ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ルーシィ・ハートフィリア

るーしぃはーとふぃりあ

ルーシィ・ハートフィリアとは、漫画『FAIRY TAIL』およびそれを原作としたテレビアニメの登場人物。
目次 [非表示]

CV:平野綾

pixivでは「ルーシィ」でのタグ登録数の方が多い。


「一人で逃げるなんてやだ・・・よ どんな時だって・・・みんなと一緒の方が楽しいから」


概要

本作のヒロイン。17歳→19歳(最終回)。右手に桃色の紋章がある。

星霊魔導士で、契約した星霊をそれぞれに対応した「」で呼び出す「星霊魔法」が使える。

作者いわく、メインヒロインというより、普通の少女をテーマにしている。

財閥の令嬢で父親が嫌い。自称小説家の卵でもある。

家はアパート住みで、よく家賃の支払いで困窮している。

ギルド内では同じ読書家のレビィと一番仲が良い。

作品本編の進行は彼女の視点で描かれることが多く、作者の真島ヒロは「もう一人の主人公」と呼んだこともある。

劇中ではナレーションの1人を務めることも多い。


変わり者が多いメンツの中では数少ない常識人。それゆえツッコミ役になることが多い。

いつもギルドの皆に振り回されてる印象があるが、契約した星霊を戦闘の「道具」扱いせず、同等の立場として接する優しさを備え、時には星霊王さえ説き伏せる度胸を見せる。

天真爛漫な性格で明るく、また一方で高飛車なところもあるが、見かけによらず純情であり、恋の話を持ちかけられただけで赤面して動揺してしまう。


また、後述の出自と読書によって培われた知識量のためか、分析力が高く、魔術や暗号の解除などでそのスキルを発揮する時がある。一方で大した工夫もなしに落とし穴を用意したり、場の流れで飛来した生物につかまって自分から窮地に陥ったりするなど、少々アホの子じみた言動をとることもあるため、仲間が驚くこともしばしば。


酒に酔うと甘えたがりになる。よく狙われたり、捕まる事が多い。


小説書きのためか「伝説の勇者」などに強い憧れを抱いていたり、変な妄想を炸裂させることもあり、仲間達から(無頓着なナツからでさえも)呆れられることがある。


星霊に対する深い思いやりのため、敵として自分そっくりに変身し襲い掛かってきた星霊「ジェミニ」を戦意喪失させてしまったこともある(変身した相手の心理構造まで模倣する能力を持つため)。


ギルドではナツハッピーグレイエルザとチームを組むことが多く、ルーシィの活躍は大抵尾ひれがついて周囲に広まることが多い。

また現在はアパートの一部屋を借りて住んでいるが、ナツたちが勝手に部屋に上がりこむことがたびたびあり、毎回「あたしの部屋ー!!」などのツッコミをする羽目になるほど迷惑に思っている。以前は幼い頃に死別した母へ宛てた届く事のない手紙を書き続け、それが部屋に溜めこまれている。


「妖精の尻尾」のメンバーには自らの出自を明かさずにいたが、父の依頼を受け動いた「幽鬼の支配者」との抗争の際出自を打ち明ける。

抗争の原因が自分にあると責任を感じていたが、仲間達からそれを咎められる事もなく、「妖精の尻尾」が自分の居場所であると改めて感じた。抗争終結後に一旦家に戻り、父に自分の決意を伝えて完全に決別した(後にとりあえず和解するが、その後再会することなく天狼島からの帰還の一月前に死別した)。


ちなみに読書家でケム・ザレオン関連の依頼ではその才能を遺憾なく発揮し、彼の遺作『日の出』の秘密を解き明かした。現在、自作の物語を執筆中だが、ナツ経由でそのことが知られギルド内にそのことが広まっている。この出来事から本を読むことが好きなレビィと親しくなった。将来はギルドでの冒険を本にして出版したいと思っている。


髪の毛は金髪で、頭の右側のところでリボンで結んでいることが多いが、話が進むにつれて髪型が変化していく。特に妖精の尻尾が解散して一時期記者をやっていた頃には髪を伸ばしており、以降は背中まで届くほどの長髪になっている。


当作品の女性キャラ全員に当てはまる「服装が毎回変わる」の代表格なお洒落さん。作中の女性メンバーの中でも一二を争うかなりの爆乳で、胸を大幅に露出、もしくは強調された服装が多い。ミニスカートもよく穿いている。

靴はロングブーツが多く、ニーハイブーツサイハイブーツの時もある。ニーソックス等と併せて履いていることもあれば、ブーツを脱いでも素足だったり。(VSフレア戦で確認できる)

あと、なんやかんやで剥かれることも多い。お風呂とか。


このようにグラマラスなスタイル、かつ全体的に肌の露出が多い衣装なのとは裏腹に色仕掛けには悉く失敗している。

ナツ曰く「色気が足りない」とか。

…異性に興味のないお前が言えた言葉か。

最近は全裸で空を飛んだ。


収穫祭でミス・フェアリーテイルコンテストに出場した際は、エバーグリーンの乱入によってアピールする間もなく石化させられてしまったにもかかわらず、結果はエルザに次いで2位という好成績を記録した。(このコンテストはマガジン誌上で実際に読者投票を行い決定したもの)


戦闘能力

鍵は常にの右側に装着しており、腰の左側には先がハートマークのを装備している(序盤は黒い鞭だったが、現在は網目模様の鞭に変わった)。なお鞭はあくまで武器であり、変な趣味はない。


星霊自体の攻撃力は強力な精霊ほどイロモノ感というか特化に徹しており、

型にはまれば力を発揮するが、そうでない場合は戦力にならない。

(水が無ければ召喚できないアクエリアスや、近接に特化したロキ、攻撃手段が射撃のみのサジタリウスなど)

もはや戦力とは無縁の仔犬座の精霊もいる。


星霊魔法については星霊を強制的に星霊界に戻す「強制閉門」が行える。単行本47巻現在、契約星霊は15体(そのうち黄道十二門の鍵は10つ)。

また基本的に星霊は一度に一体しか出せないが、一瞬とはいえ複数の星霊を出したことがある。

彼女はまだ魔導士としては魔力が低く、様々な星霊を続けて呼び出すとすぐに魔力が切れてしまう。そのためバルゴからエリダヌス座の星の大河(エトワールフルーグ)という伸縮自在の鞭を提供され、よく戦いに用いるようになった。

途中から二体同時開門を使えるようになるなど、魔導士としても成長している。

さらに、魔女の罪とのスパルタ特訓で第二魔法陣を解放した後には三体同時開門を行い、アクエリアスの鍵を壊すことにより、星霊王までもを呼び出した。


単体での戦闘力は戦士や近接系魔導士には劣るらしいが勿論一般人よりも体力はあり、チンピラ程度であれば軽く蹴り倒せる。物語が進むにつれ、後述の魔法で戦闘力を底上げする手段を会得し、鞭なしでもある程度戦えるようになり、最近ではなんと滅竜魔導士相手に単騎で打ち勝ち、その戦いを見届けたラクサスから「強くなったな」と賞賛されるほどまで実力を上げた。


星霊衣(スタードレス)

ルーシィ - レオフォーム

第3部から使用できるようになった魔法。

星霊を召喚すると同時にその魔力を自らの身に纏うことで、星霊との強力なツープラトンアタックを行う。本人曰く「エルザのマネ」らしい。


所持星霊

黄道十二門の星霊


通常の星霊


エドラスのルーシィ

「アースランド」の平行世界「エドラス」におけるルーシィ。本名「ルーシィ・アシュレイ」。アースランドのナツ達には「エドルーシィ」と呼ばれている。

ドクロ髪飾りを身に着け、左腕に入れ墨がある。

アースランドのルーシィと見た目が同じでややこしいので、後にキャンサーに頼んで髪をショートカットにしてもらっている。

二人のルーシィでダブルーシィジェミニが変身したルーシィも合わせてトリプルーシィになった描写もある。

アースランドのルーシィとは異なり、男勝り姉御肌な性格で口調も荒いが、ツンデレな一面もある。

アースランドのナツには「やかましいところは同じ」と評されている。またアースランドのルーシィ同様、ツッコミは鋭い。武器は魔法の鞭。

エドナツエドグレイをよく懲らしめているため、本人たちに怖がられている。また、レビィとの仲はあまりよくない様子(喧嘩友達の可能性もあるが)。


マスター不在のギルドのまとめ役であり、「本当に世界を変えたければ自分たちの手で変えずにどうする」という信念の持ち主。

そのためアースランドのナツ達が王国と本気で戦うことを知り、途中までナツ達を案内した後ギルドに戻り仲間達を説得し、全面衝突の際ギルドごと駆け付けて助太刀した。

原作とアニメでは服装が異なる。


関連イラスト

ルーシィさんとバルゴさんセンシティブな作品

暑中ルーシィ

ルーシィLucy☆


関連タグ

FAIRYTAIL フェアリーテイル いじられキャラ サイドテール もう一人の主人公

ナツ・ドラグニル ハッピー グレイ・フルバスター エルザ・スカーレット ルーシィ・アシュレイ アンナ・ハートフィリア ブランディッシュ・μ

関連記事

親記事

妖精の尻尾 ふぇありーているまたはようせいのしっぽ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48519291

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました