ピクシブ百科事典

8800形

はっせんはっぴゃくがた

8800形とは、鉄道車両の形式の1つ。
目次[非表示]

新京成電鉄8800形

新京成8800形


昭和末期、新京成電鉄ではツリカケ駆動のモハ200形など旧型車両が残っていたため、その旧型車両の代替用として新京成初のVVVFインバータ制御車である8800形が登場した。VVVFインバータ制御は関東地方の直流1500V電化路線では初めての新製車両である。1986年から1991年まで8両編成12本が製造された。

京成千葉線への片乗り入れ開始に伴い2006年より6両編成化改造が行われ、また新京成線内の8両⇒6両化も行われたため、2014年までにすべての編成が6両編成となった。この改造は8両編成から中間車2両を抜き出し、抜き出された中間車を集めて先頭車化改造のうえ6両編成を作り出すという大規模なものとなった。
改造前と改造後の番号の混乱を避ける目的で、車両別の番号(8801、8802、8803、…8896)からハイフン付き番号(8801-1~6、8802-1~6、…8816-1~6)へ改番整理された。現在は6両編成16本の陣容。

東京都交通局8800形

【HD都営07】荒川線カラフル化計画【都電8800形】


東京都交通局が運営する都電荒川線で運行されていた7500形の老朽化が激しく、それを置き換えるために10両が投入された。4つのカラーパターンを持ち、最も出会える確率が高いのはローズレッド、最も出会える確率が低いのはイエローである。

熊本市交通局8800形

1988年に登場した熊本市交通局路面電車車両(熊本市電)。この時点では2両が製造され、8801号には「サンアントニオ」、8802号は「桂林」の愛称がある。これらはどちらも熊本市の姉妹都市に由来する。1993年にはレトロ調車両の101号が増備された(一応、この車両も8800形)。

関連タグ

鉄道 鉄道車両 電車 鉄道車両の形式の一覧 8800系

pixivに投稿された作品 pixivで「8800形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 369

コメント