ピクシブ百科事典

レーン・エイム

れーんえいむ

レーン・エイムとは、小説「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の登場人物である。

CV:橋本晃一(SDガンダムG-GENERATION F)/水島大宙(G-GENERATION SPIRITS以降)

人物像

地球連邦軍キンバレー部隊(キルケーユニット)所属のモビルスーツパイロット。階級は中尉。
宇宙世紀105年の最新鋭モビルスーツであるペーネロペー(オデュッセウスガンダム)に乗り、Ξガンダムを駆るマフティー・ナビーユ・エリンハサウェイ・ノア)と激戦を繰り広げた。

上司のケネス・スレッグからはテスト飛行パイロットとしては優秀であり、ハサウェイからは昔の自分のようであると評されている。
しかし、実戦経験は浅く、また若さから来る自信過剰な性格や判断ミスもあって失態を重ねる事も少なくない。

戦闘ではペーネロペーに搭載されたサイコミュを通してファンネル・ミサイルを扱っている。劇中小説ではハサウェイ達からレーンは連邦の強化人間ではないかと疑われた事もあり、実際過去のニュータイプの特集記事では強化人間であると明言されていた。ゲームで登場する場合はほぼニュータイプとして設定されている。

元々血気盛んな若者なのもあり、序盤はマフティーからの挑発であっさりと人質を解放してしまうなど自惚れ、若さに溢れた行動を見せていた。

マフティー戦争に於いて、初戦では技量が上手のハサウェイが搭乗するΞガンダムとの戦闘で惨敗を喫したが、終盤ではガンダムの動きに喰らいつく怒涛の成長を見せるようになり、ハサウェイとの最後の戦いとなったアデレート攻防戦では、Ξガンダムと超高速戦闘を長時間繰り広げるだけのタフネスを見せつけた。
そして、ケネス・スレッグが考案したアデレードの全電力を使ったビーム・バリアー作戦でΞガンダムを行動不能にし、反連邦組織のリーダーであるマフティーの逮捕という快挙を挙げる。しかし、それと同時にマフティーの正体が、ケネスの親友であり自身とも面識を持つハサウェイであった事を知り、その事実に対して呆然とするしかなかった。

マフティー戦争後は退役するケネス准将から愛用していた乗馬鞭を送られ、無事に大尉へと昇進した。その後の彼がどうなったのか語られている物語はない。

関連項目

機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ
ハサウェイ・ノア ペーネロペー
ジュリエッタ・ジュリス:敵側のパイロットでありガンダムに一度は敗北するものの、再戦時には所属している軍のバックアップも含め、物語上主役のガンダムを撃破する作戦を成功させ勝利を収めている共通点がある。また、終戦後は敵軍の登場キャラ中でかなり昇進するなどの点も同様である(なお、人間性等の評価では比べるまでも無くレーンの方が上だと言われている)。

pixivに投稿された作品 pixivで「レーン・エイム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7580

コメント