2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

誕生日1998年8月10日
出身地東京都
身長158cm
スリーサイズB78-W57-H80
血液型O型
愛称あすか、あしゅ(初期)、あしゅりん(初期)


概要

乃木坂46のエース・グループの象徴として活動するメンバー。

顔の縦の長さ18cmの小顔で、他のメンバーからは「公開処刑人」と妬み交じりにいじられる。また、童顔も特徴的で同期だけでなく後輩メンバーからも「幼稚園児」「赤ちゃん」とイジられている。

日本人の父とミャンマー人の母との間に生まれ、小学生時代は子役活動をしていた。しかし、学年が上がるにつれて周囲との友人関係に不信感を覚えるようになり不登校となる。現在でも一人でいることを好み、仕事の息抜き会話は専ら母親との電話で解決することが多い。
ただ、映画「映像研には手を出すな!」で後輩の3期生ながらも、年齢的には同年代の山下美月梅澤美波と共演して、本格的にメンバー(特に後輩)との親交をより深めようとするようになり、映画の撮影終了後は、梅澤と一緒に食事をしたり寝泊りしたりする仲となり、山下とはお互いにイジり合っている。4期生の遠藤さくらとは、初期の頃は「えんぴー」「あすぴーさん」、現在は「えんちゃん」「飛鳥さん」と呼ぶほどの仲であり、齋藤曰く、「一時期の私とそっくりで、守ってあげたくなる。」らしく、母親のような目線で彼女のことを見守っている。本人曰く、「あすかの子」らしい。
(ただ、この映画を撮る以前から、アンダーで長年共に歩んでいた2期生メンバーや3期生の与田祐希大園桃子と話をしたりスキンシップを取るようにはしていたようで、伊藤純奈の膝の上に乗ったり、北野日奈子とイチャイチャしたり、与田を「よだっちょ」、大園を「ぞのっち」と呼んでいたりしていた。)

乃木坂46一期メンバーへの応募も中学時代の友人に勧められたもので、自ら能動的に受験したものではなかった。

遍歴

一期生最年少メンバーとして乃木坂46に加入して2ndシングル『おいでシャンプー』でこそ選抜入りしたものの、その後は選抜メンバーに定着しない日々とメンバー間の熾烈な人気争いに頭を悩ませていた。特に2014年は一度もシングル選抜に入ることができず、1年間を棒に振ってしまう。齋藤本人も、初期の愛称である「あしゅりん」と初期のぶりっ子全開のキャラ付けは「黒歴史」だったと回顧しており、「あの頃は必死で王道のアイドルになろうとしてたけど、無理だった。」と語っている。今では自身のありのままの性格をさらけ出しており、クールビューティーで毒舌家なキャラが人気を博している。

しかし、11thシングル『命は美しい』で2年ぶりの選抜復帰を果たすと、以後選抜メンバーに定着し、これまで絶対的センターでありグループの顔でもあった生駒里奈の人気低迷と反比例するように13thシングル『今、話したい誰かがいる』で初の「十福神」入りを果たすと、15thシングル『裸足でSummer』で乃木坂46のシングル表題曲のセンターを初めて務めた。以降、19thシングル『いつかできるから今日できる』では西野七瀬とのWセンター、21stシングル『ジコチューで行こう!』、23rdシングル『SingOut!』でもセンターを務め、グループの将来を担う逸材・エースとして、運営側から多大なる期待とプレッシャーを寄せられる立場となっていった。
2022年4月9日、COVID-19に感染していたことが公表された。その後、10日間の療養期間を経て4月19日に復帰した。
2022年11月4日、31stシングル「ここにはないもの」の活動を以てグループからの卒業を発表。自身5度目・最後のセンターを務める。グループとしての活動は年内を目処に終了予定とし、西野と同様の形で2023年に卒業コンサートを開催予定。そのコンサートがラストライブとなり、その公演を以てグループとしての最後の活動を終える予定。(※)そのため、アイドルとしての最後の出演は「第73回NHK紅白歌合戦」が最後となった。

※予定についてだが、フジテレビが「FNS歌謡祭2022」の直前インタビューで「来年3月を目処に…」という不正確な情報を含んだテロップを入れてしまい、後日、「事実確認が取れていない情報を入れてしまいました。本当に申し訳ございません。」とコメントした。

エピソード

齋藤自身は運営の戦略方針にまんざら賛同しているわけではなく、ドキュメンタリー番組・情熱大陸では「乃木坂46 Live in Shanghai」の準備中、エースとしてグループを引っ張ってきた西野七瀬の卒業前最初で最後の海外公演にもかかわらず、自らがメインセンターを務める演出に齋藤は抗議した。しかし、「これから乃木坂46を海外展開していく中で、卒業していく西野よりもこれからの未来を担う齋藤の方がセンターとしてふさわしい」と言う運営総責任者の今野義雄氏らスタッフの判断によって、陳情は無下にされ不満気な表情を顕わにした。

過去の経緯も含めると、齋藤自身はアイドル商売そのものの矛盾点を考える度量を持ち合わせていることがうかがえる。

その一方で、メンバーに対して表面上は素っ気ない態度を取りながらも(特に大事な場面では)率直な愛を伝えるなど同期・後輩関係なくメンバー想いの人物。(要するにツンデレ。)
特に3期生・4期生の加入と同期の卒業が相次いだ2019年、2020年頃から「後輩の魅力を引き出す」「後輩を成長させる」ことにこだわりながら活動を続け、時には優しく、時には厳しく後輩たちを指導していった。

このことがグループの世代交代の(現時点での)成功に貢献しており、彼女もまたグループの発展と後世への継承に貢献したメンバーの1人であると言える。

人物

名に「鳥」の字を含む2人の兄がいることから、父親から「飛鳥」と名付けられた。本人は名字で呼ばれることが苦手で、仕事の現場では「飛鳥ちゃん」と下の名前で呼ばれることを望んでいる。「日本で一番ブログのタイトルが長いアイドル」を自称し、乃木坂46公式ブログのタイトルを220文字の文字数制限限界まで長くしている。(ただ、本人が気まぐれな性格ゆえ、投稿するのはかなり稀である。)

好きな食べ物はパフェ、イチゴ、卵かけご飯、ヨーグルト、お粥、コーヒー。好きなラーメンは味噌ラーメン。

特技はドナルドダックのモノマネ、前転、コラージュ画像をつくること。保有資格は語彙・読解力検定3級。

食べる際に上を向きながら食べる、ものの匂いをよく嗅ぐ、困った時によくフラフラする癖がある。

泳げないカナヅチ。

趣味は、読書とドラム。読書については、哲学、心理学に興味がある。読書が好きになったきっかけは、小学校高学年の頃に休み時間にひとりで図書室に通う習慣がついたからである。ドラムについては、ライブで演奏することもあり、ギターにも興味がある。

80年代・90年代の楽曲や流行を好む傾向があり、「ねるとん紅鯨団」を知っていたり、スピッツ小室哲哉作曲の楽曲を好んで聴いていたりしている。

また、『孤狼の血』や『凶悪』といった白石和彌が監督を務めるサスペンス・バイオレンス映画が好みらしい。

活動経歴

映画


ドラマ


ファッション雑誌


バラエティ番組


関連動画




関連タグ

乃木坂46 エース ミャンマー ハーフ ツンデレ
滝沢カレン:齋藤の友達(本人公認)。最近LINEで連絡先を交換したらしい。
アンミカ:齋藤の友達その2(本人公認)。2020年の「乃木坂46時間TV」の齋藤の電視台で初共演。
神田伯山:齋藤が好きな講談師。伯山がMCを務める番組にもゲスト出演した。
宮崎あみさ森崎ウィン:ミャンマーにルーツを持つタレント繋がり。

関連記事

親記事

乃木坂46 のぎさかふぉーてぃーしっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 220710

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました