2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

日本交通を名乗る陸運業の会社は東京に本社を置く会社と関西・山陰地方を拠点とする会社、名古屋に本社を置く会社の3社が存在する。それぞれに資本関係や人的交流はない。

日本交通(東京都)

東京23区を中心にタクシーハイヤー事業を展開する企業。桜の花に「N」のマークの行灯が目印。大阪・京都にも進出しており現地の日本交通と区別するため、「東京・日本交通」の名称で営業。
23区地区に直営の7営業所と関連会社13社、業務提携会社30社を持つ他、北多摩、南多摩、神奈川京浜、神奈川県央、小田原、埼玉県南中央、千葉県北総、群馬県中・西毛、大阪市域、大阪北摂、神戸市域にも関連会社・業務提携会社を持つ。
グループ会社の中にはハイヤー事業を手掛けている会社もあるが、基本的に日本交通との提携はタクシー事業のみとされている。ただし日本交通本体とグループ各社間で整備工場のキャパシティを融通し合う事はある。

2020年代に入ってからチェッカーキャブ無線加盟事業者と続々業務提携を行い勢力を更に拡大している。

本社は目黒区上目黒から西神田、赤坂溜池、永田町、赤坂、八潮、赤羽を経て2016年から紀尾井町に置いている。

高速バスの予約受付は受けていない。そっちは関西・山陰の日本交通の担当である。

車両

ジャパンタクシー導入前

23区・武三地区の直営営業所に配置される一般車は黄色地に車体側面とボンネット・トランクに赤帯を配置する俗に言う四社カラーを纏う。社内選抜された有資格の乗務員のみが乗務するハイグレード車(黒タク)は車体色を黒塗りとしていた。
車種はクラウンセダンセドリック営業車プリウスαNV200タクシーがメインで、クラウンは一般車はスーパーデラックス、ハイグレード車はスーパデラックスGパッケージ、セドリックは一般車はスーパーカスタム、ハイグレード車はクラシックSVを中心としていた。
なお黒タクサービスを始める前はクラウンコンフォートスタンダードやセドリック営業車オリジナルグレードが中心だった。

23区・武三地区の関連会社・業務提携会社の車両は一般車はボンネットとトランクの赤帯を省略している。車種は本体に準ずるが、一部は各社の方針で独自のものを入れていた。

ジャパンタクシー導入後

ジャパンタクシーはトヨタと東京タクシー協会の方針もあって全車深藍色で導入し、一般車とハイグレード車の区別は行灯の色で行うようになった。一般車は日本交通のロゴが青色、ハイグレード車はロゴが金色になっており、ハイグレード車についてはゴールドタクシーと呼ぶようになった。
2020年1月には都内直営営業所のクラウン・セドリック全てがジャパンタクシーに置き換えられた。一方、提携会社には少数だがクラウン・セドリックが残っている。

その他

かつては日本交通立川南多摩営業所に白色の車両が在籍していた。また東京都外の関連会社・業務提携会社の中にはクラウンコンフォートが比較的近年まで残っていた。

本体のジャパンタクシー全面置き換え以降に業務提携する事業者でクラウンコンフォートやセドリック営業車のカスタムグレード以下は原則ジャパンタクシーに置き換えているが、ジャパンタクシーの納期が大幅に伸びている影響からか、2023年にチェッカーキャブから移籍した栄泉交通についてはチェッカーキャブカラーのセドリック営業車(オリジナルグレード)の帯を日本交通仕様の赤帯に張り替え、日交仕様の行灯を載せている。その仕様で営業に出ている。
また栄泉交通と同時期にチェッカーキャブから移籍してきた毎日タクシーもチェッカー指定色だったクラウンコンフォートを黒色に塗り替えて営業に使用している(車体の表記はかつての黒タクに準ずるが、扱いとしては一般車。)他、指定色の帯だけ日本交通仕様に張り替えた車両も使用している。

営業所

直営

特記ない場合タクシー専門営業所。
タクシーの第一・第二・第三はそれぞれ個別の法人格を有しているが、案内上は1つの営業所として扱われている。

営業所名所在地備考
赤坂千代田区永田町ハイヤー営業所。整備工場を併設
銀座中央区銀座ハイヤー営業所
中央第一・第二中央区日本橋兜町ハイヤー営業所
板橋第一・第二板橋区板橋整備工場を併設
赤羽第一・第二北区浮間敷地・建物は同地の東洋交通が所有し、東洋交通と整備工場を共有
千住第一・第二・第三足立区千住関屋町
品川品川区東品川整備工場を併設
新木場江東区新木場整備工場を併設
三鷹第一・第二三鷹市野崎整備工場を併設
葛西江戸川区北葛西2023年2月に臨海町から移転

関連会社

社名所在地備考
イースタンエアポートモータース大田区羽田旭町ハイヤー専業
大国自動車交通本社営業所三鷹市深大寺
大国自動車交通千石営業所江東区千石元リボンタクシー
改進タクシー足立区中央本町
恵豊自動車交通大田区北馬込
蔦交通葛飾区東金町
東京ひかり交通大田区蒲田
東洋交通北区浮間本体赤羽第一・第二営業所と同居
日交美輝足立区中川
日光練馬練馬区練馬
羽田交通大田区京浜島
春駒交通北区浮間
ハロートーキョー本社営業所江戸川区臨海町枝川から移転。本体葛西営業所の旧所在地。
ハロートーキョー枝川営業所江東区枝川両備グループのハロー・トーキョーが日本交通へタクシー事業を譲渡後、日本交通枝川営業所となる。2021年10月に枝川営業所が日本交通本体から分割され、ハロートーキョー本社営業所となった。2023年2月に本社が枝川から臨海町に移転したことに伴い、旧本社営業所は枝川営業所となる。
ワイエム交通江東区新木場
日本交通立川本社営業所立川市富士見町北多摩交通圏
日本交通立川調布営業所調布市深大寺元町北多摩交通圏
日本交通立川国立営業所国立市谷保北多摩交通圏
日本交通横浜横浜営業所横浜市戸塚区名瀬町京浜交通圏
日本交通横浜保土ヶ谷営業所横浜市保土ケ谷区常盤台京浜交通圏
日本交通横浜川崎営業所川崎市川崎区渡田新町京浜交通圏
日本交通横浜大和営業所大和市桜森県央交通圏
日本交通横浜小田原営業所小田原市浜町小田原交通圏
日本交通横浜平塚営業所平塚市田村県央交通圏
日本交通埼玉さいたま市北区今羽町県南中央交通圏
松崎交通本社営業所成田市東和泉北総交通圏
東洋タクシー前橋市堤町中・西毛交通圏
さくらタクシー本社営業所大阪市福島区福島大阪市域交通圏
さくらタクシー加島営業所大阪市西淀川区竹島大阪市域交通圏
ナショナルタクシー本社営業所大阪市城東区成育大阪市域交通圏
ナショナルタクシー放出営業所大阪市鶴見区放出東大阪市域交通圏
東京・日本交通梅田営業所大阪市福島区福島大阪市域交通圏
東京・日本交通難波営業所大阪市浪速区敷津西大阪市域交通圏
東京・日本交通高槻営業所高槻市梶原中村町北摂交通圏
東京・日本交通神戸営業所神戸市東灘区御影塚町神戸市域交通圏
日交サービス北区浮間自家用車運行管理請負業
Mobility Technologies港区六本木配車アプリJapan Taxi・GOの開発・運営


業務提携会社

社名営業所所在地備考
飛鳥交通品川品川区東品川
飛鳥交通第二板橋板橋区舟渡
飛鳥交通第三成城世田谷区粕谷
飛鳥交通第五羽田大田区東糀谷
飛鳥交通第六小松川江戸川区小松川
飛鳥交通第六高井戸杉並区高井戸東
飛鳥交通第七大森大田区東糀谷
飛鳥自動車赤羽北区浮間
栄泉交通本社第一江東区東陽
扇橋交通江戸川区西小岩
キャピタルオート杉並区清水
キャピタルモータース本社杉並区清水
キャピタルモータース井草杉並区井草
三和交通東京板橋区赤塚新町荒川区の三和交通とは無関係
昭栄自動車足立区中央本町
昭和自動車練馬区貫井
すばる交通本社足立区入谷
すばる交通北千住足立区千住旭町
東京ワールド交通江戸川区北葛西
東京梅田交通足立区花畑
東京梅田交通第二亀有足立区中川
東京梅田交通第二亀戸江東区亀戸
東京合同自動車荒川区東日暮里
日日交通足立区保木間
日生交通練馬区三原台
日立自動車交通足立区綾瀬
日立自動車交通第二足立区綾瀬
日立自動車交通第三葛飾区金町
平和自動車交通江戸川江戸川区松江
毎日タクシー船堀江戸川区船堀大阪市域交通圏の毎日タクシーとは互いに無関係
ミツワ交通墨田区文花
八洲自動車江東区清澄
陸王交通本社板橋区中丸町
陸王交通赤羽北区赤羽南
京浜ハイヤー上大岡横浜市港南区最戸京浜交通圏
京浜ハイヤー保土ヶ谷横浜市保土ケ谷区岩井町京浜交通圏
スタジアム交通新横浜横浜市港北区新横浜京浜交通圏
スタジアム交通十日市場横浜市緑区十日市場町京浜交通圏
ワールド交通川崎川崎市高津区子母口京浜交通圏
コスモキャブ大阪本社大阪市淀川区三ツ屋南大阪市域交通圏
毎日タクシー本社大阪市淀川区新高大阪市域交通圏


平成以降のグループ拡大の歴史

事業者名買収・提携年備考
稲城中央交通1990年1991年4月より多摩日交有限会社として営業。日本交通多摩有限会社を経て2003年3月に日本交通立川へ事業譲渡
こだま交通1996年中央無線。事業の譲渡を受け、自社の営業認可台数を拡大
東洋交通2005年共同無線。日交グループとして営業を継続
睦交通2005年元EM無線。2013年6月に羽田交通へタクシー事業を譲渡し、撤退
扇橋交通2005年元東京相互無線。日交グループとして営業を継続
三和交通2005年元EM無線。日交グループとして営業を継続
春駒交通・日立自動車交通2005年元藤田無線。日交グループとして営業を継続
ライオン交通2005年元藤田無線。2019年に国際自動車へ買収されて日交グループを脱退
ワイエム交通2005年新規開業と同時にグループ入り
蔦交通2008年東京無線。日交グループとして営業を継続
陸王交通2009年日交グループとして営業を継続
美輝タクシー2010年新規開業と同時にグループ入り。2015年に日交足立と合併
すばる交通・大国自動車交通2010年チェッカー無線。日交グループとして営業を継続
キャピタルオート・キャピタルモータース・日生交通2010年元共同無線。日交グループとして営業を継続
恵豊自動車交通2010年元EM無線。日交グループとして営業を継続
東武興業安全タクシー2012年元東京無線。関連会社の東洋交通によって買収され、同社練馬営業所となる
相鉄自動車2012年元東京私鉄自動車協同組合。現在の日本交通横浜
天台交通・平成交通2013年現在の日本交通横浜
東洋タクシー2013年日交グループとして営業を継続
東京ひかり交通2013年日交グループとして営業を継続
館山中央交通2014年元京成グループ。2018年に廃業
東京ワールド交通2014年日交グループとして営業を継続
金龍自動車交通2014年元信和事業。現在の日交美輝
伊達交通2015年元東京無線。車体表記を日交グループに準じたものに張り替えた暫定車両で営業を継続したが、正式に日交グループ入りすることなく廃業
梅田交通・新東京ドライバーズ2015年元EM無線。現在の東京梅田交通。日交グループとして営業を継続
株式会社未来都2015年京都市域交通圏の営業所を譲り受け、東京・日本交通京都営業所となる
さくらタクシー2016年日交グループとして営業を継続
飛鳥交通(23区・武三地区)2016年元東京無線。日交グループとして営業を継続。台数があまりにも多く、車両の日交仕様切り替えに際しては自社系の整備工場だけでなく日交本体や東洋交通などグループ各社で総力を挙げて切り替えを行った。
昭栄自動車・改進タクシー・日日交通2017年元信和事業。日交グループとして営業を継続
飛鳥交通多摩2017年元サンキュー無線。日交グループとして営業を継続
東亜タクシー・オーシャン交通2017年現在の東京・日本交通神戸営業所
京浜ハイヤー・スタジアム交通・ワールド交通2018年日交グループとして営業を継続
尼崎工都タクシー・川西オーシャン交通2018年川西オーシャン交通は2020年に、尼崎工都タクシーは2021年に、それぞれ日の丸ハイヤーへ譲渡
松崎交通・同進交通2019年松崎交通は日交グループとして営業を継続。同進交通は2020年に登記上の本社所在地を北区浮間へと移転し、社名を日本交通へ改称
京王自動車京浜2019年元京王グループ。現在の日本交通横浜
三洋商事2019年営業権を取得し、自社の営業認可台数を拡大
ワールドタクシー2020年営業権を取得し、自社の営業認可台数を拡大
イースタンハイヤー2020年現在の東京梅田交通第二
昭和自動車2020年元東京無線。日交グループとして営業を継続
イースタンエアポートモータース2021年ハイヤーのみ
ハロー・トーキョー2021年日本交通枝川営業所となり、2021年10月より中黒のないハロートーキョー本社営業所となる。
互助交通2021年元チェッカー無線。ワイエム交通に営業権を譲渡し、同社の錦糸町・南砂営業所として稼働した後、互助交通株式会社に分社。2023年2月ハロートーキョーに吸収合併。
平和自動車交通2021年元チェッカー無線。日交グループとして営業継続
国際交通2021年元チェッカー無線。日本交通横浜に営業権を譲渡
毎日タクシー(大阪)2022年梅田交通グループ。大阪市域交通圏で日交グループとして営業継続
東京ウエスターン交通2022年元東京無線。2021年10月に廃業後、本体板橋が営業権を取得
東栄興業2022年本社は横浜市。世田谷営業所の営業権を本体葛西とワイエム交通が取得
八洲自動車2022年元チェッカー無線。日交グループとして営業継続
ミツワ交通・東京合同自動車・洲崎交通2023年元チェッカー無線。日交グループとして営業継続
毎日タクシー(東京)・国光自動車・栄泉交通2023年元チェッカー無線。日交グループとして営業継続
リボンタクシー2023年元チェッカー無線。大国自動車交通に営業権を譲渡し、同社千石営業所となる。


日本交通(関西・山陰)

近畿地方・山陰地方を中心とする地域で路線バス・高速バス・タクシーなどを営業。社名が同じな法人のグループ。楕円で囲った「日交」の行灯が目印。
東京の日本交通と資本関係はないがタクシーチケットは提携している。(ただし東京四社営業委員会としての提携)

  • 日本交通(大阪)
大阪市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切と高速バスを担当。部内での呼称は大阪日交
  • 日本交通(神戸)
神戸市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。部内での呼称は兵庫日交
  • 日本交通(京都)
京都市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。
  • 日本交通(福知山)
福知山市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。部内での呼称は北近畿日交福知山日交
  • 日本交通(三田)
三田市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。廃止された西日本JRバスの路線バスの代替として乗合タクシーを運行。
  • 日本交通(豊岡)
豊岡市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切のみ。部内での呼称は但馬日交
  • 日本交通(鳥取)
鳥取市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは一般路線・高速・定期観光・貸切を担当。部内での呼称は鳥取日交。東京への高速バス路線を持っているため、都内では東京の日本交通のタクシーと離合する光景がしょっちゅう見られる。
  • 日本交通(島根)
松江市に本社を置くタクシー・バス会社。バスは貸切とコミュニティバスの受託による路線バスを担当。

日本交通(名古屋)

毎日タクシーグループのタクシー会社。

関連記事

親記事

タクシー たくしー

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました