ピクシブ百科事典

ネオプラン

ねおぷらん

ドイツに本社を置くバス車体メーカー
目次[非表示]

自動車・機械メーカーMAN社の子会社でバスの車体の製造を行っている。所謂コーチビルダーである。
日本においても2階建てバスや連節バスでその名前を見ることがある。

かつて大型2階建てバスメガライナーをJRバス関東西日本JRバスが保有していたが火災事故を起こしたことにより運用が停止され、事故を起こさなかった車両もドイツへ返却されている。

主な製品

スカイライナー

1968年に開発された2階建て観光バス。
日本では1979年に中央交通が輸入し、これにより、観光バス会社では他社の輸入も含めて2階建てバスブームが起きた。ついには国内バスメーカーも1961年の日野・ビスタコーチ以来、18年ぶりに2階建てバスの開発を行う事態になった。

なお日本市場向けに車体長を9mにした車両もあり、こちらはクラブライナーと呼ばれている。
後述する2度目のメガライナーの火災事故の後の2009年9月20日に東名高速道路牧之原付近で出火事故を起こしている。

メガライナー

1992年にハノーファーで行われたIAA自動車ショーで発表。全長14.9m、車体重量19トン、総重量24トンの超大型バス。
日本では2000年に4台が利用者が多く、慢性的に混雑していたつくば号用として輸入された。車体長が車両制限令における長さの最高限度の12メートルを超過しており、運行経路や使用時間帯などを道路管理者へ申請し特殊車両通行許可が必要となり、特殊車両として2000年12月から関連する法律の特例措置を受ける形で運行が開始された。このため事故や工事などによる渋滞発生時に迂回ルートを通すことが出来ず、突発的な通行止めなどにぶち当たった際は解除まで最寄りのサービスエリアやパーキングエリアに停車することになり、車内には非常食が積み込まれていた。

輸入された4台のうち2台が火災事故を起こした。負傷者は出なかったものの、事故を重く見た国土交通省は火災事故を起こさなかった2台についても運行中止を指示。JRバスも残った2台を除籍の上、ドイツへ返却した。

セントロライナー

1997年に販売を開始した低床バス。ラインナップはシングルデッカーの大型バス、連節バス、そしてダブルデッカーで、主に市内路線向けの車両がセントロライナーと命名されている。

日本では神奈川中央交通連節バスとして導入している他、九州産交バスでも路線バス用として導入していた。

スペースライナー

1979年に開発されたスーパーハイデッカーバス。
1階部分を運転席とトランクルームのみとして、2階席の居住性を図ったモデルで「2階だけバス」という俗称もある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオプラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 492

コメント