ピクシブ百科事典

神奈川中央交通

かながわちゅうおうこうつう

神奈川県平塚市に本社を置くバス会社
目次[非表示]

小田急グループの一社である。東日本はおろか日本でも最大規模のバス会社で、三浦半島(京浜急行バスのテリトリー)や足柄・箱根(東海バスのテリトリー)を除く神奈川県の大部分の地域と町田市・多摩市・八王子市などの東京都南多摩地域を中心に路線バスや貸切バスの運行を行っているほか、東京駅・新宿駅からの深夜急行バスや、東京国際空港・成田国際空港への空港連絡バスを運行する。かつては近畿地方各地や盛岡駅への夜行バスの運行も行っていた。
略称神奈中

一般路線バス

神奈川県内及び東京都南多摩地域を中心に展開。将来の催しや施設が出来ることを見越し、採算度外視で運行している路線がいくつか存在し、これらは免許維持路線と呼ばれている。

乗降方式

神奈中では路線によって乗降方式が混在しており、以下に大別される。

  • 中乗り前降り運賃後払い
  • 前乗り中降り運賃先払い均一性
  • 前乗り中降り運賃先払い対キロ制

中乗り前降り運賃後払いが基本だが、営業所・路線ごとに乗降方式が混在しており、初見殺しとなっている。
また乗客に分かりやすくするため、各車両に運賃表示窓が設けられている。

高速バス

かつては神奈中本体で6路線の夜行高速バスを運行していたが、採算の悪化などによって路線廃止や子会社の神奈交バスへの移管を経て、共同運行会社による単独運行や他系統への統合が行われた。路線そのものは残っているが、現在神奈中では乗車券の予約・発券業務のみの担当となっている。
そのため現在は昼行高速バスと空港連絡バスのみの運行。

昼行バス

  • 相模大野・町田-三井アウトレットパーク木更津線

空港連絡バス

羽田空港行

  • 田村車庫・本厚木発着
  • 相模大野・町田発着
  • 戸塚・港南台発着
  • 海老名発着

成田空港行

  • 橋本・相模大野・町田発着
  • 田村車庫・本厚木発着
  • 茅ヶ崎・藤沢・戸塚発着

車輌

ここでは1980年代以降の車両について解説する。
1980年代半ばに神奈川三菱ふそう自動車販売が傘下となってからは三菱ふそう製車両の導入が多くなり、2005年時点では9割以上が三菱ふそう車となっており、日本最大のふそうバスユーザーとしても知られている。
一般路線車の車体は基本的に純正で入れており、車体を製造していなかった日産ディーゼル製車両は富士重工業西日本車体工業、いすゞ製は純正の川崎重工の他、富士重工や北村製作所を並行して採用していた。

使用車両の年限は1985年製の車両までは6年から8年、長くて10年程度で廃車としていたが近年は12年程度で入れ替えている。

海外メーカーは「ツインライナー」と命名された連節バスとしてネオプラン・セントロライナーメルセデス・ベンツシターロが一部路線で運用されている。

エアロスターなどでは、「神奈中仕様」と呼ばれる独特の仕様が採用されている。詳しくは三菱ふそう・エアロスター記事内の神奈中仕様を参照してほしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「神奈川中央交通」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4513

コメント