ピクシブ百科事典

鎌倉駅

かまくらえき

神奈川県鎌倉市にあるJR東日本と江ノ島電鉄の駅。
目次[非表示]

概要

神奈川県鎌倉市に所在。
1889年に現在のJR東日本横須賀線として開業し、1910年に江ノ島電鉄が乗り入れを開始。

以降は鎌倉市の中心駅として発展。
改札口は若宮大路通り側の東口と市役所側の西口に分かれており、構内北側のアンダーパス状の自由通路が連絡する。
現在の東口の駅舎は1984年に建て替えられた3代目で、とんがり屋根と時計塔などの個性的な外見などから2000年に「関東の駅100選」の一つに選ばれた。

JR東日本

1面2線の島式ホーム構造の地上駅。
構内に留置線があるが、構造上大船駅逗子駅のような折り返し運転はできない。

直通する総武線快速以東の列車や湘南新宿ラインの列車も乗り入れる。
歴史のある社寺街や海水浴場を有する観光都市の玄関口である事から土日祝日・休暇シーズンに運行される臨時列車の停車駅となる事が多く、2014年3月以降は臨時で横須賀駅まで延長運行する一部の成田エクスプレスも停車するようになっている。

2013年から2015年まで童謡唱歌の『鎌倉』が駅メロとして採用されていたが、その前の発車メロディが『木々の目覚め』というJR東日本エリアではおなじみの明るい曲であった事もあり、なじみの薄い若い世代などのごく一部からは評判が芳しくなかったとされている。
外部リンク

乗り場路線方向方面備考
1横須賀線下り逗子横須賀久里浜方面
2横須賀線上り横浜東京千葉木更津方面総武快速線方面
湘南新宿ライン上り大崎新宿大宮宇都宮方面宇都宮線直通

発車メロディ
乗り場タイトル
1あざみ野
2木々の目覚め

江ノ島電鉄

頭端式2面3ホーム構造の地上駅で、1949年に東口側から現在の西口に移転。
通常は3番線と4番線をそれぞれ乗車・降車ホームとして主に使用し、5番線は早朝と多客期に使用。

番線路線方面備考
3・5江ノ島電鉄長谷江ノ島藤沢方面
4江ノ島電鉄降車ホーム

利用状況

JR東日本
2019年度の1日平均乗車人員は43,183人で、横須賀線大船駅以南では最多。
2012年に新大久保駅を上回り、以降も利用者が増加している。

江ノ島電鉄
2019年度の1日平均乗降人員は25,802人で、江ノ電の駅では最も利用者が多い。

両社を合わせた利用状況比較表

事業者名JR東日本江ノ島電鉄
年度乗車人員乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度40,374人80,748人16,639人
2009年(平成21年)度40,314人80,628人19,745人
2010年(平成22年)度39,916人79,832人19,190人
2011年(平成23年)度40,041人80,082人19,377人
2012年(平成24年)度42,038人84,076人21,455人
2013年(平成25年)度42,841人85,682人21,962人
2014年(平成26年)度43,126人86,252人23,139人
2015年(平成27年)度44,376人88,752人23,987人
2016年(平成28年)度44,843人89,686人24,612人
2017年(平成29年)度44,866人89,732人27,194人
2018年(平成30年)度44,838人89,676人27,597人
2019年(令和元年)度43,183人86,366人25,802人

隣の駅

JR東日本
横須賀線
種別前の駅当駅次の駅備考
  • 横須賀線(湘南新宿ライン)
北鎌倉駅鎌倉駅逗子駅
江ノ島電鉄
種別前の駅当駅備考
普通和田塚駅鎌倉駅


関連イラスト

「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」



関連項目

神奈川県 鎌倉市
JR東日本 横須賀線 江ノ島電鉄
神奈川県内の駅一覧

関連記事

親記事

神奈川県内の駅一覧 かながわけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鎌倉駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5829

コメント