ピクシブ百科事典

グスタフ・カール

ぐすたふかーる

グスタフ・カールとは小説「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高22.0m
本体重量29.0t
全備重量60.0t
ジェネレーター出力3,425kW
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力79,500kg


概要

『名機』ジェガンの発展・後継機を模索するために新規設計された(最後期の)20m級地球連邦軍汎用量産型モビルスーツ。宇宙用装備を廃して開発された、完全な陸戦型である。
ジムなどのRGMシリーズの設計思想の延長線上に位置する強化型MSであり、同時期にUC計画に組み込まれていたジェスタとは別ラインで開発されている。このため、型式番号はFD-03という特殊な系統が割り当てられた。
シールドジェスタと同じく、バックパックから伸びるフレキシブルアームを介して接続するという、新機軸のものを採用している(そのシルエットはジオンザクにも通じる部分がある)。
が、武装はジェガンと同一のものしか用意されなかったなど、あくまでも少数量産を前提としていたことが伺われる。

ジェスタと比較した場合、装甲の全てにガンダリウム合金を使用し、超高級機であるユニコーンガンダム同等の高出力ジェネレーターを採用しているなど、単純スペックではRGM系列ではなくガンダム・タイプに近いと言えるほどである。
しかしながら、60tという全備重量は、如何に大推力スラスターによってパワー・ウェイト・レシオを数値的にはジェスタ同等に引き上げているとはいえ、質量(慣性)による初動の鈍重化や、推進剤の燃費面で不利を背負うため、総合面では劣ると言える。

宇宙世紀0090年代後半にロールアウトしており、シャイアン基地「カフカスの森」などに稼働試験名目で先行配備されていた他、0097年には反連邦組織「EARM」に機体が流出・実戦運用された。
更にその後、宇宙世紀0105年には、キンバレー議事堂を守備する「キルケー部隊」など、やはり政府重要施設の治安部隊を中心に配備されている。
この宇宙世紀0100年代以降は、ミノフスキー・クラフト搭載の第五世代MSΞガンダムペーネロペーなどに対抗・連携するため、サブフライトシステムケッサリアとの連携運用が必須となってしまっていた。
なお、本格運用開始と前後する宇宙世紀0102年には、サナリィにより『MS小型化計画』が提唱され、結果として本機の量産は少数に留まっている。

資料によっては指揮官用機体を「グスタフ・カール」、一般兵向けの機体は「ドーラ・カール」とされている他、重装型・軽装型の二種が存在すると記しているものもある。

武装

頭部バルカン砲

頭部に標準装備された60ミリ口径バルカン砲。
連邦系モビルスーツの象徴的装備。

ビームサーベル

格闘戦用ビーム兵装。
ジェガンの物と同型の物を装備しており、両足に一基ずつマウントされている。

ビームライフル

ジェガンと同型のビームライフル。
グスタフ・カール自体がジェガンよりも大型な為、若干小振りに見えるが、運用方法に差異は無い。

グレネードランチャー

左腕部に配されたグレネードランチャー。
給弾はマガジン方式を採用する。

余談

上述の通り、新規設計によって製造された20m級量産機の最後年モデルであり、それに相応しい性能を有してはいたが、「革新的」とまで言えるほどの性能を示す事はできなかった。
このため結局、地球連邦軍は主にコストの観点から『名機』ジェガンを第一線配備し続けており、宇宙世紀0110年代から簡易改修・運用され始めたジェガンJ型にはパワー・ウェイト・レシオで大きく水をあけられている

更に宇宙世紀0120年代においては、このジェガンJ型が(どころか、ワンランク上の指揮官用であるR型ですら)完全に『やられメカ』に成り下がってしまったのは、相対的に15m級デナン・タイプの性能が文字通り「次元が違う」事実を物語っている。

関連項目

閃光のハサウェイ
機動戦士ガンダムUC
機動戦士ガンダムNT

ジェガン ジェスタ ヘビーガン MSA-0120

pixivに投稿された作品 pixivで「グスタフ・カール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19947

コメント