ピクシブ百科事典

グスタフ・カール

ぐすたふかーる

グスタフ・カールとは小説『機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ』を初出とする、量産型モビルスーツである。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高22.0m
本体重量29.0t
全備重量60.0t
ジェネレーター出力3,425kW
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力79,500kg


概要

グスタフカール


連邦軍キンバレー隊の主力モビルスーツ。形式番号はFD-03
ジムジェガンなどの地球連邦軍量産機の設計思想の延長線上に位置する機体で、運用環境を選ばない全領域対応の汎用モデル。生産性を維持しつつ機体の大型化と重装甲化がなされており、大出力のジェネレーターを装備、機動性や運動性も確保すべく機体各所に多数のスラスターや姿勢制御用バーニアが配されている。基本スペックはガンダムタイプに近いほど高いと言う。
0097年に正式配備され、地上の治安部隊で運用されたが0100年代頃になるとモビルスーツの小型化が検討され始め、連邦軍の主力量産MSの座はヘビーガンへと移っていった。

ムック「GUNDAM WEAPONS "ニュージェネレーション"編」では、指揮官用機体を「グスタフ・カール」、一般兵向けの機体は「ドーラ・カール」とされている他、重装型・軽装型の二種が存在すると記しているが、原作小説にはこのような区分は存在しない。

初出は小説『閃光のハサウェイ』、宇宙世紀0105年に「キンバレー部隊」に配備されマフティー・ナビーユ・エリン側のMSと戦闘を行っている。
後付設定ではあるが、宇宙世紀0096年の『機動戦士ガンダムUC』では既に先行配備機がシャイアン基地「カフカスの森」で先行運用が行われている。
機動戦士ガンダムNT』ではマーサ・ビスト・カーバインの護衛として配備されている。
また、ムック『ガンダムMSグラフィカ』の宇宙世紀0097年には反連邦組織「EARM」に機体が流出・実戦運用されている。
機動戦士ガンダムF90FF』では宇宙世紀0112年のニューヤーク、キャッツキルでのSタイプ試験において、F90 2号機の支援について以降、Bチームの護衛機として度々登場。

小説版グスタフ・カール

グスタフ・カール


『閃ハサ』の文庫本(角川スニーカー文庫)の挿絵、MS解説ページに描かれているグスタフ・カールはガンダムUC等に登場したものとはデザインが大きく異なる。(こちらが本来の姿なのだが)

デザインは主役機Ξガンダムペーネロペーに引き続き森木靖泰氏が担当。
ジェガンをベースにΞとペーネロペーの意匠を取り入れた精悍でヒロイックなデザインで頭部V字アンテナによりガンダムタイプと見紛う外観となっている。(pixivでの投稿数もどちらかと言えば小説版の方が多い。)

しかし、テレビゲーム『Gジェネレーション』シリーズに『閃ハサ』が参戦した際に藤田一己氏によって現在の重量級なデザインにリデザインされた。共通点はせいぜいシールドがフレキシプルアームを介して本体に接続されてる点位である。何故ここまで大きく変更されたのかは今の所謎である。

武装

頭部バルカン砲

頭部に標準装備された60ミリ口径バルカン砲。
連邦系モビルスーツの象徴的装備。
小説版は左右1門づつ装備だが、UC版は左側頭部に2門連装されている。

ビームサーベル

格闘戦用ビーム兵装。
ジェガンの物と同型の物を装備しており、サイドアーマーに一基ずつ内蔵されている。小説版のものは両足に一基ずつマウントされている。

シールド

ジェスタと同じく、バックパックから伸びるフレキシブルアームを介して接続するという、新機軸のものを採用している(そのシルエットはジオンザクにも通じる部分がある)。小説版、Gジェネ版はバックパックではなく左肩にアームを介して接続している。

ビームライフル

ジェガンと同型のビームライフル。
グスタフ・カール自体がジェガンよりも大型な為、若干小振りに見えるが、運用方法に差異は無い。

90mmショートマシンガン

ジェガンD型護衛隊仕様と同じ兵装。

グレネードランチャー

左腕部に配されたグレネードランチャー。
給弾はマガジン方式を採用する。

立体物

グレーカラーのガンダムUC版が1/144HGUCとしてリリース。
後にギレンの野望Gジェネレーションに登場した青い機体がプレミアムバンダイに登場。

関連項目

機動戦士ガンダムUC
機動戦士ガンダムNT
閃光のハサウェイ
機動戦士ガンダムF90FF

ジム ジェガン

森木靖泰:小説版オリジナルデザイナー。
藤田一己:GジェネFに本機が出演するにあたって、リデザインを担当した。

関連記事

親記事

閃光のハサウェイ せんこうのはさうぇい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グスタフ・カール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106701

コメント