ピクシブ百科事典

全性愛

ぜんせいあい

パンセクシュアリティ(pansexuality)、オムニセクシュアリティ(omnisexuality)とも言い、男性/女性の性の分類に適合しない人々も含め、あらゆる人々に恋をしたり、性的願望を抱いたりすること。全性愛の性質を持っている人を全性愛者(ぜんせいあいしゃ)、パンセクシュアル(pansexual)、オムニセクシュアル(omnisexual)という。

パンセクシュアル

男性女性・Xジェンダー(中性・両性・不定性・無性)も含め、あらゆる人々に恋をしたり、性的願望を抱いたりすること。厳密には、他者に恋愛・性愛感情を抱くにあたって、性自認(Gender Identity)や性的指向(Sexual Orientation)が条件に引っかからないこと、そういった傾向をもつ人々のことである。バイセクシュアルと一絡げに見られることも多い。

パンセクシュアルの理解の端緒としては変化球になるが、数あるフられるシチュエーションの中に「男として / 女として意識していない(できない)から」という理由があるだろう。
これを性的指向に分類するなら、「相手に男性らしさ / 女性らしさを見出せないと恋愛できない」という指向、相手の性的要素(を意識すること)が自身の恋愛感情と不可分になっていると言い換えることができる。
異性愛や同性愛、両性愛といった性的指向(SO)と、男性・女性(シスジェンダー)、トランスジェンダーやXジェンダーといった性自認(GI)との組み合わせによっていくつかの呼び名があるものの、これらは一様に「相手への性的関心」が恋愛感情の一要素として存在する。

パンセクシュアルはこうした「性的な」関心を認識しない人々で、恋愛的な好き嫌いの条件や相手にドキドキするポイントに「男性らしさ / 女性らしさ」といった項目が存在しないのだ(そもそもパンセクシュアルが「性的指向」に入るのか、という問いはここでは割愛する)。
愛犬家や愛猫家の大半が「自分はオスの犬しか好きじゃない」「メスの猫しか受け付けない」などと主張したりしない(そして実際に雌雄問わず可愛がる)のと、同じとは言わないまでも遠からぬものがある、と例えるのが筆者の限界である。
「人間の男女はぜんぜん違うじゃないか」という感覚は、その人が男性と女性を性的に異なるものとして捉える性的指向を持っているというだけの話で、「いやその感覚こそよくわからないぞ」という人々もいるのだ、ということを、本記事をここまで読んだのであれば心のどこかに留め置いてほしく思う。

オムニセクシュアル

パンセクシュアルと同じく「全性愛」と訳される、似ているようで微妙に異なる概念。
こちらは相手への性的関心を認識しつつ、そのすべてを恋愛・性愛対象とする性的指向である。相手がどのような性自認であれ、恋愛・性愛感情を持つ側からすれば「男性的 / 女性的なここが好き」と言えるポイントがある。
パンセクシュアルは性的関心というストライクゾーンにいくら豪速球を投げ込まれようと見送るし、ともすればまったく違う方向に目を凝らしている。対して、ストライクゾーンに入れば誰が投げても刺さり得るのがオムニセクシュアルである、と言えば両者の違いがわかるだろうか。
なお、相手の性自認や性的指向のうち、特定の組み合わせが恋愛・性愛対象に入らない人々のことを、ポリセクシャル(複数性愛)として区別する。

表記ゆれ
パンセクシャル

関連タグ
恋愛 性癖 人間 ヒューマン 人類愛 多性愛

外部リンク
「パンセクシャル」とは何か。バイセクシャルとの違いとは - マイナビウーマン
パンセクシュアルとは? - JobRainbow MAGAZINE

関連記事

親記事

性的指向 せいてきしこう

子記事

兄弟記事

コメント