ピクシブ百科事典

LGBT

えるじーびーてぃー

同性愛者・両性愛者・トランスジェンダーといった性的少数派を指す言葉。四つの文字はそれぞれ個別の集団を指す。
目次[非表示]

概要

L=「レズビアン(女性に惹かれる女性)」
G=「ゲイ(男性に惹かれる男性)」
B=「バイセクシャル両性愛者)」
T=「トランスジェンダー性別違和をもつ人)」
の頭文字である。

具体的な4項目を表しているため、包括的な表現である「セクシャルマイノリティ」「クィア」とは厳密には同一ではないと言える。

これにI=「インターセックス(インターセクシャル・性分化疾患・半陰陽)」を加えてLGBTIとした例もある。
現在は寧ろこちらが国連関係でも用いられることが増えている。
逆に「インターセックスは肉体的なものであり、LGBTは精神的なものである為、両者を同類扱いすべきではない」という指摘はある。
現にあるインターセックスの当事者は「LGBTと混同されやすく、必要な対応を受けづらい」と主張しており、LGBTと同類扱いされる事を忌避している。

セクシャルマイノリティとされる人は同性愛やトランスジェンダーのみならず、他にも様々なセクシュアリティが存在する。
アセクシャル無性愛者)やパンセクシャル全性愛者)などである。
パンセクシャル全性愛者)やユニセックスなどを含めたあらゆるセクシャルマイノリティを列挙しようとした場合「LGBTIQAP....」といった具合に無限に長くなっていくことになる。

LGBTQはより包括的なニュアンスを持つ「クィア」、又は「クエスチョニング(決めかねている)」を加えたもので海外での使用例は多い。
このほか「セクシャルマイノリティを総称する単語」としてLGBTS(LGBTの複数形)という表記がなされることもあるが使用は少ない。

「セクシャルマイノリティ」を身近に感じることは少ないだろうが、年齢や国籍問わず、人口の約5%の割合で存在するとされる。日本の人口が約1億2760万人(2012年度)となっており、約600万人が「セクシャルマイノリティ」であるということになる。
ただしセクシャルマイノリティの範囲は必ずしも明確ではないため、この数字は調査や定義により変動する。

虹色レインボーカラー

性的少数者の象徴として、「虹色(レインボーカラー)」が用いられることが多い。
これは、ミュージカル『オズの魔法使い』で主役のドロシーを演じたジュディ・ガーランドが両性愛者であり、ゲイに理解を示していたため、彼女が唄う主題歌『Over the Rainbow(のかなたに)』がゲイの愛唱歌として親しまれたことに由来する。

もともとはゲイ界隈で用いられていたシンボルだが、現在は「虹色=多様なセクシャリティを表す色」であるとしてLGBT全体のシンボルカラーとして扱われている。

現在……

性的少数派についてきちんと科学的に研究され始めたのは近年の事であり(性科学などが社会的にはゲテモノとして扱われてきた側面もある)、かつては精神異常だとか動物に同性愛はいないといったような誤解が多く広められていた。現状の社会は性的多数派(シスジェンダー、異性愛)である事を大前提として、つまり基本的にあらゆる面で性的少数派の存在そのものを考慮せずに構築されている。例えば同性婚が不可能な婚姻制度や、性別専用の施設、などである。
しかしながら、基本的人権という現代社会の基盤となる原理から考えれば、原理原則として性的多数派と性的少数派でその人権や尊厳の保障に差をつける制度は、それ自体がそもそも性差別を内包している、あるいは前提としているものだと言える。

宗教とLGBTの権利の衝突、というとアブラハムの宗教を連想する人も多いだろう。が、日本で優勢な神道もその現場となってしまっている。日本の神社のほとんどを管轄する神社本庁(昭和初期まで内務省管轄であった神祇院が大元の一つだが、現在はいち宗教法人)と所在地を同じくする神道政治連盟はかねてより反LGBTQの姿勢を前面に押し出している。
日本書紀』に記された「阿豆那比の罪」が江戸時代に男性同士の性行為の否定と解釈されたことはあったが、原文では二つの社に使えた神官を同じ墓に葬ったら災いが起きた、というだけの内容であり断定する程の根拠に乏しい。実際のところは勝手に背景ストーリーを見いだしたのに等しい。
つまるところアブラハムの宗教の保守派のように明確な根拠を持っているわけではなく、曖昧模糊とした世俗的な偏見に過ぎない。
宗教的な反論をすることができないメンバー達は、「同性愛は自然に反する」式の理屈にもなっていない屁理屈を捏ねる事に終始し、同性婚を認めると社会の害になるといった、いわれなき扇動を繰り返している。
理屈面を補いたいのか、機関誌にキリスト教徒の論客に寄稿させるという手段もとっている。
機関誌「意」No.215 (令和3年10月1日発行)では韓国人の保守派プロテスタント信徒が書いた性的指向の先天性の否認、トランスジェンダーについて教育する事の否定、そして「コンバージョン・セラピー(性的指向や性自認を「矯正」しようとする処置)」推進の記事を掲載した。
コンバージョン・セラピーは自殺者が出るために各国で違法とされていっている代物である。日本人の神道側の書き手の文章でも、LGBTの権利を「ジェンダーイデオロギー」呼ばわりするカトリック系陰謀論者をとりあげて現代的な性教育を拒絶しようと呼びかけるという凄まじいことになっている。

また、このような性的少数者の中には、自分がLGBTに該当することを理由に相手を傷つけることすら厭わない「ノイジーマイノリティ」の側面を持つ人々も一部では存在している。

関連タグ

レインボーフラッグ MtF FtM アセクシャル パンセクシャル 全性愛
インターセックス ユニセックス 性別 性格 個性 恋愛 トランスジェンダー 異性愛者 同性愛者 両性愛者 無性愛レズ / レズビアン ホモセクシャル バイ/ バイセクシャル 性同一性障害 半陰陽 オカマ / オネエ / ニューハーフ オナベ 男装 女装 男の娘 雄んなの子 性転換 CJD ボーイッシュ マニッシュ 中性 中性的 無性別 性別不明 両性具有 東京放課後サモナーズ
キラモン

IGBT:絶縁ゲートバイポーラトランジスタの略。所謂1文字違いだが、「L(l)」の小文字と「I」の大文字を見間違えやすいのもあって更にややこしい。

関連記事

親記事

せいもしくはさが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「LGBT」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「LGBT」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8907090

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました