ピクシブ百科事典

京浜急行バス

けいひんきゅうこうばす

京浜急行電鉄の子会社でバス事業を行っている会社
目次[非表示]

京浜急行電鉄のバス事業部門の承継を目的とした完全子会社として2003年4月に設立され、10月に営業を開始した。
子会社に羽田京急バス・横浜京急バス・湘南京急バス・東洋観光を持ち、これらを加えた5社から京浜急行バスグループを形成している。これらの子会社が運行するエリアも含めて、営業範囲は東京都南東部から神奈川県東部の三浦半島にまでわたり、更に品川・横浜を拠点に全国各地を結ぶ高速バス、アクアライン経由路線、羽田空港のアクセスを担うリムジン路線も数多く運行している。

車両の低床化に古くから取り組み、1986年にはノンステップバスを導入、1988年にはワンステップバスを導入。このワンステップバスは日野自動車の協力で開発され京急型ワンステップバスの通称がある。ちなみに京急型ワンステップバスがなければ日本のワンステップバス市場形成はもっと遅くなっていたという説もある。

営業所

京浜急行バス

  • 大森営業所
  • 京浜島営業所
  • 新子安営業所
  • 逗子営業所
  • 衣笠営業所
  • 三崎営業所
  • 久里浜営業所

羽田京急バス

  • 東京営業所

横浜京急バス

  • 杉田営業所
  • 能見台営業所
  • 追浜営業所

湘南京急バス

  • 堀内営業所
  • 鎌倉営業所

車両

長距離高速バス・リムジンバスなどの観光車タイプは三菱ふそうが多数派に対し、路線バスではいすゞ自動車の大型バスの大量投入とメーカー選択が異なる。

長距離高速路線からの撤退は相次いでいるものの、観光車タイプの増車は続いている。これはリムジンバス路線の新設やアクアライン高速バスの活況が続いていることが理由にある。

以前は営業所別に投入する車両のメーカーが定められていたが、輸送人員減少の続く路線を抱える営業所での老朽車両取替に中型車を導入したことなどを理由に、大型車はいすゞ、サイズダウン車のノンステップは日野、ワンステップは日産ディーゼルとなったが、日産ディーゼルのバス事業撤退後は三菱ふそうからの購入も再開している。
大型車に関してはWB4.8mを基本としており、WB5.3mの車両は特殊な路線環境向けにしか投入されていない一方、中型系統では生産台数の少ない車両からも選択が行われることがあり、日産ディーゼル・スペースランナーRPも在籍している。

廃車車両の譲渡

神奈川中央交通小田急バスと共に古くから全国の地方事業者に廃車車両を供給している。変わりどころでは北朝鮮に渡った車両が存在している。

pixivに投稿された作品 pixivで「京浜急行バス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2295

コメント