ピクシブ百科事典

湘南モノレール

しょうなんものれーる

神奈川県湘南地方においてモノレール路線を運営する鉄道会社。
目次[非表示]

神奈川県湘南地方においてモノレール路線(江の島線:大船駅~湘南江の島駅間、6.6km)を運営する鉄道会社
開業以来長らく三菱重工業の連結子会社であったが、2015年に持株会社『みちのりホールディングス』の子会社となった。

歴史

路面電車に変わる都市部の公共交通機関の一つとしてモノレールが注目された当時、日立製作所の跨座式(軌道の上を車両が走る方式)に対抗するために三菱重工業のサフェージュ式のモデル線区という意味合いも兼ねて建設された。
ぶっちゃけるとモノレールという、三菱VS日立の"代理戦争"のために作られた。
それまでは名古屋市の東山動植物園でアトラクションを兼ねる形でサフェージュ式の試験を行っていたが、湘南モノレールで遂に「実戦投入」という形になった。
尚、実用化に際して鎌倉市に建設することが決定した背景には、敢えて急峻な地形の鎌倉に建設することでサフェージュ式の優位性を見せつけるという意味があるとも言われている。
開業当初はリゾート地としての性格が強く(鎌倉市はフランスのリゾート地として名高いニース市と姉妹都市提携を結んでいる)、別荘や江ノ島方面に行く客を相手にする程度だったが鎌倉市が高級住宅地として開発されるに伴って通勤客も急増。車両の3連化も行われている。

赤いアイツの血を受け継ぐもの

湘南モノレールのかつての筆頭株主は三菱重工業であったため、それに三菱商事や三菱電機などが続いている。が、「大株主」として名を連ねている企業が三菱グループ企業以外にもあった。ハマの赤いあんちくしょうもとい京浜急行電鉄であった。
これは建設当時、京急が所有していた有料道路(1984年に大部分の区間が鎌倉市に売却、残りの区間も1989年に藤沢市に無償譲渡され、現在は両市の市道)の上に路線が建設された為。そのためかどうかは知らないが、モノレール、それも懸垂式のイメージを全力で吹っ飛ばすかのような高速・高加減速運転を行うことで鉄道ファンの間では知られている。はっきり言って、知らずに乗ると無茶苦茶怖いです。
・・・その為、ついたあだ名が300円で乗れるジェットコースター

関連タグ

モノレール 鎌倉 江ノ島/江の島 江ノ島電鉄
三菱電機 新日鐵住金 京浜急行電鉄 : 最近まで株主だった。
みちのりホールディングス(みちのりHD):現在の株主。
インフィニット・ストラトス:アニメ版において作品中に何度か登場していた。OP映像にも。

pixivに投稿された作品 pixivで「湘南モノレール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9639

コメント