ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アリオン

ありおん

ギリシャ神話を元にした安彦良和の漫画・劇場用映画。及び同作の主人公の名前。
目次 [非表示]

別例編集

  1. ギリシャ神話に登場する「アレイオーン」の省略形。
  2. トヨタの車「トヨタ・アリオン
  3. ギリシャ出身のプロレスラー「スパイロス・アリオン
  4. 島根県出雲市を中心にレンタルショップ等を展開しているグループ。

概要編集

徳間書店の漫画雑誌『リュウ』で連載。単行本は徳間書店アニメージュコミックス(全5巻)、のち新装版(全3巻)、中公文庫コミック版(全4巻)で刊行されている。


1986年3月15日に劇場アニメが公開された。


元ネタは、ギリシャ神話において海神ポセイドンと、女神デメテルが馬の姿でえっちな事をした際に、右足だけ人間の馬「アレイオーン」と、「デスポイナ」と言う双子が生まれたと言う話と、同じくポセイドンの子である双子の「アロアダイ」と、プロメテウスが人間に火を与える話を合わせて安彦良和が創作した漫画が「アリオン」である。なお安彦良和にとっては初のプロ漫画家としての作品だった、しかも連載中は「機動戦士ガンダム」のメインアニメーターとして忙しい時期だった。


母デメテルと共に暮らしていた少年アリオンはある日、冥府の王にしてゼウスの兄「ハデス」によって冥府へと連れ去られ、祖父「クロノス、父「ウラノス」と三代にわたって行われた父殺しにより王位を手に入れるも、自身もまた子供に殺されると予言されていた「ゼウス」への刺客として育てられた。


青年に成長したアリオンは、ゼウスの暗殺に失敗し投獄されるも、少女レスフィーナと出会い強く惹かれあう。ヘラクレスらの助力と、実父ポセイドンとの巡り合いにより頭角を現していくアリオンだったが、レスフィーナもまたポセイドンとデメテルの娘でアリオンとは双子だった。しかしそんなアリオンにはポセイドン以外の実の父が存在した。


登場人物編集

アリオン編集

アリオン

CV:中原茂


レスフィーナ編集

レスフィーナ

CV:高橋美紀


セネカギド編集

大丈夫かい、あにぃ

CV:田中真弓西尾徳


アポロンアテナアレース編集

ゼウスの子供たち

CV:鈴置洋孝勝生真沙子島田敏


黒の師子王編集

CV:田中秀幸


関連タグ編集

関連記事

親記事

安彦良和 やすひこよしかず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101650

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました