ピクシブ百科事典

ちえりとチェリー

ちえりとちぇりー

日本のパペットアニメーション映画。2015年初上映。スローシネマ作品として長期間にわたり各地で上映されている。
目次[非表示]

概要

日本の長編オリジナル・パペット・アニメーション映画。
2015年10月の第28回東京国際映画祭パノラマ部門にて初上映。
「いのちの大切さ」と「想像力の可能性」をテーマに、少女が不思議な冒険を通して、心の成長する姿を描いた作品。

声の出演に豪華なキャストを迎え、星野源が参加している事でも注目された。

映画館による通常の映画興行形態ではなく、ゆっくりと時間をかけながら全国各地のホールや公共施設で上映を行うスローシネマ方式にて公開されている。
2016年2月より岩手・宮城・福島を皮切りに公開を開始。
2019年2月にはイオンシネマを通じて全国公開されたが、以降もスローシネマによる上映は継続しており、公式サイトや公式Twitterで最新の上映情報が告知されている。

2020年4月、フロンティアワークスよりDVDおよびDVD+BD限定版が発売された。

ストーリー

ちえりは小学6年生の女の子。幼い頃に父を亡くし、母親と二人暮らし。
母親は仕事に忙しく、ちえりの話し相手もままならない。
そんなちえりの唯一の友達は、ぬいぐるみの「チェリー」。
チェリーはちえりの空想の中では父親のようにちえりと話し、遊び、助言し、守ってくれる。

ある日ちえりは、父親の法事のため、久しぶりに祖母の家にやってくる。
そこでちえりを待ち受けるものとは……
空想と現実の狭間で、不思議な冒険が始まる!

登場キャラクター

ちえり (CV:高森奈津美
想像力豊かな小学6年生の女の子。
幼いころに父を亡くし、母親と二人暮らしをしている。
唯一の友達であるぬいぐるみのチェリーを片時も離さない。

チェリー (CV:星野源
ちえりが父の葬儀の時に蔵で見つけたぬいぐるみ。
元々は何の動物だったのかすら分からない。
ちえりの空想の中では、父親のようにちえりと話し、遊び、助言し、守ってくれる存在。

万里恵 (CV:尾野真千子
ちえりの母親。仕事が忙しく、ちえりの話し相手もままならない。

ねずざえもん (CV:栗田貫一
ちえり達が出会うねずみ。そそっかしくてお調子者。

レディ・エメラルド (CV:田中敦子
ちえり達が出会う猫。常にクールだが心優しい。

敬子 (CV:和希沙也) ちえりの父親の妹。二児の母。
勝太 (CV:北川里奈) 敬子の長男。ちえりの従弟。
絵美 (CV:佐武宇綺(9nine)) 敬子の次女。ちえりの従妹。
節子 (CV:谷育子) 田舎に住む、ちえりの祖母。

住職 (CV:伊達みきお(サンドウィッチマン))
大黒様 (CV:富澤たけし(サンドウィッチマン))
(CV:花村さやか)

本作に関するエピソード・余談

  • 監督は2010年公開の『劇場版 チェブラーシカ』を手掛けた中村誠。この縁により、チェリーのキャラクターデザインはチェブラーシカの生みの親でもあるレオニード・シュワルツマンが担当している。
  • 企画がスタートした時期に重なって東日本大震災が発生。被災地の未来を願い、映画館の無い地域も含め、地域・家族・友人など多くの人と作品を共有してほしい想いから、スローシネマ方式での上映が採用された。
  • 映画公開に先駆ける形で、角川つばさ文庫よりノベライズ版も刊行された。
  • 高森と星野のW主演は『アイドルマスターシンデレラガールズ』の一部P(ファン)からも注目された。高森は同作においてアイドル・前川みく役を演じており、また星野も同作のPであり前川みく担当(推し)であることが知られているためである。2016年7月、星野は映画の告知という大義名分のもと、自身がMCを務めるラジオ『星野源のオールナイトニッポン』のゲストに高森を招いている。


外部リンク

公式サイト
公式Twitter

関連記事

親記事

アニメ映画 あにめえいが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ちえりとチェリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 883

コメント