ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

幻日のヨハネ

げんじつのよはね

『ラブライブ!サンシャイン!!』の外伝作品。津島善子(ヨハネ)が主人公の物語。
目次 [非表示]

みんなが知ってるあの子の、みんなが知らない物語。


夢破れた出戻り少女の、歌と魔法と絆の物語。

聴かせて、心の音――


概要編集

正式タイトルは『幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR-』。

ラブライブ!サンシャイン!!の外伝であるスピンオフ作品。


不思議な世界を舞台に、Aqours津島善子をモデルにした新キャラクター「ヨハネ」を中心とした「みんなが知ってるあの子」の日常を描く。


現実の沼津市と酷似した架空の異世界ヌマヅを舞台にした、魔法と科学技術が同時に存在するスチームパンクファンタジー作品。

魔法の行使は驚かれはするが受け入れられる。様々な種族が生活し、巨大な動物や魔物、ロボットを家族にする者も。

反面インフラやテクノロジーは割と現実寄りで、スマホ、電車が普及している。


ラブライブ!シリーズの大型コンテンツの一つでありながら、本作にはシリーズ全体の主題であるスクールアイドル」自体が登場していない。

いままで各シリーズの本編は必ずスクールアイドル活動が本題で、急に一話完結のパラレルワ-ルド寸劇が始まったとしても大抵スクールアイドルが歌やライブで問題解決を行う傾向にあるシリーズ中でこれは非常に珍しい。

アニメ版ではヨハネが歌手になる夢を持っており、歌を歌う理由が作られた。

主人公達は16歳前後だが学校には通っておらず働いている、ラブライブ!シリーズ初の社会人を主役にした作品でもある。


そのためチームAqoursも結成されておらず、Aqoursメンバーと同じ名前を持つ人物たち9名はヨハネとその友人達となっている。

『ラブライブ!サンシャイン!!』由来の設定は現状、登場人物の容姿・名前・職業、性格と人間関係、沼津をモデルにした街並みなどが一部採用されているのみ。

容姿は同じながら『サンシャイン!!』のキャラクターとは別人物ということで、スターシステムが用いられていると考えることができる。そのため、一部楽曲もAqoursが提供する形をとっている。シリーズ内ではあるが、ラブライブ!シリーズのグループがコラボを除く別作品に楽曲提供を行うのは初めて。


展開編集

2022年からコミック連載が始まるなどマルチに展開されている。

2022年にはアニメ化PVが4月1日に、公式YouTubeチャンネルでエイプリルフールネタとして公開された。

そして2022年6月26日に東京ドームで開催された『Aqours 6th Lovelive! 〜KU-RU-KU-RU Rock 'n' Roll TOUR~Windy Stage』Day2にて、シリーズアニメ化が発表された(ナレーションは島本須美)。

読者参加型企画を実施、定期的にキャラクターや噂話の募集をしている。(現在第10回募集が開催中)


2019年の劇場版公開以降、『ラブライブ!サンシャイン!!』のアニメ作品の供給は、短時間のMVアニメパート、止め画のライブ幕間アニメやきょうのAqoursが主だった。世界が一新されたスピンオフ作品でありながら、キャストが長尺のアニメーションに台詞を合わせるアテレコ作品としては、4年ぶりとなる。

また、本作を『サンシャイン!!』のテレビアニメ版の一つとして捉えたならば、ラブライブ!シリーズ初のテレビアニメ第3シーズンともなる。(『虹ヶ咲』の2期終了後のテレビアニメ作品『にじよん あにめーしょん』が先に放送したが、こちらはショートアニメ形式)


2023年11月16日には2Dアクションゲーム【幻日のヨハネ -BLAZE in the DEEPBLUE-】が発売され、2024年2月22日には【幻日のヨハネ -NUMAZU in the MIRAGE-】が発売。


ストーリー編集

(※公式より抜粋)

海と山に囲まれた風光明媚な港町”ヌマヅ”。

幼い頃から周囲になじめなかった少女ヨハネは、街の皆と距離をとって暮らしていた。


私のやりたいこと、私の本当の居場所、それは──。


素直に慣れない少女と歩む、

あなたの知ってる不思議な世界。


『幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR-』


いま現れた、もうひとつの太陽。


登場人物編集

「サンシャイン!!」に同名・同容姿のキャラが登場する登場人物は、担当声優も同じキャスティングになっている。

サブキャラクター、モブには本作だけのオリジナルキャラクターが数多い。

また何気にシリーズで初めてサブキャラで男性声優が起用されていたりする。(シャゼリア☆キッスのナレーションは千葉繁が担当したが、エイプリルフール企画だった。)


ヨハネ CV:小林愛香

ヌマヅで占い屋を営む少女。

こだわり屋で少々クセのある気質だが、根は優しく、頼まれごとは断れない。

ライラプス CV.日笠陽子

ヨハネといっしょに暮している大型の狼獣。

穏やかな性格でヨハネの良き相棒。

ヨハネとのみ会話することができる模様。

閑(いとま)


ハナマル CV:高槻かなこ

ヨハネの幼馴染。

美味しいものが大好きで、屋台で手作りのお菓子などを売って暮らしている。

花の道を往く、朗らかな馴染


ダイヤ CV:小宮有紗

ヌマヅ行政局の執務長官。

才色兼備で曲がった事は許さない完璧主義者。

街を統べる麗人


ルビィ CV:降幡愛

妖精族の末裔。

引っ込み思案な性格で、普段は人に見つからない様に暮らしている。ダイヤの妹。

演説会の妖精


チカ CV:伊波杏樹

ウチーラ地区にある老舗旅館の看板娘で、3人姉妹の末っ子。

人見知りせず、負けず嫌い。

突然の雨


ヨウ CV:斉藤朱夏

ヌマヅでメッセンジャーとして働く少女。

いつも明るく元気印で、運動神経抜群。

弾着、ぶっ飛びメッセンジャー


カナン CV:諏訪ななか

ウチーラ地区にある工房を営むメカニック。

ヌマヅの海から拾ったガラクタを使って、修理や工作をして暮らしている。

かまってもらい、もう一時


リコ CV:逢田梨香子

ヌマヅの外からやってきた動物学者。

研究所でたくさんの動物に囲まれながら暮らしている。

落ち着いた性格だが、探求心旺盛でなりふり構わない事も。

東屋の智見


マリ CV:鈴木愛奈

ワーシマー島にある城に住む、魔王家系の末裔。

あまり人前には姿を現さない。

その見た目に反して争いを好まず、のんびりとした日を過ごしている。

巷間離れした、面妖な御一行様




ツキ CV:黒沢ともよ

写真屋「ツキ寫眞館」の店主でヨウの従姉妹。


アリアナ

読者投稿のキャラで行政長官ダイヤの補佐官の1人。

漫画版やアニメに出演(アニメでは台詞なし)。漫画版ではコハクの指示を受けるシーンもあるため、補佐官内の序列ではコハクの下のようである。


ペラピー

マリに仕える優秀な使い魔。


トノサマ CV:飛田展男

カナンが海で拾ったものを使って作った自律型カエルロボット。

力持ちでカナンの頼れる相棒。


シシノシン CV:矢野正明

ハナマルに飼われている大型の猪獣。


しいたけ CV:麦穂あんな

チカの愛犬。

トチマン旅館のマスコット的存在。


ひめぽよ(神池姫)

オセの神池の主である人魚。

漫画版に登場。言動がギャルっぽい。


ヨハネの母 CV:椎名へきる

学者をしている。

仕事でヌマヅを留守にすることも多い。


チカの母 CV:釘宮理恵

娘達と共に旅館を切り盛りしている。

本作では旅館の女将と明言されている。


シマ CV:阿澄佳奈

チカの長姉。

おっとりしているが怒らせると怖いらしい。


ミト CV:伊藤かな恵

チカの次姉。

豪快な性格。


コハク CV:M・A・O

ヌマヅ行政局でダイヤの補佐官をしている少女。

冷静沈着で、ダイヤの良き相棒。

ダイヤ姉妹の親戚筋にあたり、幼少期から交流がある。


カナンの曾祖父

オセの社殿の宮司。

漫画版に登場。豊かな髭の小柄な老男性。


ナミ&ミキ CV:久野美咲

ツキの妹にあたる双子達でヨウの従妹達。

ナミはポニーテール、ミキはツインテール。


バイク乗りの2人組の少女 CV:なし

アニメ最終話に少し登場した電話をかけているサイドテールの少女とヘルメットを抱え、フラペチーノを飲んでいるツインテールの少女。おそらくこの世界線の彼女達であり、2人乗りのバイクはこの曲のセルフオマージュと思われる。

放送以前からこの人のインスタストーリーでは参加していない旨が語られていたが、声無しではあるが2期に向けた伏線とも取れるポジションでの登場となった。


用語編集

  • ヌマヅ

作品の舞台にしてヨハネの故郷で港町。

南のウチーラ地区には老舗旅館のトチマン等がある。

モデルは沼津市


  • トカイ

東にある大都市。

ネオンや電光掲示板が輝くビル群の街で、文化も最先端。

アニメ版のヨハネの上京先。

モデルは東京


  • マドカナ文字

公用語にあたる丸や線を組み合わせた文字。

本作オリジナルの人工文字で、対照表の公開以前からファンによってほとんど解読されていた。

ひらがなの五十音の母音と子音を記号に変換したもの。カタカナに当たる表記はない。

漢字、アルファベットらしき字もあり、アルファベットは一筆書き、漢字は元の字から線をちょっと削っただけである。アラビア数字と記号はそのまま。


書籍編集

LoveLive!Days』にてイラストストーリー及びコミック版を連載中。


イラストストーリー編集

 キャラクターデザイン:秋津たいら

見開きのイラストと単文のストーリー。

2023年夏には単行本『幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR- FIRST ART BOOK』が発売予定。


コミック版編集

『幻日のヨハネ-Unpolarized Reflexion-』

 作画:まつだこうた シナリオ:大野敏哉 キャラクターデザイン:秋津たいら


連続ストーリー形式のコミカライズ作品を展開中。

単行本第1巻を発売。


占い屋として働くヨハネの日常生活や友人たちとの交流を映す日常要素あり、そして動物の凶暴化現象に立ち向かうバトル要素あり。


テレビアニメ編集

2023年7月2日よりTOKYO MXBS11サンテレビKBS京都テレビ愛知SBSにて9月24日まで放送された。また、Abemaでは地上波放送に先駆けて6月25日から9月17日まで最速先行配信を実施した。アニメーション制作は本編と同様にサンライズ


上記連載版とは異なる完全新規ストーリー。

ヨハネが歌手の夢を諦めて、帰りたくもないヌマヅに帰郷した所から物語が始まる。


各話リスト編集


主題歌・挿入歌編集

OP主題歌:「幻日ミステリウム

ED主題歌:「キミノタメボクノタメ


1話挿入歌:「Far far away

3話挿入歌:「Be as one!!!

4話挿入歌:「R・E・P

6話挿入歌:「Hey,dear my friends

7話挿入歌:「GIRLS!!

8話挿入歌:「Wonder sea breeze

12話挿入歌「Forever U & I


ライブ編集

アニメ放送開始と同時に、ライブの開催が決定。

Aqours名義での曲も含むが、Aqoursとしてのライブではない


幻日のヨハネ-The Story of the Sound of Heart-編集

  • 日程

2023年12月15日(金)、12月16日(土)、12月17日(日)

  • 会場

武蔵野の森総合スポーツプラザ・メインアリーナ

  • 出演

小林愛香(ヨハネ役)、高槻かなこ(ハナマル役)、小宮有紗(ダイヤ役)、降幡 愛(ルビィ役)、伊波杏樹(チカ役)、

斉藤朱夏(ヨウ役)、 諏訪ななか(カナン役)、逢田梨香子(リコ役)、鈴木愛奈(マリ役)

ゲスト(DAY3のみ) 日笠陽子(ライラプス役)


関連動画編集

『幻日のヨハネ 光景記』SCENE.01編集


【幻日のヨハネ -BLAZE in the DEEPBLUE-】編集

紹介映像1弾

紹介映像第2弾


関連タグ編集

ラブライブ!サンシャイン!! ラブライブ!サンシャイン!!(アニメ)

2023年夏アニメ

Aqours 津島善子

異世界 ファンタジー パラレルワールド

エイプリルフール


レジェンドオブニジガク虹ヶ咲のスピンオフに当たるファンタジー作品。

紅蓮の剣姫:エイプリルフールが実現した展開の一つで、同じく虹ヶ咲のスピンオフであるファンタジー作品。正確には劇中劇のライトノベルを原作にしたミニフィルムを撮影する話。

にじよん:本編アニメ2期の終了後に制作され実質的な3期として2023年アニメとなった書籍掲載作のアニメ化同士。


転生したらスライムだった件…幻ヨハのアニメ放映に伴って、Youtubeにて双方のアニメチャンネルから(「転スラ」側はEMOTIONのチャンネルから)コラボアニメが公開。「転スラ」側からはリムルラミリスランガベニマルシオンがゲスト登場。どちらも魔王、妖精、狼のメインキャラがいるからという理由で、様々な対決をゆるく行うものとなっている。


現代魔女の就職事情:こちらの漫画作品も、魔女修行にある街に来た少女が、占い屋や何でも屋をしながら奮闘するという、似たような所がある。


外部リンク編集

『幻日のヨハネ』公式サイト

『幻日のヨハネ』公式Twitter

関連記事

親記事

ラブライブ!サンシャイン!! らぶらいぶさんしゃいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3980592

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました