ピクシブ百科事典

関東バス

かんとうばす

東京23区西部と多摩地方を中心に展開する路線バス事業者
目次[非表示]

概要

東京都中野区に本社を置く。京王電鉄が主要な株主として名を連ねている。
路線バスの営業エリアは中央線新宿-武蔵小金井間を中心に北は西武池袋線、南は京王線沿線をエリアとする。

歴史

関東バスは、1931年に設立され1938年に東京横浜電鉄(現東京急行電鉄)傘下に入った関東乗合自動車、1925年に設立され京王電気軌道傘下にあった中野乗合自動車、1920年に中島飛行機が従業員の通勤輸送を主たる目的として設立した進運乗合自動車の3社が大東急成立の影響から1945年に合同して設立された。
戦後の大東急解体後、株式は京王電鉄が承継したものの子会社ではなく、人事面では東急の影響も根強く、車両面では中島飛行機の後身である富士重工業のものを長らく採用するなどそれぞれの歴史を尊重し、独自のカラーとこだわりを持っている。

営業所

  • 阿佐谷営業所(記号:A)
  • 武蔵野営業所(記号:B)
  • 青梅街道営業所(記号:C)
  • 丸山営業所(記号:D)※所在地は江古田
  • 五日市街道営業所(記号:E)


  • 路線名に「茂呂線」(丸山管内)、「成宗線」(五日市街道管内)など、かつての町村名が付けられる路線も少なくない。
  • 阿佐谷・武蔵野・青梅街道管内に西武バスとの共同運行路線、五日市街道管内に京王バス東との共同運行路線がある。
  • 系統番号は折り返し系統に別番号が振られるなど、多摩地区における京王バスや、エリアはまったく異なるものの千葉県内における京成バスに似た特徴がある。

このほか、丸山営業所は夜行高速バスも管轄し、新宿駅渋谷駅(マークシティ)を起点に、京都駅枚方市駅への京都線、豊橋駅三河田原駅への豊橋線を運行する。

車両

車両に関しては、かつては中島飛行機との歴史的な関係から後身企業の富士重工業のバス架装部門のショーウィンドウとしても機能しており、ほとんどが日産ディーゼル製の足回りに車体が富士重工製だったが、1990年代後半からは日野、三菱、いすゞも少数ながら導入されはじめ、国内4メーカー全社より導入するようになった。
日デ車は全営業所に配置されているが、日野は丸山営業所、三菱は青梅街道営業所、いすゞは阿佐谷営業所に集中して配置される傾向がある。
日産ディーゼルや富士重工がバス製造から撤退してからは大型車が三菱、中型車がいすゞで導入される傾向がある。

その他

  • 運行路線の大半が住宅街の細い道を通るが、その細い道をいすゞの大型ノンステップ車で事故なく走行できるという高度な運転技術を乗務員が持っている。
  • 社名ロゴの通称「はなまる」は、タンスの引き手「カン」を10個輪型にしたもの。


関連項目

京阪バス豊鉄バス:夜行高速バスの共同運行相手。

外部リンク

関東バス

関連記事

親記事

バス会社 ばすがいしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「関東バス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9723

コメント