ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール編集

性別男性
誕生日1981年1月28日
出身地埼玉県蕨市
血液型AB型
身長168cm
所属アミューズ(音楽業)/大人計画(俳優業)

概要編集

歌手活動だけに留まらず、俳優文筆家などマルチに才能を発揮するタレント。あどけない童顔とお茶目さから万人に愛される人物でもある。趣味はRPG漫画プロデューサー、それとAV鑑賞。


山下達郎イエロー・マジック・オーケストラといったシティポップミュージシャンやマイケル・ジャクソンなどの世界的アーティストから感化を受け、それら要素を集約した『イエローミュージック』という独自のJ-POPを世に打ち出している。代表曲である『』はYouTubeにアップされたMVが1億回再生を突破する社会現象を巻き起こした。


日本音楽界のトップランナーとなった2010年代後半以降は、マーク・ロンソンSuperorganismDua_Lipaといった洋楽アーティストとのコラボ企画を積極的に取り組んでいる。


来歴編集

キャリアスタートからソロ活動本格化まで編集

自由の森学園在籍時から演劇や音楽活動を始め、校内で出会った仲間とインストゥルメンタルバンドSAKEROCK』を結成して2015年まで活動した。俳優としては2003年の舞台『ニンゲン御破産』参加をきっかけに大人計画に所属、フジテレビ系列ドラマウォーターボーイズ』の端役などからキャリアをスタートさせる。


雑誌『テレビブロス』の対談企画「地平線の相談」で出会った細野晴臣から薦められ、2010年からソロアーティスト活動を開始すると1stアルバム『ばかのうた』・2ndアルバム『エピソード』共にCDショップ大賞にノミネートされるなど、音楽業界内で評価を上げる。また、RADIPEDIA(2011年~2014年・J-WAVE)などパーソナリティーを務めるラジオ番組もスタートし、その後の仕事でも女房役となる放送作家の寺坂直毅と出会う。2012年からは『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHKBSプレミアム2012年NHK総合2013年2017年)で念願だった本格的なコント番組の出演も果たした。


くも膜下出血からの復活編集

2012年12月にはくも膜下出血と診断され度重なる活動中止を余儀なくされたが、2013年9月までに2度の手術や入退院を繰り返して「どれだけ歌っても、動いても、何やっても大丈夫」との発言ができるほどに回復した。同時に初主演映画『箱入り息子の恋』や初主演アニメ作品『聖☆おにいさん』、園子温監督映画の『地獄でなぜ悪い』が各方面から高い評価を受けて多くの新人俳優賞を獲得している。


くも膜下出血克服後は執筆活動に注力して『働く男』『蘇える変態』を2014年の短期間で続けて本を出版した。音楽方面では2014年2月6日にキャリア初の武道館ライブを開催し、追加チケットも即完売するプレミアライブになるほどの成功を収める。また、発表する楽曲の曲調も急病以前の暗めのバラード調から、明るめのポップダンスミュージックに変更した。これが後々に発表されていくシングル各曲のスマッシュヒットに大きくつながる。


社会現象を巻き起こした『編集

大人計画の先輩に当たる阿部サダヲが主演を務めるフジテレビ系列ドラマ心がポキッとね』の主題歌として書き上げた8ndシングル『SUN』がリリース後すぐに大きな反響を呼び、2015年紅白歌合戦に初出場を決めた。


年明けすぐの2016年1月~3月にかけては、4thアルバム『YELLOW_DANCER』を引き下げた全国ツアー『YELLOW_VOYAGE』を敢行。ツアーが終了した翌週からニッポン放送系列にて星野源のオールナイトニッポンの放送を開始している。この時期に差し掛かると、大河ドラマ『真田丸』や後述する『逃げるは恥だが役に立つ』(以下:『逃げ恥』)の収録が本格化していき仕事のスケジュールがパッツンパッツンとなってくる。


ほどなく、自身が津崎平匡役で出演するTBS系列2016年度秋ドラマとして逃げ恥』が放映されると、ドラマの視聴率も然ることながら、振付師MIKIKOプロデュースの恋ダンスと共に9ndシングル『』が国民的ヒットとなった。YouTube上にアップされたMVは1億回再生を突破するだけでなく、一般人が自主的に恋ダンス動画をアップロードする社会現象も発生した。2016年の紅白にも文句なしに選出され、2017年に入っても春のセンバツの入場行進曲に『』が起用されるなど年を越えても余波を残した。


疲労困憊の末に発表された『POP_VIRUS編集

』によって名実ともに日本を代表するアーティストとなった星野は2017年に入るとテレビ番組『おげんさんといっしょ』の企画立ち上げ、エッセイ『いのちの車窓から』の執筆、日本テレビ系列ドラマ過保護のカホコ』向けに制作した10ndシングル『FamilySong』の発表、全国ツアー『Continues』の敢行だけでなく、TBS系列ドラマコウノドリ』第2期の収録など仕事がすし詰め状態となった。それだけでなく、翌2018年に向けた映画ドラえもんのび太の宝島』や連続テレビ小説半分、青い。』向けの楽曲製作にも追われ、星野は精神的にキツい時期を迎える


3度目の紅白出場を越えて2018年2月、盟友生田斗真と共にハワイ旅行へ行った際は発熱した状況でバカンスを楽しむことになった。現地で受けた足裏マッサージでエステディシャンが「あなた、体調が悪すぎます!」「休んでください!」と口にした点からも、星野自身が相当追い込まれていた様相が窺える。


そうした激務の果てに発表された、11ndシングル『ドラえもん』は『のび太の宝島』の観客動員数を446万人以上に押し上げて映画ドラえもんシリーズの最多動員数記録を塗り替えた。この実績が評価され、2019年10月よりアニメドラえもん本放送のオープニングに起用されている。また、『半分、青い。』向けに作成されたシングル『アイデア』を初の配信限定シングルとして販売し、新品のCDとケースジャケットを雑誌『YELLOW_MAGAZINE』購入者限定ネットサービス『YELLOW_PASS』内の応募者全員サービスとして配布する試みも実施している。


2018年末には自身の集大成として5thアルバム『POP_VIRUS』を発表。『アイデア』を紅白歌合戦で披露した後、翌2019年2月~3月にかけて自身初の五大ドームツアー『POP_VIRUS』全8公演を実施した。


また、仕事量が増えていく過程で藤井隆高畑充希宮野真守といったおげんさんファミリーとの結束力も固まり、映画『引っ越し大名!』の収録をキッカケに松重豊とは音楽を語り合える親友といえるほど仲が良くなった。


世界のGenHoshino編集

POP_VIRUS』リリースを記念して、星野はアメリカグラミー賞受賞者でもある音楽プロデューサーマーク・ロンソンとのダブルヘッドライナーショー『LIVEinJAPAN2018_星野源×マーク・ロンソン』を幕張メッセ2018年12月に実施した。当日、マークは風邪をこじらせての参加ではあったが、星野とマークの互いの楽曲が会場を熱気に包んだ。


五大ドームツアーを終えてからは、オールナイトニッポンのゲストとして呼んだイギリスの多国籍インディーポップバンドSuperorganismのボーカルOrono_Noguchiとの交流を経て、2019年10月にSuperorganismやラッパーのPUNPEEとの共作楽曲を含めた配信EP『Same_Thing』を全世界へ向けてリリース、2019年11月~12月にかけて初の世界ツアー『星野源_POP_VIRUS_World_Tour』を上海ニューヨーク横浜アリーナ(『LIVEinJAPAN2019_星野源×マーク・ロンソン』として2days実施)・台北にて開催した。


コロナ禍BLM編集

2020年代に突入して世界中で蔓延したCOVID-19は星野に大きな影響を与えた。春に予定されていた雑誌『YELLOW_MAGAZINE』購入者限定ネットサービス『YELLOW_PASS』応募者限定ライブ『“Assembly” Vol.01』は中止を余儀なくされ、自身が主演するTBS系ドラマ『MIU404』も一時撮影中断となる。一方、文化としてブラックミュージックを生み出したアフリカ系アメリカ人たちによるブラックライブズマター運動に感化され、自身のInstagram上でもBLM関連の投稿が増えていった。


鬱屈した空気感にエンタメを提供したい思いから2020年4月3日、星野はInstagramでフリー素材楽曲動画『うちで踊ろう』を投稿する。ネットの反応は素早く、瞬く間にSNS上でコラボ動画が大量に制作される社会現象となった。しかし、時の安倍晋三首相のプロパガンダ利用されてしまい、いわれのない誹謗中傷が星野に降り注いだ。特に、友人と思っていた人物から「あの動画ってさ、事前に連絡あったの?」「もしかしてそういうなんか密約みたいな、そういう打ち合わせみたいのってあったの?」という疑いの言葉を投げかけられ、表立って理由を口にするつもりがなかった星野は自身の考えを公にせざるを得なくなる。2020年6月9日の星野源のオールナイトニッポン内にて、BLMと絡めつつ、『うちで踊ろう』はシェアできる娯楽として投稿した旨、政府からの誘いは一切なかった旨を発表した。


コロナ第一波が落ち着くと止まっていた仕事が再稼働する。春ドラマだった『MIU404』の放送が2020年6月26日よりはじまり、予定話数を削減しながらも同年9月4日に最終回が放映された。また、中止となった『“Assembly” Vol.01』の代行公演としてネット配信ライブ『Gen Hoshino’s 10th Anniversary Concert “Gratitude”』を同年7月12日に渋谷CLUB_QUATTROで開催した。その他、コロナ禍以前から撮影を進んでいた映画『罪の声』の公開や、UKダンスポップシンガーDua_Lipaのリミックスアルバム『Club_Future_Nostalgia』のアレンジャーとして参加する。楽曲面では、1stシングル『くだらないの中に』から11th『ドラえもん』、配信シングル『折り合い』を収録したCD『IN_GRATITUDE』を封入したシングルボックス『Gen_Hoshino Singles_Box_“GRATITUDE”』を販売した。


『逃げ恥』婚編集

自身が出演する、コロナ禍の社会変化を踏まえて制作された『逃げるは恥だが役に立つ ~ガンバレ人類!新春スペシャル! ! ~』が2021年1月2日に放送された頃より、妻役だった俳優新垣結衣と秘密裏に交際を開始。2021年5月19日に結婚を発表した。SNSからは『逃げ恥』婚だと祝福の声が上がったと同時に、俺の嫁幻想が砕かれた世の男性投資家の失望感から主だった仮想通貨価値が軒並み10%超下落した。


また、2020年の活動が俳優一辺倒だったこともあり、星野自身は2021年を"音楽の年"と定義付けした。同年2月に任天堂とのタイアップ楽曲『創造』を発表し、翌3月に雑誌『YELLOW_MAGAZINE』購入者限定配信ライブ『宴会』を開催した。6月にはTBS系ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌『不思議』を3年ぶりとなるフィジカルCDとしてリリース、同曲で7度目の紅白歌合戦出場を果たした。ラジオ番組星野源のオールナイトニッポンでは9月に番組初となるイベント『星野源のオールナイトニッポン リスナー大感謝パーティー』がネットライブ配信で実施され、同月に芸人オードリ若林正恭と歌ったPOPVIRUSが番組公式Youtubeから投稿された。同月公開されたMCU映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』にも韓国人音楽家Zion.Tと共作して楽曲『Nomad』を提供している。10月には俳優菅田将暉主演のカナダ映画リメイク作品『CUBE 一度入ったら、最後』向けに楽曲『Cube』を提供している。他にも、声優の中村悠一とフリーライターマフィア梶田、漫画家大川ぶくぶが出演するYoutubeチャンネルわしゃがなTVには2021年2月18日投稿回を皮切りとして、宣伝稼働などで幾度となく動画にゲスト出演している。


その後、パペットがゆるく骨太な音楽を解説する『星野源のおんがくこうろん』の企画出演、ドラマ『17歳の帝国』の出演など、2022年NHKに関わる仕事を多くこなした。音楽制作でもWeb漫画サイト少年ジャンプ+の看板作品『SPY×FAMILY』アニメ化に際してエンディング制作を依頼され、『喜劇』を提供した。さらに2022年6月9日、インターネットバトルロイヤルゲーム『Fortnite』上のSound_wave_seriesにて日本人としては2人目となる配信ライブを敢行した(1人目はSound_wave_seriesの前身にあたる、PARTY_ROYALE内で配信ライブした米津玄師)。

また、2022年7月23日公開の映画『ゴーストブック おばけずかん』の主題歌「異世界混合大舞踏会(feat.おばけ)」をリリース。この映画には、妻の新垣結衣が出演しているため、メディアでも「まさかの夫婦共演」と強調される形で報じられ、話題となった。


2023年は音楽活動に専念し、TBS系列で放送されている世界陸上のテーマソング『生命体』をリリース。その後、9月にデジタルEP『LIGHTHOUSE』を発売。12月には『SPY×FAMILY』の劇場版『CODE:White』のEDテーマ『光の跡』を『生命体』との両A面シングルでCDリリースした。


2024年4月29日に映画『ラストマイル』にて『MIU404』のキャスト陣として出演することが発表された。


同年5月には、滝沢ガレソの「某大物アーティストとNHKアナウンサーの不倫がスクープされそうになったものの、事務所側が10億円を支払って揉み消した」という投稿をきっかけに、一部のネットユーザーにより星野だと断定する投稿が相次いだため所属レーベルのアミューズが法務部を通じて騒動の事実無根と法的措置の検討を示唆する声明文を公表。妻の新垣も1年半ぶりに公式SNSのプロフィール欄を更新し、騒動を否定した。

その後、28日の「星野源ANN」で本人の口から騒動を改めて完全否定。「事実が一つもない事で日本中から憎悪を向けられたような気分だった」と心境を吐露した。また、妻も電話出演することとなり、改めて騒動を完全否定した。本人曰く「自分の口から伝えたかった」とのこと。


リリース楽曲編集

ソロアーティスト作品のみを掲載する。

自主制作時代編集

分類タイトルリリース日
自主制作CDばかのうた2005年末
CDフォトブックばらばら(平野太呂・共著)2007年4月26日

アルバムCD編集

リリースタイトルリリース日
1stばかのうた2010年6月23日
2ndエピソード2011年9月28日
3rdStranger2013年5月1日
4thYELLOW_DANCER2015年12月2日
5thPOP_VIRUS2018年12月19日

シングルCD編集

リリースタイトルリリース日
1stくだらないの中に2011年3月2日
2ndフィルム2012年2月8日
3rd夢の外へ2012年7月4日
4th知らない2012年11月28日
5thギャグ2013年5月8日
6th地獄でなぜ悪い2013年10月2日
7thCrazy_Crazy/桜の森2014年6月11日
8thSUN2015年5月27日
9th2016年10月5日
10thFamily_Song2017年8月16日
11thドラえもん2018年2月28日
12th不思議/創造2021年6月23日
13th光の跡/生命体2023年12月27日

配信曲編集

分類タイトルリリース日
1stシングルアイデア2018年8月20日
1stEP・2ndシングルSame_Thing2019年10月14日
1stSNS配信うちで踊ろう2020年4月3日
3rdシングル折り合い2020年6月19日
4thシングル創造2021年2月17日
5thシングルCube2021年10月18日
6thシングル喜劇2022年4月8日
7thシングル異世界混合大舞踏会(feat.おばけ)2022年7月18日
8thシングル生命体2023年8月14日

ボックスセット編集

リリースタイトルリリース日
1stGen Hoshino Singles Box “GRATITUDE”2020年10月21日

俳優としての主な出演編集

テレビ編集


映画編集


舞台編集


アニメ映画編集


執筆編集

著書編集


連載編集


ラジオ編集


バラエティ編集


交友関係編集


  • ニセ明・・・星野の友人……であるらしい謎の人物。星野のライブ・PV・CDの特典映像などにしばしば登場する。星野とよく似ているように見えるが……?

MV集編集

編集


アイデア編集


POP_VIRUS編集


Same_Thing編集


うちで踊ろう(Potluck Mix)編集


関連タグ編集

歌手 男優 文筆家

カクバリズム SAKEROCK

アミューズ 大人計画 JVC ビクター

オタク プロデューサー(アイドルマスター)

おげんさんといっしょ

関連記事

親記事

大人計画 おとなけいかく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3775589

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました