ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

石川県加賀市作見町にある北陸本線
加賀市内の駅で特急列車が最も多く停車し、加賀温泉郷各地へのバス路線が発着している。
松任駅より利用者が少ない一方、北陸新幹線の停車駅になる予定である。

「加賀湯けむり特急戦争」

元々当駅は最初から加賀温泉郷の玄関口としての位置づけで開設されたわけではない。「作見駅」として開業した当初は普通列車しか停車しないごくありふれた地方の小駅という様相であり、両隣の大聖寺駅(山中温泉最寄)・動橋駅(山代温泉・片山津温泉最寄)の方が温泉地へのアクセスを担っていた。
しかし1961年に北陸本線に最初の特急「白鳥」の運行を開始した事で状況が一変する。当時文字通りの「特別急行列車」である特急列車、距離の離れていない範囲の複数の駅に停車するというのは好ましいとされていなかった事から、大聖寺駅と動橋駅、それぞれの地元住民や温泉地によってどちらの駅が特急停車駅となるかを巡る苛烈な争奪戦が起こってしまったのである。
一時は特急列車各列車ごとに大聖寺・動橋いずれか一駅のみ停車させるという措置を講じてていた(なお、当時運行されていた急行列車は従来通り両駅に停車していた)が、特急増発の度に同様の小競り合いが繰り返された結果、60年代末期には北陸本線の特急は金津(現:芦原温泉)・大聖寺・動橋・小松わずか30.6kmの区間に4駅もの停車駅を有する「隔駅停車」状態となってしまっていた。
当時としては異常であったこの状態を打破すべく、国鉄は特急停車駅の集約を決行。ちょうど両駅の中間に「周辺に何もない」作見駅が存在していた上に地元作見町が国鉄に協力的であった事から当駅を両隣の駅に代わる加賀市内の特急停車駅とする事となった。駅拡張やバスターミナルの整備を行った上1970年に現駅名に改称、同時にそれまで両隣の駅に停車駅を割り振っていた加賀市内の特急停車駅も当駅に一元化された事によって名実ともに加賀温泉郷の玄関口としての座を両隣の駅から華麗にかっさらったのである(なお、大聖寺駅は加賀市役所の最寄駅という事もあり、後に急行廃止に伴う措置として一部の特急が再び停車するようになったものの、動橋駅についてはそのまま客足も途絶え後に無人駅にまで衰退してしまっている)。

駅構造

島式2面4線の地上駅。

乗り場路線方向方面備考
1・2北陸本線上り福井敦賀大阪米原方面1番乗り場は待避線。
3・4北陸本線下り小松金沢七尾方面4番乗り場は待避線。

利用状況

  • 2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員は2,148人である(石川県統計書より)。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度2,141人4,282人
2009年(平成21年)度2,031人4,062人
2010年(平成22年)度1,952人3,904人
2011年(平成23年)度1,929人3,858人
2012年(平成24年)度1,926人3,852人
2013年(平成25年)度1,943人3,886人
2014年(平成26年)度1,911人3,822人
2015年(平成27年)度2,229人4,458人
2016年(平成28年)度2,215人4,430人
2017年(平成29年)度2,169人4,338人
2018年(平成30年)度2,148人4,296人


隣の駅

※『サンダーバード』『しらさぎ』一部停車駅。

北陸本線
種別前の駅当駅次の駅備考
普通列車大聖寺駅加賀温泉駅動橋駅
北陸新幹線(予定)
種別前の駅当駅次の駅備考
小松駅加賀温泉駅芦原温泉駅

関連項目

北陸本線 北陸新幹線 加賀温泉 石川県内の駅一覧

関連記事

親記事

石川県内の駅一覧 いしかわけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「加賀温泉駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137

コメント