアイドル。
目次[非表示]

プロフィール

ふゆ、みんなを笑顔にしたいです!
――とか言っておけば、好感度上がるでしょ?

年齢19歳
身長163cm
体重55kg
BMI22.5
出身地茨城県
3サイズB78/W59/H81
誕生日12月4日
星座射手座
血液型A型
利き手
趣味友達とおしゃべり♪
特技みんなと仲良くなること♪
CV幸村恵理

概要

アイドルマスターシャイニーカラーズ』に登場するアイドルの1人。283プロに所属し、芹沢あさひ和泉愛依と共に3人組アイドルユニットStraylightを組む。ユニット内でのメンバーカラーはネオングリーン。

常に控えめな笑顔で、清楚に見える女の子。可愛いものが大好きで、周囲への気配りをするなど人に好かれるように振る舞う。専門学校1年生。
一人称は基本的に「ふゆ」。ごくまれに「私」。
高校を既に卒業している割には童顔で、163cmと意外に身長は高め。体重は55kgと平均的で健康体。外に出る際はマスクを付ける習慣があり、会話をする際にマスクを外すモーションも用意されている。

冬優子



普段は楚々として可愛らしく振舞っているが、本来の性格はかなりの激情家で、気が強く口が悪い。「素の自分を見せると周りの人に嫌われる」と考えており、プロデューサーと出会いスカウトされた時からいい子の顔を貫いていた。
冬優子曰く「アイドルは魅力的な女の子だけがなれるもので、自分とは真逆らしい。
あさひのことはStraylight結成当初は「中学生」などと呼び、天才肌タイプの彼女をライバル視している部分もあった。

キャラクター性についてはゲーム内での実装まで伏せられており、公式キャラ紹介の冬優子のキャッチコピーも「ふゆ、みんなを笑顔にできるような、キラキラしたアイドルになりたいです!」、プロフィールの説明欄も常に控えめな笑顔で、清楚な女の子。可愛いものが大好きで、周囲への気配りもできるため人に好かれる性格。専門学校1年生。」であった。愛依がプロデュース可能となった2019年4月9日より、サンプルボイス共々「ほんとのふゆ」バージョンに変更された。
櫻木真乃八宮めぐる月岡恋鐘小宮果穂園田智代子桑山千雪市川雛菜と共に瞳にハイライトが3個あるキャラである。

人物

前述の通り、普段の態度は完成度の高い猫かぶり。素の状態では負けん気が強く、自信家にも見える言動が目立つ。

しかし、これは「本当の自分なんかを好きになってくれる人なんていない」「自分みたいな魅力の無い人間が誰かに好きになってもらうためには、嘘でも可愛くあり続けなければいけない」という、実は強迫観念にも似た悲しいまでの自己評価の低さの裏返しでもある。
周囲に対しての観察力が鋭く、細かく気配りができるという美点も裏を返せば他人からの視線を人一倍気にしていることの顕れである。一方で常に自身と周囲を俯瞰して見ているところがあり、ごく短時間で周囲の状況を把握・理解し、最適な「ふゆ」を出力できる演技力と思考速度を誇る。そのため、本質的に頭は良い。

「猫かぶり」という表面的なキャラクター像から、登場初期や余り知らない所謂エアプな人からは「腹黒」「オタサーの姫」と表されることがあるが、それらの評価は冬優子の担当Pからは本気で嫌がられることが多い。

負けん気の強さは生来のものだったようで、プロデュースSSR【starring F】での小学生時代の回想では、猫かぶりをからかってきたクラスメイト3人と口論になった末に、ビンタで反撃して泣かせてしまうという一幕があった。
「先に叩かれた」という主張も聞き入られず相手だけが泣いているという一点のみで冬優子だけ教師から叱られることとなり、中学の頃までそういったことが何度かあったため、より強く素を見せずに猫をかぶることを意識するようになったと語っている。
小学校時代の冬優子はクラスメイトに「(相手によって態度を変えるのは)あんたたちも同じなんじゃない?」と言い返すなど二面性に負い目があった様子はなく(本人曰く「最初は何も考えてなかったのよ」)、上記の素の自分への自己評価の低さは、猫かぶりを徹底して過ごすうちに形成されていったものなのだろう。

それでも激情的なところから感情が瞬間的に沸騰する場面は多々あり、アイドル活動を始めるまでは、素の自分がバレては逃げ出して人間関係をリセットするようなことを繰り返していた模様。

W.I.N.G.編において、ある仕事をきっかけに半ば自棄を起こす形でプロデューサーに素顔を晒してしまい、それが原因でアイドルを辞めようとして一時は音信不通となる。
だが、たとえキャラを偽っていようと、そこに秘められたアイドルという存在に対する理想と情熱そのものは本物であったはずと信じ続けるプロデューサーの言葉と、アイドル活動に今までの人生に無かった楽しさを感じていたことから、再び事務所に姿を現し、プロデューサーに謝罪。
そして、今度こそ逃げ出したり投げ出したりすることなく、いつかトップアイドルになることで「『ふゆ』こそが本当の自分」であると胸を張れるよう、決意を新たにアイドル活動を再開する。

おかえり



その後は気の強さと周囲への観察力が長所として好転。キャラ作りに対する姿勢も「自分を取り繕うために嘘をついて猫をかぶる」のではなく、「自分の理想のアイドル像『ふゆ』を自信と誇りを持って表現する」という方向性へとシフトしていき、その理想の高さはそのまま高いプロ意識と心の強さへと昇華されていく。ある意味において、彼女自身も「ふゆ」をプロデュースするプロデューサーだと言える。

既に素の顔がバレているプロデューサーとStraylightのメンバーの前だけは素の自分を隠そうとせず、二人称も「あんた」「あいつ」と呼んでおり、高飛車に振る舞いつつも時折、素直な気持ちを伝えるようになる。実質、「ふゆ」を演じるのは相応に集中力を必要とする行為のため、プロデューサーやStraylightのメンバーとだけの時間は、プライベート以外では唯一の安らぎの時間となっている。そのため、283プロの他のアイドルと長期間組む時の消耗は計り知れない。一方で、そういったインターバルがあるからこそ、「冬優子」と「ふゆ」のON/OFFがより強固となり、素バレすることは一切なくなった。

本人的にはキャラを演じている状態を「ふゆ」、素顔の自分を「冬優子」として使い分けており、彼女を「冬優子」と呼んでいいのは特別な存在だけである模様。
初対面の相手には「ふゆ」と呼んでほしい旨をそれとなく伝えているが、あさひと愛依はそれを聞く前に「冬優子ちゃん」と呼び始めてしまったため、なし崩しに名前呼びを許している状態。ホーム画面で他ユニットと会話させてみると、生真面目だったりマイペースなアイドルを相手に「ふゆ」呼びが浸透せず苦戦している様子も窺える。(2022年3月現在、日常的に「ふゆ」と呼んでくれているのは真乃・めぐる・白瀬咲耶大崎甘奈・果穂・七草はづきの6名のみ。前述通りプロデューサーは基本的に「冬優子」呼びだが、W.I.N.G.編決勝前では「ふゆが帰ってくるのを待っている」と言って彼女を送り出している)
ただ、プロデュースSR【はるさき可憐花】では仕事先のスタッフにも「ふゆちゃん」と呼ばれるなどふゆ呼びが定着しつつある。

また前述の負けん気の強さはシナリオイベント『[MAKING]スノー・マジック!』(2020年新春)でめぐる・咲耶・西城樹里と合宿先のコテージ型ホテルでトランプをしていた時、勝利目前で停電となり「再試合」の提案が出た際も、中々承諾しなかったことでも窺える。

高いプロ意識

283プロの所属アイドルの中では、当初からトップアイドルを目標であるのを明言している一人でもあり(他は風野灯織・恋鐘・有栖川夏葉緋田美琴)、プロ意識の高さは随一。
厳しいレッスンや理不尽な仕事に対しても陰で愚痴ることこそあれど、「ふゆ」としてキッチリこなし、SNSでの振る舞いからメイクに至るまで理想の自分である「ふゆ」を表現するためには努力を怠らない。
ただそうしたスタンスゆえに「好き嫌いは相手の自由」「他人に好かれなきゃと思って振る舞うのは面倒」と主張するユニットメンバーのあさひとはまさに水と油
他人を気にせずにあるがままに振る舞うことを厭わず、それでいて人々を魅了してしまうあさひに対して、嫉妬と羨望と苦手意識が入り混じった複雑な感情を抱いている。
一方、あさひのアイドルとしての実力と才能はリスペクトしており、本質的には面倒見も良く、何かとフリーダムなあさひと愛依を時に諌め、時に奮起させるなどの行動をプロデューサーも認めたのか、ファン感謝祭編のエンディングから正式に「Straylightのリーダー」を任せられることになる。
またG.R.A.D.編では、自分が作り上げた「ふゆ」がファンに受け入れられ喜ばれる楽しさ、その代償として「ふゆ」であり続ける限り決して「冬優子」は誰にも見てもらえない悲しみ、それら全て飲み込んで、茨の道を自ら進むことを選んだ、冬優子の覚悟と矜持を垣間見得た。

Staylight3回目のシナリオイベント『The Straylight』(2021.1.31-)では動画配信者に「プライベートでは正反対の陽キャJK」と暴露された愛依を、諌めながらも慰める姿も見せている。
『The Straylight』ではこれまでの努力が実を結びつつあるようで、一流アーティストが出演する地上波音楽番組にも出演し、プロデューサーから「今までで最高だった」と褒められるも、「ふゆには不満しかない。最高の歌、最高の衣装、最高のパフォーマンスがストレイライトの目指す場所」と現状に満足せず気を引き締める発言も。
サポートSSR【×トリック/〇____】ではSNS用に愛依と2人で撮ったトリック写真にあさひが映ってしまい、「これは失敗作」と言いつつ気に入ったのか削除せず大切に保存している。

隠れオタク

「ふゆ」でいる時には隠しているが、女児向けの作品を中心にアニメを愛好しており、グッズやフィギュア収集をしている他、仕事がオフの際は積みアニメの消化や買い物をしようとする。
プロデューサー・あさひ・愛依には公表しているものの、それ以外の子達にはオタク趣味があることを隠しており、同じく19歳・隠れオタク・表面上はキャラを作っている、など共通点の多い三峰結華とは「同族のにおいがする」と察しているものの、お互い腹の探り合いをしている。この様子はホーム画面会話、営業モードのコミュでも垣間見ることができる。
2021年7月20日より実装された、グレートフェスのコイン交換報酬であり『シャニマス』初の越境サポートSSR【One, Two...♡】では、結華とはさらに腹の探り合いが深くなっているのが窺える。

キャラ作りの一環でお菓子作りもしているが、実は甘いものより辛いものが好物で、特に激辛料理を食べるのが隠れた趣味の様。CDのオマケドラマでは食レポの訓練の為にあさひ・愛依と激辛お好み焼き屋に入ったが「あの2人辛すぎて食べきれないって。結局ふゆがアイツらの分まで食べてやったわ」などと言ったり、冬優子初の限定プロデュースSSR【アンシーン・ダブルキャスト】のコミュでは自主練をサボって激辛料理を作っていたりしていた。

ライバル視

あさひに対するライバル意識のほか、シナリオイベント『アジェンダ283』(2020.7.31-)ではあさひと愛依の前でL'Anticaの5人をフルネーム呼び捨てで呼んでおり(本人たちの前ではもちろん「ちゃん」付け)、競争相手として強く意識していることが窺える。
公式コミカライズやnoctchill最初のシナリオイベント『天塵』での描写、さらにシャニマス総合責任者の高山祐介氏の3周年記念インタビューを鑑みても、2022年の時点ではL'Anticaが283プロの稼ぎ頭として認識されているらしく、L'Anticaはスチームパンクゴシックなステージ衣装にゴシックパンク、ゴシックメタルの曲調、Straylightはサイバーパンクを基調とした衣装、サイバーパンク、トランスメタルな曲調と、冬優子の性格からして意識するのも当然か。
なお、シナリオイベント『明るい部屋』(2020.12.11-)では、智代子も心の中ではフルネーム呼び捨てにしているのが判明。冬優子にとって283プロの同僚は全員ライバルなのかも知れない。

人間関係

プロデューサー

自身をアイドルとして見出してくれた存在であり、素の冬優子を見せてしまったのに最後には逃げ出さなかった数少ない人間。彼女にとってのファン1号であり、「ふゆ」をプロデュースする同僚にして共犯者。
冬優子の自分すら俯瞰して見ることができてしまうがゆえに、どこか無自覚に自虐的・自傷的な一面があるのを心配しているが、そんな彼も自分を度外視して冬優子達のために仕事に奔走しているのを彼女から心配されている。
立場の差と彼女の強気な性格、そしてお互いに世話焼きな所など、その関係はどのアイドルよりも対等に近い。そのためにお互い遠慮することが少なく、2人が一緒に行動していると、まるで長年連れ添った熟年夫婦のような息の合わさり様を見せてくれる。ただ、そのためか色付いた話などはあまりない。

芹沢あさひ

ユニットの同僚にして冬優子の悩みのタネ。
自由奔放、天衣無縫なあさひと、周囲の評価こそが絶対で偽りの自身ことそが真実であるとする冬優子とでは水と油のような存在。
だが冬優子はあさひの実力を誰よりも認めており、常にその存在に刺激を受けている。一方で世話焼きでお人好しなところからあさひの自滅も厭わぬ行動力をフォローし諌めており、その関係はまるで姉妹か母娘のようである。
あさひも冬優子のフォローに対してはある程度自覚しており、感謝している。暴走を止める気はサラサラ無いが。

和泉愛依

ユニットの同僚にしてムードメーカー。
清楚系を目指す冬優子とギャル系の愛依ではビジュアルの方向性が違うが、彼女の世話焼きなところやどんな時も明るく能天気に振る舞うところにはよく助けられている。芹沢あさひと黛冬優子が現在の(一応落ち着いた)関係を築けたのも、愛依によるところが少なからずある。
一方で愛依は自己主張が少なく利他的なところからアイドルとして常に仲間を優先する余り自己アピールがおざなりになってしまうため、冬優子はそんな彼女に発破をかけ、アイドルとして立ち止まらないように常に刺激を与えている。
冬優子のオタク趣味を知っても、からかったり変に気遣ったりもせず、寧ろ自分から興味を示す愛依は冬優子にとっては非常に珍しい存在だったらしく、現在では素の自分のまま打算要らずで付き合える貴重な同性の友人でもある。

冬優子に関する小ネタ

あんたはここでふゆと死ぬのよ

「冬優子が言いそう」という点で広まったネットミーム。二次創作発祥とされている非公式ネタだが、2020年版「ネット流行語100」で97位にランクインした。

ふゆたちは空中戦じゃ分が悪すぎるのよ……!

シナリオイベント『ゴシップ・キャンディ!-魔法の本とおかしな食べ物-』(2020年秋)にて、空中戦を提案してきたあさひに対して、「無謀だ」と却下しようとした冬優子のセリフ。地上戦なら分があるらしい
「あんたはここでふゆと死ぬのよ」と同時期に登場し、よく対比されるがこちらは公式のセリフである(ただし「異世界」という設定である)。2020年版「シャニマス流行語大賞」にもノミネート

あんたのことは、ふゆがちゃんと終わらせてあげるから

2021年のエイプリルフールイベント「World × Code」の「戦場」×「軍人」×「敵対」ルートで、「最後のデート」をした冬優子が言ったセリフ。「『あんたはここでふゆと死ぬのよ』がニュアンスを変えて公式で発言された」とする声も。2021年版「シャニマス流行語大賞」にて「ストレイライト賞」を受賞また異世界の冬優子がノミネートしている

ぶちかませ、黛冬優子!!

『シャニマス』3周年を記念した特別企画「シャニマス1ねんせい」進研ゼミっぽい公式漫画にて、同企画のイメージキャラクターである香川照之氏が、「運命の出会い」を果たした冬優子と幾多もの特訓を経て、「ここドリルでやった問題だ…!」とW.I.N.G優勝を確信した際、「イヤッホゥ!!」と拳を振り上げてジャンプしながら言ったぶちかませ、黛冬優子!!お前の手で掴むんだよ!!W.I.N.Gを!!」が発端。香川さん何してるんですか
2021年版「シャニマス流行語大賞」にて大賞を受賞した今度は冬優子の知らないところでノミネートしている

はちみー冬優子マフティー構文

トウカイテイオー「はちみーはちみーはっちっみー はちみーを舐めるとー♪」
テキストボックス[冬優子…これ舐めて…]
減量中の冬優子「バカ、こんなの舐める訳ないじゃな」(←公式で言ってない)
テロリストの天井努「やってみせろよ、マフティー!」
ハサウェイ・ノア「何とでもなる筈だ!」
レーン・エイム「ガンダムだと!?」
鳴らない言葉を もう一度描いて
主題歌:Alexandros閃光

ウマ娘プリティーダービー』と『シャニマス』と『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の、もう何が何だか分からないクロスオーバーネタ。当然非公式である。「やってみせろよ、マフティー!」以降はマフティー構文として既にネットミーム化していたが、このネタ自体はAventador氏の「シャニマス漫画782」が発端とされている。

シャニマス漫画782


何の因果か、この3作品全てに津田健次郎氏が関わっているという。

サジェスト汚染

TwitterなどのSNS上では、「冬優子」と検索すると出てくるサジェストが汚染されがちと言われている。以下にその一部を示す。

単語内容
死体小野未練氏のイラスト「黛冬優子と死体遺棄」が元凶とされている。「もしPが人を殺しても、冬優子なら死体遺棄に付き合ってくれそう」というイメージが生まれた。
黛冬優子と死体遺棄
ボラギノールTwitterの有名bot「しゅうまい君」のこのツイートが元凶。学習された側の気持ちは
税関中国の税関で押収となったR-18同人誌の中に、冬優子の同人誌(リンク先注意!)があったことが元凶。ちなみに中国では「みだらな書籍」の輸入を固く禁じている。
幼虫4コマ漫画第112話「共有したい」にて、あさひが育てているクワガタの幼虫を冬優子に見せて、「この幼虫 冬優子ちゃんみたいっす!」と言ったのが元凶。あさひはその前に「幼虫を可愛い」と言っており、「冬優子ちゃんみたいに可愛い」と言いたかったのだろう。
体重初登場より現在まで、プロフィールの体重についてツッコまれることが多い冬優子だが(後述)、ゲムぼく氏のこのブログにて「ファミリーマートの弁当の量が多すぎる」と紹介した際、「ビックリチキンカツ弁当」を量りに載せた画像の下に「見た目のわりに重すぎるだろ。黛冬優子か?とツッコまれたのがさらなる引き金となった。流れ弾が過ぎる

カード一覧

全19種(2022年4月11日現在)

プロデュースアイドル

レアリティカード名初登場
R白いツバサキャンペーン配布(2019年4月5日)
SRザ・冬優子イズムおはよう、純白のお姫様 甜花・冬優子・めぐるスタンプガシャ(2019年4月29日)
SR水×天カイヤナイトイベント「サマー・フェスティバル」(2019年7月19日)
SSRオ♡フ♡レ♡コGreen light→→→Ready GO! 冬優子・智代子ガシャ(2019年11月20日)
SSRアンシーン・ダブルキャストトパーズを粧して 冬優子・夏葉スタンプガシャPlus(2020年7月21日)
SSRstarring FBell the cat? 冬優子・愛依スタンプガシャ(2020年12月23日)
SRはるさき可憐花イベント「スプリング・ブロッサム・フェスティバル」(2021年4月12日)
SSRONSTAGE?花踊る夏をとおって 冬優子・夏葉スタンプガシャPlus(2021年7月31日)
SSRmulti-angel聞こえてますか? 冬優子・真乃スタンプガシャPlus(2022年3月19日)


サポートアイドル

レアリティカード名初登場
R283プロのヒナプラチナガシャ(2019年4月12日)
SSRスパイシーベリィデコレイト日曜日のてぃん♪パン!あれっ☆ 霧子・冬優子ガシャ(2019年9月10日)
SSRノー墨・勝者フェイスこの星に初春のきて 霧子・冬優子スタンプガシャPlus(2020年1月1日)
SSR@ストーリィズイベント「WorldEnd:BreakDown」(2020年4月1日)
SR(ノージャンル)グラヴィティイベント「夏のアイドル強化週間」(2020年6月10日)
SSR×トリック/〇____ねむらない水たちのための断章 霧子・冬優子スタンプガシャPlus(2021年2月28日)
SSROne, Two...♡グレートフェスコイン報酬交換(2021年7月20日)
SR馴染まないで非日常イベント「秋のアイドル強化週間」(2021年9月21日)
SSRWrog?イベント「Run 4 ???」(2021年10月31日)
SSR二律背面sweet掌に、舞い降りた花びら 樹里・冬優子スタンプガシャPlus(2022年4月11日)


楽曲

ユニット曲についてはStraylight」「BRILLI@NT WINGなどを参照のこと。

SOS

CDTHE IDOLM@STER SHINY COLORS COLORFUL FE@THERS -Sol-
作詞下地悠
作曲・編曲睦月周平

「THE IDOLM@STER SHINY COLORS COLORFUL FE@THERS -Sol-」収録曲。冬優子初のソロ楽曲。2021年3月10日発売。

余談

  • プロフィールが初公開された際、身長・体重・3サイズが『ディアリースターズ』での秋月涼の数値とほぼ同じであったこと、上述した初登場時の紹介文が妙に胡散臭かったことから、一部では男の娘説」が流れていた(ついでにパーソナルカラーも緑系統であることが一致している)。ちなみに両者を比較すると、冬優子の方が身長が1cm違っており(涼は『SideM』で2cm伸びた)、バストが2cm小さく、1kg重い。またスタイルの割に体重が重く、283プロの中でも白瀬咲耶月岡恋鐘に次いで3番目に重いため、「サイズ鯖読み説」「実は隠れマッチョ説」などが想像されている。ただ、涼は「ありのままの飾らない自分でいていたいが、成り行きでそれが出来なくなった」経緯を持ち、ベクトルは違うながらも対照的な性質を持っている。
  • 『THE IDOLM@STER』シリーズでは非常に珍しい現役専門学校生であるが、何の専門学校かは現在不明。(中退を含めると『シンデレラガールズ』の藤居朋夢見りあむがおり、サイネリアもコミカライズでは服飾系の専門学校に通っている)
  • 『シャニマス』では恋鐘・結華が同じ19歳だが、2人とも早生まれのため19歳組では冬優子が1番年上となり(とはいえ1~2ヶ月程度しか変わらないが)、『シャニマス』アイドルを年齢順に並べると上から4番目となる。


その他

アイドルマスター ポップリンクス

黛冬優子って言います。「ふゆ」って
呼んでくださいね!キラキラなアイドルの
祭典に参加できて…ドキドキしてます♡

2021年2月4日より輿水幸子水嶋咲とともに参戦。『シャニマス』勢では初期登場の6人に続いての参戦であり、もちろんStraylightとしても最初の参戦となる。
3要素のうちではビジュアルの初期値が105と高めだが、ボーカルとダンスはやや低い。
属性は「光」と「闇」。光と闇が両方そなわり最強に見える。「光」は後に登場したあさひも持つ属性で、Straylight共通の属性。「闇」は冬優子の二面性を現してのものだろうか。
固有衣装は「リバースド♡キュート」であり、後に限定衣装である「うらはら♡シュバルツ」も登場した。

THE iDOLM@STERシリーズコンセプトムービー2021

『THE iDOLM@STER』シリーズ15周年を記念したコンセプトムービーおよびそのイメージソングである「VOY@GER」に、283プロ代表として夏葉・浅倉透と共に参加する。

動画

coming soon…

イラスト

オ♡フ♡レ♡コ
「ばーか♡」
冬優子
💜ふゆらしく💜



関連タグ

THEiDOLM@STER アイドルマスターシャイニーカラーズ
ふゆ あんたはここでふゆと死ぬのよ
Straylight Team.Sol
あさふゆ めいふゆ
専門学校生 黒髪 猫かぶり ツンデレ デレツン オタク

関連キャラクター

19歳×専門学校生

藤居朋 夢見りあむ

19歳×163cm×キャラ作り

徳川まつり

毒舌家×ぶりっ子

水瀬伊織

ツンデレ×隠れオタク

神谷奈緒

外部リンク

登場人物紹介ページ - 公式サイト
黛冬優子とは(マユズミフユコとは) - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

Straylight すとれいらいと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「黛冬優子」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「黛冬優子」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 153566184

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました