ピクシブ百科事典

ジャパンタクシー

じゃぱんたくしー

トヨタ自動車が販売するタクシー専用のワゴン型商用車。
目次[非表示]

概要

2017年10月販売開始。

従来のFRセダン型であるコンフォートクラウンコンフォートの後継車として登場。
製造は子会社のトヨタ自動車東日本である。

ベース車はFFミニバンシエンタで、従来のセダン車に比べて高い室内高を実現した。
基本的に国内専用車であるが香港マカオにも輸出されており、コンフォートの名で販売されている。

動力系はタクシーの主流燃料である液化プロパンガスと電気モーターのハイブリッドある。
ガスボンベは後部座席後ろのラゲッジスペース内に設置されている。

左側のリアドアがスライドドアになっており付属のスロープで車椅子の乗降が可能である。
しかし従来の福祉仕様車の最後尾のハッチバックから乗せる手法と比べると、左側にスロープをつけるための安全なスペースが必要となり、傾斜的にも乗降に時間がかかる。
車内で向きを変えなければならない上に専用シートベルトの仕様の問題から着席までの手順がかなり煩わしいと、現場のタクシー会社から設計思想を疑う声が多数挙がった。

また従来のコンフォートと比べて初期費用やメンテナンス費が高いため、2020年現在大都市の郊外や地方部では数としてはあまり普及していない。
元々持続耐久性の高いコンフォートやセドリックの継続使用や、中古のクラウンカムリプレミオアリオンスカイラインフーガなどのセダンや、シエンタやセレナなどの一般ミニバンをタクシー用に改造する会社も多い。

さらにトヨタ側のプロモーションの影響などでジャパンタクシーへの置き換えをしたが、新型コロナ騒動による急激な不況で大赤字を出して休業や倒産するタクシー会社が相次ぐ事態にまでなってしまっている。

タクシーがずっとFRセダンメインであった理由

それは走行性能と居住性の優位性があったからである。

わかりやすく言うと、エンジンをフロントに置き後輪で駆動という構造は走行時におけるバランス性に優れており、小回りや加速、登坂における走行性能に優れる。

そして車高が低く乗員席とは独立したトランクルームを持つセダンは、
・重心が低いのでステアリング操作や高速走行、強風時でも揺れにくい
・リアシートがホールド性の高いものになりやすく座り心地が良い
・リアシートと荷室に仕切りがあり騒音や衝撃を拾いにくい
・ボンネットとトランクルームが長く衝突時の耐久性が高い
などの利点を持つ。

これらの理由に加えてFRは他の駆動方式と比べて構造がシンプルでメンテナンスもしやすいという点もあった事から、FRセダンは自動車の歴史でも早い段階に登場し現在でも世界中の高級車の主流であり続けているのは周知の通りである。
つまり自家乗用車として基本かつ究極の形なのであり、旅客業務用車であるタクシーの主流もそうなったのは必然であった。

もっともFF車ベースのタクシー車輌も全くなかったわけではなく、1980年代前半からマツダカペラ(GC型~GD型)、三菱ギャランΣ(E13A型)、いすゞアスカ(JJ510型)などのタクシー仕様車が開発されている。
現在は日産NV200(M20型)をはじめ、シエンタやプリウスプレミオアリオンなどを、タクシー用に改造した車輌が全国で稼働している。
 

関連項目

トヨタ 乗用車 ミニバン タクシー
シエンタ コンフォート

関連記事

親記事

トヨタ とよた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャパンタクシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1184

コメント