ピクシブ百科事典

黛冬優子

まゆずみふゆこ

ゲーム『 アイドルマスター シャイニーカラーズ 』の猫かぶりアイドル。
目次[非表示]

プロフィール

ふゆ、みんなを笑顔にしたいです!
――とか言っておけば、好感度上がるでしょ?

年齢19歳
身長163cm
体重55kg
BMI20.7
出身地茨城県
3サイズB78/W59/H81
誕生日12月4日
星座射手座
血液型A型
利き手
趣味友達とおしゃべり♪
特技みんなと仲良くなること♪
CV幸村恵理

概要

アイドルマスターシャイニーカラーズ』に登場するアイドルの1人。283プロに所属し、芹沢あさひ和泉愛依と共に3人組アイドルユニットStraylightを組む。ユニット内でのメンバーカラーはネオングリーン。

常に控えめな笑顔で、清楚に見える女の子。可愛いものが大好きで、周囲への気配りをするなど人に好かれるように振る舞う。専門学校1年生。一人称は「ふゆ」
高校を既に卒業している割には童顔で、163cmと意外に身長は高め。
体重は55kgと平均的で健康体。

冬優子



普段は楚々として可愛らしく振舞っているが、本来の性格はかなりの激情家で、気が強く口が悪い。「素の自分を見せると周りの人に嫌われる」と考えており、プロデューサーと出会いスカウトされた時からいい子の顔を貫いていた。
冬優子曰く「アイドルは魅力的な女の子だけがなれるもので、自分とは真逆らしい。あさひのことは「中学生」などと呼び、天才肌タイプの彼女をライバル視する一面も。黛さんは裏表のない素敵な人です!

キャラクター性についてはゲーム内での実装まで伏せられており、公式キャラ紹介の冬優子のキャッチコピーも「ふゆ、みんなを笑顔にできるような、キラキラしたアイドルになりたいです!」、プロフィールの説明欄も常に控えめな笑顔で、清楚な女の子。可愛いものが大好きで、周囲への気配りもできるため人に好かれる性格。専門学校1年生。」であった。愛依がプロデュース可能となった2019年4月9日より、サンプルボイス共々「ほんとのふゆ」バージョンに変更された。

人物

前述の通り、普段の態度は完成度の高い猫かぶり。素の状態では負けん気が強く、自信家にも見える言動が目立つ。
しかし、これは「本当の自分なんかを好きになってくれる人なんていない」「自分みたいな魅力の無い人間が誰かに好きになってもらうためには、嘘でも可愛くあり続けなければいけない」という、実は強迫観念にも似た悲しいまでの自己評価の低さの裏返しでもある。
周囲に対しての観察力が鋭く、細かく気配りができるという美点も裏を返せば他人からの視線を人一倍気にしていることの顕れである。
アイドル活動を始めるまでは、素の自分がバレては逃げ出して人間関係をリセットするようなことを繰り返していた模様。

W.I.N.G.編において、ある仕事をきっかけに半ば自棄を起こす形でプロデューサーに素顔を晒してしまい、それが原因でアイドルを辞めようとして一時は音信不通となる。
だが、たとえキャラを偽っていようと、そこに秘められたアイドルという存在に対する理想と情熱そのものは本物であったはずと信じ続けるプロデューサーの言葉と、アイドル活動に今までの人生に無かった楽しさを感じていたことから、再び事務所に姿を現し、プロデューサーに謝罪。
そして、今度こそ逃げ出したり投げ出したりすることなく、いつかトップアイドルになることで「『ふゆ』こそが本当の自分」であると胸を張れるよう、決意を新たにアイドル活動を再開する。

おかえり



その後は気の強さと周囲への観察力が長所として好転。キャラ作りに対する姿勢も「自分を取り繕うために嘘をついて猫をかぶる」のではなく、「自分の理想のアイドル像『ふゆ』を自信と誇りを持って表現する」という方向性へとシフトしていき、その理想の高さはそのまま高いプロ意識と心の強さへと昇華されていく。
既に素の顔がバレているプロデューサーを、ユニットでいる時に限っては「あんた / あいつ」と呼んでおり、高飛車に振る舞いつつも時折、素直な気持ちを伝えるようになる。

ただ、そうしたスタンスゆえに「好き嫌いは相手の自由」「他人に好かれなきゃと思って振る舞うのは面倒」と主張するユニットメンバーのあさひとはまさに水と油
他人を気にせずにあるがままに振る舞うことを厭わず、それでいて人々を魅了してしまうあさひに対して、嫉妬と羨望と苦手意識が入り混じった複雑な感情を抱いている。
一方、あさひのアイドルとしての実力はリスペクトしており、本質的には面倒見も良く、何かとフリーダムなあさひと愛依を時に諌め、時に奮起させるなどの行動をプロデューサーも認めたのか、ファン感謝祭編のエンディングから正式にStraylightのリーダーを任せられることになる。
ストレイ3回目のシナリオイベント『The Straylight』では動画配信者に「プライベートでは正反対の陽キャJK」と暴露された愛依を、諌めながらも慰める姿も見せている。

本人的にはキャラを演じている状態を「ふゆ」、素顔の自分を「冬優子」として使い分けており、彼女を「冬優子」と呼んでいいのは特別な存在だけである模様。
初対面の相手には「ふゆ」と呼んでほしい旨をそれとなく伝えているが、あさひと愛依はそれを聞く前に「冬優子ちゃん」と呼び始めてしまったため、なし崩しに名前呼びを許している状態。ホーム画面で他ユニットと会話させてみると、生真面目だったりマイペースなアイドルを相手に「ふゆ」呼びが浸透せず苦戦している様子も窺える。(2021年2月現在ふゆと呼んでくれているのは櫻木真乃八宮めぐる白瀬咲耶大崎甘奈小宮果穂の5名のみ)

また前述の負けん気の強さは2020年1月のシナリオイベント『[MAKING]スノー・マジック!』でめぐる、咲耶、西城樹里と合宿先のコテージ型ホテルでトランプをしていた時、勝利目前で停電となり「再試合」の提案が出た際も、中々承諾しなかった事でも伺える。

高いプロ意識

シャニマスの登場アイドルの中では、当初からトップアイドルを目標として明言している数少ない一人(他は風野灯織月岡恋鐘有栖川夏葉)でもあり、プロ意識の高さは随一。
厳しいレッスンや理不尽な仕事に対しても陰で愚痴ることこそあれど、「ふゆ」としてキッチリこなし、SNSでの振る舞いからメイクに至るまで理想の自分である「ふゆ」を表現するためには努力を怠らない。
G.R.A.D.編では、自分が作り上げた「ふゆ」がファンに受け入れられ喜ばれる楽しさ、その代償として「ふゆ」であり続ける限り決して「冬優子」は誰にも見てもらえない悲しみ、それら全て飲み込んで、茨の道を自ら進むことを選んだ、冬優子の覚悟と矜持を垣間見ることができる。
『The Straylight』ではこれまでの努力が実を結びつつあるようで、一流アーティストが出演する地上波音楽番組にも出演し、プロデューサーに「今までで最高だった」と褒められるも、「ふゆには不満しかない。最高の歌、最高の衣装、最高のパフォーマンスがストレイライトの目指す場所」と現状に満足せず気を引き締める発言も。

隠れオタク

「ふゆ」でいる時には隠しているが、女児向けの作品を中心にアニメを愛好しており、グッズやフィギュア収集をしている他、仕事がオフの際は積みアニメの消化や買い物をしようとする。
プロデューサーとあさひ、愛依には公表しているものの、それ以外の子達にはオタク趣味がある事を隠しており、同じく隠れオタクの三峰結華とは同族のにおいがすると察しているものの、お互い腹の探り合いをしている。
外に出る際はマスクを付ける習慣があり、会話をする際にマスクを外すモーションも用意されている。
キャラ作りの一環でお菓子作りもしているが、実は甘いものより辛いものが好物で、特に激辛料理を食べるのが隠れた趣味の様だ。CDのオマケドラマでは食レポの訓練の為にあさひ・愛依と激辛お好み焼き屋に入ったが「あの2人辛すぎて食べきれないって。結局ふゆがアイツらの分まで食べてやったわ」等と言ったり、限定pSSR【アンシーン・ダブルキャスト】のコミュでは自主練をサボって激辛料理を作っていたりしていた。

ライバル視

あさひに対するライバル意識のほか、シナリオイベント『アジェンダ283』(2020.7.31-)ではあさひと愛依の前でアンティーカの5人をフルネーム呼び捨てで呼んでおり(本人達の前ではもちろんちゃん付け)、競争相手として強く意識していることが窺える。
公式コミカライズや、noctchill最初のシナリオイベント『天塵』での描写を鑑みても、2020年8月の時点ではアンティーカが283プロの稼ぎ頭として認識されているらしく、アンティーカはスチームパンクゴシックなステージ衣装にゴシックパンク、ゴシックメタルの曲調、Straylightはサイバーパンクを基調とした衣装、サイバーパンク、トランスメタルな曲調と、冬優子の性格からして意識するのも当然か。
尚、シナリオイベント『明るい部屋』(2020.12.11-)では、園田智代子も心の中ではフルネーム呼び捨てにしているのが判明。冬優子にとって283プロの同僚は全員ライバルなのかも知れない。

カード一覧

全11種(2021年1月18日現在)

プロデュースアイドル

レアリティカード名初登場
R白いツバサキャンペーン配布(2019年4月5日)
SRザ・冬優子イズムおはよう、純白のお姫様 甜花・冬優子・めぐるスタンプガシャ(2019年4月29日)
SR水×天カイヤナイトイベント「サマー・フェスティバル」(2019年7月19日)
SSRオ♡フ♡レ♡コGreen light→→→Ready GO! 冬優子・智代子ガシャ(2019年11月20日)
SSRアンシーン・ダブルキャストトパーズを粧して 冬優子・夏葉スタンプガシャPlus(2020年7月21日)
SSRstarring FBell the cat? 冬優子・愛依スタンプガシャ(2020年12月23日)


サポートアイドル

レアリティカード名初登場
R283プロのヒナプラチナガシャ(2019年4月12日)
SSRスパイシーベリィデコレイト日曜日のてぃん♪パン!あれっ☆ 霧子・冬優子ガシャ(2019年9月10日)
SSRノー墨・勝者フェイスこの星に初春のきて 霧子・冬優子スタンプガシャPlus(2020年1月1日)
SSR@ストーリィズイベント「WorldEnd:BreakDown」(2020年4月1日)
SR(ノージャンル)グラヴィティイベント「夏のアイドル強化週間」(2020年6月10日)


余談

  • プロフィールが初公開された際、身長・体重・3サイズが『ディアリースターズ』での秋月涼の数値とほぼ同じであったために、一部では男の娘説」が流れていた。ちなみに両者を比較すると、冬優子の方が身長が1cm高く、バストが2cm小さく、1kg重い。またスタイルの割になぜか体重が重く、283プロの中でも白瀬咲耶月岡恋鐘に次いで3番目に重い(他のアイドルが軽すぎるともいえる)ため、サイズ鯖読み説や実は隠れマッチョ説などが想像されている。
  • 『THE IDOLM@STER』シリーズでは非常に珍しい現役専門学校生であるが、何の専門学校かは現在不明(中退を含めると『シンデレラガールズ』の藤居朋夢見りあむがおり、サイネリアもコミカライズでは服飾系の専門学校に通っている)。
  • 『シャニマス』では恋鐘・三峰結華が同じ19歳だが、2人とも早生まれのため19歳組では冬優子が1番年上となり(とはいえ1~2ヶ月程度しか変わらないが)、『シャニマス』アイドルを年齢順に並べると上から3番目となる。


ポップリンクス

2021年2月4日より輿水幸子水嶋咲とともに参戦。
シャニマス勢では初期登場の6人に続いての参戦であり、もちろんStraylightとしても最初の参戦となる。
3要素のうちではビジュアルの初期値が105と高めだが、ボーカルとダンスはやや低い。

属性は「光」と「闇」。光と闇が両方そなわり最強に見える
光は他が未参戦ではあるがStraylight共通の属性と見られる。
闇は冬優子の二面性を現してのものだろうか。

動画

coming soon…

イラスト

オ♡フ♡レ♡コ

「ばーか♡」


冬優子
💜ふゆらしく💜



関連タグ

THEiDOLM@STER アイドルマスターシャイニーカラーズ Straylight
専門学校生 黒髪 猫かぶり ツンデレ デレツン オタク

関連キャラクター

19歳×専門学校生夢見りあむ 藤居朋
19歳×163cm×キャラ作り徳川まつり
毒舌家×ぶりっ子水瀬伊織

外部リンク

登場人物紹介ページ - 公式サイト
黛冬優子とは(マユズミフユコとは) - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

Straylight すとれいらいと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黛冬優子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61942573

コメント