ピクシブ百科事典

廃藩置県

はいはんちけん

明治初期における行政改革。内務卿大久保利通が大名が支配する265年間存在した藩を廃止し、行政組織である府県を設置する決定をくだした。 これがきっかけで大久保は武士の怨みをかい惨殺されるにいたる。
目次[非表示]

廃藩置県明治維新期の明治4年7月14日( 旧暦、太陽暦換算1871年8月29日 )に内務卿であった大久保利通によりそれまで大名が支配した265年間存在したを廃止し行政組織である府県を設置する決定をくだし、行われた行政改革。

 これにより「」が廃止され、「」と「」に一元化され地方中央政府が一体となり、統一国家化したとされる。

廃藩置県のながれ

 廃藩置県が行われ、現在の都道府県のようになるまでには明治4年( 1871年 )~明治21年( 1888年 )までの17年ほどの時間がかかっている。

それ以前

 明治2年6月17日( 1869年7月25日 )、版籍奉還が行われるも、大名の支配する地域は知藩事として引き続き統治、天領などの直轄地は政府が知事を派遣し、これを統治する形式をとった。しかし藩の統治と国の政策が合わないなどの弊害が指摘されていた。

明治4年7月14日(1871年8月29日)の廃藩置県

各地に存在したが廃止されて「」に置き換えられる。この時点での県の数は306府県。
 ただし藩を単純に転換したため、小さい県および飛び地などの不具合も発生している。

府県合併( 1回目 )

明治4年10月から11月にかけて府県合併が行われる。この合併で府県の数は75府県となる。

全国75府県図


沖縄

 明治5年(1872年)、実質薩摩藩、この時点では鹿児島県属国であった琉球王国琉球藩とする。
 その後琉球藩は清朝大日本帝国の二重冊封状態は続けたものの、政府の思惑もあり清国との冊封関係を停止させようとした、明治12年には武力的威圧により無理やり琉球藩を解体、沖縄県とした。
 そのため、清国との領土問題に発展したが、これは日清戦争までくすぶることとなり、第二次世界大戦中華民国および中華人民共和国との領土問題の原因になることが懸念されている。

北海道

 北海道の場合、に明治2年から明治15年にかけ開拓使がおかれた( この組織は明治8年までは樺太も管轄したが、樺太・千島交換条約において樺太を手放したことにより終了 )。この組織は未開の地であった北海道を開拓するための組織であった。この組織の廃止後、函館県札幌県根室県が成立したものの、全体で26万人、根室県にいたっては1万7千人と人口が少なかったため明治19年に廃止され、北海道庁が成立する。

府県合併( 2回目 )

 明治9年( 1876年 )4月と8月に2回目の府県合併が行われる。これにより35府県となるものの、一部広大すぎたりしたため調整が入り、以後、明治21年(1888年)12月まで調整が行われて現在の47道府県となるが、その後も府県境界の変更、日露戦争で獲得し、それまで外地扱いであった樺太の内地編入、東京都の成立などの変転があった。

その後の流れ

 東京都ができたのは戦後の1943年(昭和18年)7月1日から。東京市と東京府が廃止され、合併するようなかたちで東京都が設置された。当時の地方行政組織は「庁府県」と呼ばれ、「1都2庁2府43県」( 「庁」は北海道庁および樺太庁)が存在した。北海道庁が北海道となり、都道府県と呼ばれるようになったのは戦後のことである。

関連タグ

明治政府 大久保利通
内務卿
明治維新 都道府県

武士

pixivに投稿された作品 pixivで「廃藩置県」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11411

コメント