ピクシブ百科事典

ジャパンタクシー

じゃぱんたくしー

JPN TAXIとは、トヨタ自動車が販売するタクシー用トールワゴンである。

概要

2017年10月販売開始。従来のセダン型であるクラウンコンフォートコンフォートクラウンセダンの後継車として登場。ベース車はミニバンシエンタで、従来のセダン車に比べて低床・高い室内高を実現した。

動力系はタクシーの主流燃料であるLPGと電気モーターのハイブリッドで、平成32年度燃費基準+30%を達成している。

左側のリアドアがスライドドアとなり車いすの乗り降りが楽にできる・・・と喧伝されていたのだが・・・

車椅子対応・・・だよね・・・?

車椅子での乗り降りが出来る関係上、専門の講習を受けたドライバーしか乗務できないと規定している会社がある。これはNV200バネットでも同様である。

そう、車イス対応車両であるとして作られた・・・はず、なのだが・・・

まず、このトヨタ公式チャンネルに上がっている動画を見てもらいたい。

うん、おわかりいただけただろうか

動画の長さ、30分39秒。
公式PVでさえ、この有様である。

TIPSのカットがあると言っても、「クルマに乗って降りる」のに30分というのは車イス用と言ってもあまりにも時間がかかりすぎている。
当然のことながら
「30分も待たされる乗客がかわいそう」
「こんなややこしいブツを押し付けられた運ちゃんも可愛そう」
という内容のブーイングが殺到している。

コレでは乗車拒否されても仕方ないというものであろう。

では、ベース車であるシエンタはどうなのかというと・・・


・・・たったの5分強。

結局の所、このJPN TAXIの悲劇は「LPG車」「HV」「福祉車両」という一つだけでも場所をとる要素を3つもシエンタベースのボディに詰め込んだから・・・つまりコンセプトに無理があったのが原因であると言える。
そしてコレが価格面にも響いてしまったのか、ベースグレードで約330万円という価格設定になってしまっている。(参考までに、シエンタHVは約220万円からである。)

関連記事

親記事

TOYOTA とよた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャパンタクシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 538

コメント