ピクシブ百科事典

目次[非表示]
東京・日本交通梅田営業所大阪市福島区福島大阪市域交通圏東京・日本交通難波営業所大阪市浪速区敷津西大阪市域交通圏東京・日本交通高槻営業所高槻市梶原中村町北摂交通圏東京・日本交通神戸営業所神戸市東灘区御影塚町神戸市域交通圏日交サービス北区浮間自家用車運行管理請負業Mobility Technologies港区六本木配車アプリJapan Taxi・GOの開発・運営

業務提携会社

社名営業所所在地備考
飛鳥交通品川品川区東品川
飛鳥交通第二板橋板橋区舟渡
飛鳥交通第三成城世田谷区粕谷
飛鳥交通第五羽田大田区東糀谷
飛鳥交通第六小松川江戸川区小松川
飛鳥交通第六高井戸杉並区高井戸東
飛鳥交通第七大森大田区大森南
飛鳥自動車赤羽北区浮間
扇橋交通江戸川区西小岩
キャピタルオート杉並区清水
キャピタルモータース本社杉並区清水
キャピタルモータース井草杉並区井草
三和交通東京板橋区赤塚新町荒川区の三和交通とは無関係
昭栄自動車足立区中央本町
昭和自動車練馬区貫井
すばる交通本社足立区入谷
すばる交通北千住足立区千住旭町
東京ワールド交通江戸川区北葛西
東京梅田交通足立区花畑
東京梅田交通第二亀有足立区中川
東京梅田交通第二亀戸江東区亀戸
日日交通足立区保木間
日生交通練馬区三原台
日立自動車交通足立区綾瀬
日立自動車交通第二足立区綾瀬
日立自動車交通第三葛飾区金町
陸王交通本社板橋区中丸町
陸王交通赤羽北区赤羽南
飛鳥交通多摩国立国立市谷保北多摩交通圏
京浜ハイヤー上大岡横浜市港南区最戸京浜交通圏
京浜ハイヤー保土ヶ谷横浜市保土ケ谷区岩井町京浜交通圏
スタジアム交通新横浜横浜市港北区新横浜京浜交通圏
スタジアム交通十日市場横浜市緑区十日市場町京浜交通圏
ワールド交通川崎川崎市高津区子母口京浜交通圏


平成以降のグループ拡大の歴史

事業者名買収・提携年備考
稲城中央交通1990年1991年4月より多摩日交有限会社として営業。日本交通多摩有限会社を経て2003年3月に日本交通立川へ事業譲渡
こだま交通1996年中央無線。事業の譲渡を受け、自社の営業認可台数を拡大
東洋交通2005年共同無線。日交グループとして営業を継続
睦交通2005年元EM無線。2013年6月に羽田交通へタクシー事業を譲渡し、撤退
扇橋交通2005年元東京相互無線。日交グループとして営業を継続
三和交通2005年元EM無線。日交グループとして営業を継続
春駒交通・日立自動車交通2005年元藤田無線。日交グループとして営業を継続
ライオン交通2005年元藤田無線。2019年に国際自動車へ買収されて日交グループを脱退
ワイエム交通2005年新規開業と同時にグループ入り
蔦交通2008年東京無線。日交グループとして営業を継続
陸王交通2009年日交グループとして営業を継続
美輝タクシー2010年新規開業と同時にグループ入り。2015年に日交足立と合併
すばる交通・大国自動車交通2010年チェッカー無線。日交グループとして営業を継続
キャピタルオート・キャピタルモータース・日生交通2010年元共同無線。日交グループとして営業を継続
恵豊自動車交通2010年元EM無線。日交グループとして営業を継続
東武興業安全タクシー2012年元東京無線。関連会社の東洋交通によって買収され、同社練馬営業所となる
相鉄自動車2012年元東京私鉄自動車協同組合。現在の日本交通横浜
天台交通・平成交通2013年現在の日本交通横浜
東洋タクシー2013年日交グループとして営業を継続
東京ひかり交通2013年日交グループとして営業を継続
館山中央交通2014年元京成グループ。2018年に廃業
東京ワールド交通2014年日交グループとして営業を継続
金龍自動車交通2014年元信和事業。現在の日交美輝
伊達交通2015年元東京無線。車体表記を日交グループに準じたものに張り替えた暫定車両で営業を継続したが、正式に日交グループ入りすることなく廃業
梅田交通・新東京ドライバーズ2015年元EM無線。現在の東京梅田交通。日交グループとして営業を継続
株式会社未来都2015年京都市域交通圏の営業所を譲り受け、東京・日本交通京都営業所となる
さくらタクシー2016年日交グループとして営業を継続
飛鳥交通(23区・武三地区)2016年元東京無線。日交グループとして営業を継続。台数があまりにも多く、車両の日交仕様切り替えに際しては自社系の整備工場だけでなく日交本体や東洋交通などグループ各社で総力を挙げて切り替えを行った。
昭栄自動車・改進タクシー・日日交通2017年元信和事業。日交グループとして営業を継続
飛鳥交通多摩2017年元サンキュー無線。日交グループとして営業を継続
東亜タクシー・オーシャン交通2017年現在の東京・日本交通神戸営業所
京浜ハイヤー・スタジアム交通・ワールド交通2018年日交グループとして営業を継続
尼崎工都タクシー・川西オーシャン交通2018年川西オーシャン交通は2020年に、尼崎工都タクシーは2021年に、それぞれ日の丸ハイヤーへ譲渡
松崎交通・同進交通2019年松崎交通は日交グループとして営業を継続。同進交通は2020年に登記上の本社所在地を北区浮間へと移転し、社名を日本交通へ改称
京王自動車京浜2019年元京王グループ。現在の日本交通横浜
三洋商事2019年営業権を取得し、自社の営業認可台数を拡大
ワールドタクシー2020年営業権を取得し、自社の営業認可台数を拡大
イースタンハイヤー2020年現在の東京梅田交通第二
昭和自動車2020年元東京無線。日交グループとして営業を継続
イースタンエアポートモータース2021年ハイヤーのみ
ハロー・トーキョー2021年日本交通枝川営業所となり、2021年10月よりハロートーキョー本社営業所となる。
互助交通2021年元チェッカー無線。ワイエム交通に営業権を譲渡し、同社の錦糸町・南砂営業所として稼働した後、互助交通株式会社に分社。
平和自動車交通2021年元チェッカー無線。日交グループとして営業継続
国際交通2021年元チェッカー無線。日本交通横浜に営業権を譲渡
東京ウエスターン交通2022年元東京無線。2021年10月に廃業後、本体板橋が営業権を取得


日本交通(関西・山陰)

近畿地方・山陰地方を中心とする地域で路線バス・高速バス・タクシーなどを営業。社名が同じな法人のグループ。楕円で囲った「日交」の行灯が目印。
東京の日本交通と資本関係はないが、タクシーチケットは提携している。

  • 日本交通(大阪)
大阪市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切と高速バスを担当。部内での呼称は大阪日交
  • 日本交通(神戸)
神戸市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。部内での呼称は兵庫日交
  • 日本交通(京都)
京都市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。
  • 日本交通(福知山)
福知山市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。部内での呼称は北近畿日交福知山日交
  • 日本交通(三田)
三田市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。廃止された西日本JRバスの路線バスの代替として乗合タクシーを運行。
  • 日本交通(豊岡)
豊岡市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。部内での呼称は但馬日交
  • 日本交通(鳥取)
鳥取市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは一般路線・高速・定期観光・貸切を担当。部内での呼称は鳥取日交。東京への高速バス路線を持っているため、都内では東京の日本交通のタクシーと離合する光景がしょっちゅう見られる。
  • 日本交通(島根)
松江市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切とコミュニティバスの受託による路線バスを担当。

日本交通(名古屋)

毎日タクシーグループのタクシー会社。

関連記事

親記事

タクシー たくしー

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました