ピクシブ百科事典

LGBT

えるじーびーてぃー

同性愛者・両性愛者・トランスジェンダー・半陰陽など性的少数派を指す言葉。四つの文字はそれぞれ個別の集団を指す。
目次[非表示]

概要

L=「レズビアン(女性に惹かれる女性)」
G=「ゲイ(男性に惹かれる男性)」
B=「バイセクシャル両性愛者)」
T=「トランスジェンダー性別違和をもつ人)」
の頭文字である。

具体的な4項目を表しているため、包括的な表現である「セクシャルマイノリティ」「クィア」とは厳密には同一ではないと言える。

これにI=「インターセックス(インターセクシャル・性分化疾患:要はふたなりもどき)」を加えてLGBTIとした例もある
現在は寧ろこちらが国連関係でも用いられることが増えている

更にアセクシャル無性愛者)も居る。例えば
海外にはエッフェル塔結婚した女性がいるなど(死者婚姻する冥婚というのもあるとか)
さらにパンセクシャル全性愛者)やユニセックスなどを含めたあらゆるセクシャルマイノリティを列挙しようとした場合「LGBTIQAP....」といった具合に無限に長くなっていくことになる。
セクシャルマイノリティとされる人は同性愛やトランスジェンダーのみならず、他にも多々ありうる。

LGBTQはより包括的なニュアンスを持つ「クィア」、又は「クエスチョニング(決めかねている)」を加えたもので海外での使用例は多い。
このほか「セクシャルマイノリティを総称する単語」としてLGBTS(LGBTの複数形)という表記がなされることもあるが使用は少ない。

「セクシャルマイノリティ」を身近に感じることは少ないだろうが、年齢や国籍問わず、人口の約5%の割合で存在するとされる。日本の人口が約1億2760万人(2012年度)となっており、約600万人が「セクシャルマイノリティ」であるということになる。
ただしセクシャルマイノリティの範囲は必ずしも明確ではないため、この数字は調査や定義により変動する。

虹色レインボーカラー

性的少数者の象徴として、「虹色(レインボーカラー)」が用いられることが多い。
これは、ミュージカル『オズの魔法使い』で主役のドロシーを演じたジュディ・ガーランドが両性愛者であり、ゲイに理解を示していたため、彼女が唄う主題歌『Over the Rainbow(のかなたに)』がゲイの愛唱歌として親しまれたことに由来する。

もともとはゲイ界隈で用いられていたシンボルだが、現在は「虹色=多様なセクシャリティを表す色」であるとしてLGBT全体のシンボルカラーとして扱われている。

現在……

性的少数派についてはごく近年になってようやくその人権や尊厳の保障の欠落が社会に認識されるようになってきたが、一方でその権利回復に対するバックラッシュが活発化してきてもいる。日本でも明治期において、被差別部落民(穢多や非人)を四民平等として公的にはその権利を回復させたが、対等となる事に嫌悪感や恐怖感、被害者意識を募らせた人々が新平民というレッテルを作り出し、差別を社会に維持する為に執拗な暗い情熱を傾け、結果として現代まで差別感情を存続させ社会に遺恨と負債を残してしまった過ちの歴史がある。同じ轍を踏まないよう真摯に学びたいものである。

また、性的少数派についてきちんと科学的に研究され始めたのは近年の事であり(性科学などが社会的には二流三流のイカモノとして扱われてきた側面もある)、現状の社会は性的多数派(シスジェンダー、異性愛)である事を大前提として、つまり基本的にあらゆる面で性的少数派の存在そのものを考慮せずに構築されている。例えば同性婚が不可能な婚姻制度や、性別専用の施設、性別分けされたスポーツなどである。
しかしながら、基本的人権という現代社会の基盤となる原理から考えれば、原理原則として性的多数派と性的少数派でその人権や尊厳の保障に差をつける制度は、それ自体がそもそも性差別を内包している、あるいは前提としているものだと言える。
上記のすべてを含め、差別を一気に解消する方法など存在しないが、せめて足を引っ張らないようにしたいものである。

関連タグ

レインボーフラッグ MtF FtM アセクシャル パンセクシャル 全性愛
インターセックス ユニセックス 性別 性格 個性 恋愛 トランスジェンダー 異性愛者 同性愛者 両性愛者 無性愛レズ / レズビアン ホモセクシャル バイ/ バイセクシャル 性同一性障害 半陰陽 オカマ / オネエ / ニューハーフ オナベ 男装 女装 男の娘 雄んなの子 性転換 CJD ボーイッシュ マニッシュ 中性 中性的 無性別 性別不明 両性具有 

IGBT:絶縁ゲートバイポーラトランジスタの略。所謂1文字違いだが、「L(l)」の小文字と「I」の大文字を見間違えやすいのもあって更にややこしい。

関連記事

親記事

せいもしくはさが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「LGBT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3443894

コメント