ピクシブ百科事典

マフィア梶田

まふぃあかじた

日本のフリーライター。ラジオパーソナリティやイベントMCとしても活動している。その容姿を生かし、俳優としていくつかの作品に出演している。
目次[非表示]

プロフィール

性別
生年月日1987年10月14日


経歴

中国上海出身、三重県育ち。本名は梶田隆基(かじた りゅうき)。

親の仕事の都合で、中学卒業まで上海の日本人学校に通い、時折日本と往復する生活であった。初めて触れたゲーム機は父が買ってきた3DOである。数少ない日本のコンテンツに触れるきっかけとして、衛星放送などでアニメを見ており、当時流行していたプレイステーションを友人らとプレイしていた。

帰国後、全寮制の高校に入学。ミッション系の学校で規則が厳しく、娯楽が制限されていた中、こっそり持ち込んだノートパソコンで友人から借りた『新世紀エヴァンゲリオン』のDVDを見て「人生観が変わるぐらい面白かった」ことから、アニメなどに興味を持つ。
抑圧されていた環境から自棄になり、一時は「ヤクザにでもなってやろうか」とも考えていた(中国の知人を通じて大陸系マフィアと顔を合わせるところまで話が進んでいたと発言)が、作文が得意であったこと、数少ない楽しみであった『ファミ通』の記事でバンタンゲームアカデミーの広告で「ゲームライター」という仕事を知り、ライターを選んだ。
2年生の終わり頃に通信制高校に転校。その後は半分引きこもり状態になりながら、ますますアニメやゲームマンガにのめり込んだ。

高校卒業後、バンタンゲームアカデミーのゲームライター学部に入学。そこで声優雑誌に寄稿していた先輩ライターの紹介で杉田智和と出会う。当時は声優に詳しくなかったため、杉田のことは「アナゴさんのものまねが上手い人だなあ、ライターか?」と思っていた。

専門学校卒業後、4Gamer.netでライターとしての仕事を始める。編集長との面接には上下白のジャージに、背中に英語で「学業なんかくそくらえだ」と書いてあるシャツを着用し、本人曰く「とんだDQN」な状態で挑んだが無事採用された。

活動

主にゲームサイト「4Gamer.net」や声優情報誌などで記事を執筆しているほか、『RADIO 4Gamer』などでラジオパーソナリティとしても活躍中である。
杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン』第100回までは「SP田中」という別名義で助手として出演していたが、第101回以降は「マフィア梶田」として正式にパーソナリティーとなった。曰く、SP田中は自身のペルソナ(別人格)であるらしい。

そのインパクトある容姿を生かし、俳優としても活動している。
2010年には浪川大輔が監督を務めた『Wonderful World』にチョイ役で出演。なお、本作のキャスティングは声優が中心である。
2016年公開の映画『シン・ゴジラ』では石原さとみ演じるカヨコ・アン・パタースン米国大統領特使のSP役として出演。
作中一言も台詞が無い役にも関わらず、その外見から強烈な存在感を放っている。
そもそも、最初はキャストですらなく、あるアーティストのライブで、招待されていた庵野秀明夫婦と出会ったのがきっかけである。その日は庵野と「どのゴジラが一番好きか」という話題で語り合い、お互いに「初代ゴジラが至高である」と会話が弾んだという。2〜3日後に、もともと少し面識のあった安野モヨコを通じて出演オファーがあったという経緯を明かしている。
大林宣彦監督の遺作になった『海辺の映画館―キネマの玉手箱』にも出演した。

人物

色付きメガネ(サングラスではないと『アニゲラ』で公言している)に長身(192cm)のスキンヘッドという威圧的な容姿をしており、周りからは「ハードな元ヤン」と勘違いされる(本人の出演するラジオでは悉くこの事がネタにされており、最近では自分自身でもネタにするようになってきた)。
しかし実際は、自身のコラムやラジオなどで、アニメゲームなどいわゆる二次元への愛を熱く語るなど、外見とのギャップが激しい趣味を持っている。

現在の職業からの繋がりで、声優の杉田智和中村悠一岡本信彦安元洋貴神谷浩史らと仲が良いことがラジオやブログなどから窺え、杉田や中村とは度々旅行に行っていたり、杉田と正月に里帰りしたりと仲良しエピソードには事欠かない。
SP田中時代から中村や神谷には本名の「梶田君」としか呼ばれていない。

RADIO 4Gamer』ではしこりんこと岡本君とのファッションホモに毎度いちゃいちゃ励んでいる。

4Gamer.net」のTVCMでは犬と杉田智和と共演している。ナレーションも杉田、ゲーム風画面にも「マフィア」「すぎた」の記述がある。

「学生時代は友人が少なかった」とのことから、いわゆるリア充を敵視している。ライターとして活動し始めてからの交友関係は幅広く、2016年2月18日の『アニゲラ』ではプライベートで知り合ったという松山ケンイチを、2021年2月18日配信の『わしゃがなTV』では共通の知人を介して知り合ったという星野源をゲストに呼び、番組関係者やリスナー/視聴者を驚かせていた。

マックスファクトリーから彼本人をモデルとしたプラモデルの制作が決定した模様。

関連タグ

SP田中 梶田隆基 作家

大川ぶくぶ:梶田原案の『GOHOマフィア!梶田くん』の作画担当。わしゃがなTVでは構成作家を担当していたり、動画に映るイラストを描いたりしている

オベロン(Fate):イラスト担当の羽海野チカ氏と知り合いで羽海野氏とTYPE-MOONの重鎮との3人の席をセッティング。重鎮二人が羽海野氏ファンで3人の席で熱烈オファーをした。梶田氏は3人の席のセッティング以前にオベロンが出るゲームを猛烈に羽海野氏に話しており、その影響からか羽海野氏も始めて大ハマりした。ちなみに、羽海野氏は会社などを持たず個人で仕事をやっているために梶田氏がマネージメントを担当した。

外部リンク

マフィア梶田の二次元が来い! (4Gamer.net)
マフィア梶田と中村悠一の「わしゃがなTV」 (YouTubeチャンネル)
公式Twitter
本人が半生を語っているインタビュー記事 (インサイド)

関連記事

親記事

作家 さっか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マフィア梶田」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1825804

コメント