ピクシブ百科事典

梅沢富美男

うめざわとみお

日本の俳優・歌手・タレント。「下町の玉三郎」として名高い。
目次[非表示]

概要

1950年11月9日生まれ、福島県福島市出身。8人兄弟の五男(第7子)。
父が営んでいた大衆剣劇一座「梅沢劇団」で1歳7か月にして初舞台を踏む。
兄・梅沢武生は「梅沢劇団」の2代目座長で、2012年10月に座長を富美男に譲った。
従甥(梅沢の父の弟の長男の息子)はバドミントン選手で北京五輪に出場した池田信太郎。(2015年引退)

兄の勧めで演じた女形が非常に好評で、「下町の玉三郎」として有名になり、やがてテレビにも引っ張りだこになる。
歌手としても1982年に「夢芝居」が大ヒット、翌年のNHK紅白歌合戦に出場した。
最近ではバラエティ番組に多数出演しており、世の中のけしからん事に対して辛辣なコメントを発する姿があちこちで見られる。

俳人として

TBS系で放送されているバラエティー番組「プレバト!!」では、俳句をはじめ様々なジャンルで活躍し、特に俳句部門では2020年5月に番組初の永世名人に昇格。
しかし、その偉業と裏腹に番組内では、俳句部門の査定員である夏井いつき先生と俳句の批評や考え方の相違などから「おい!ババア!テメェこのやろー!」「うるさい!黙れ!おっちゃん!」などと口喧嘩を繰り広げたり、評論家気取りで勝手に他の出演者達の作品の批評をしようとして司会者の浜田雅功から一喝されたり、上述の永世名人昇格記念スペシャルで取り上げられたシーンはなぜか情けないシーンばかりであるなど、半ば番組の格好のオチ要員にされてしまっている。

さらに永世名人になって以降は、「50句の傑作を詠んで俳句史に残る句集を作る」という企画がスタートしたが、創作した俳句が夏井先生からボツ判定を下されると、「永世名人の権威を守る」という理由、というより口実で、エレクトリカルパレードが流れる中、俳句の書かれた掛け軸がシュレッダーにかけられ盛大な紙吹雪と化すという、さらにオチ要員としての扱いが顕著となる(梅沢も「これをやるために俺を永世名人にしたんじゃないだろうな?」と愚痴っていた)。

一方でそんな梅沢が番組で見せる喜怒哀楽のリアクションや、夏井先生や浜田と繰り広げる漫才やコントの様なかけ合いが番組の人気に大きく貢献している事も事実で、実際、上述した昇格記念スペシャルで取り上げられたシーンはいずれも、番組の歴代高視聴率の上位に入っている。
得意げな顔で作品を発表→ボツ判定を下され、一転して仏頂面に→何が駄目なんだと食って掛かるも、夏井先生に一蹴・添削されやり込められる→憮然、もしくは苦笑いでシュレッダーを見守るという一連の流れは、「これがないと物足りない」「シュレ沢さん」などと視聴者から好評で、梅沢もそれを理解しており、痛し痒しらしい。

余談

  • 過去に不倫をしたことがある。妻には大阪に行くと嘘をついて実際は沖縄県に行っていたが、沖縄に台風が来てしまい、なんとかして帰ろうと空港で交渉しているところがニュース中継でたまたま映ってしまい妻にばれた。
  • 毒舌家のスタイルは、「あくまで自分の本業は大衆演劇であり、いつ降板しても構わない」という良い意味での開き直りによるもの。多忙を極める現在でも、劇団の仕事や地方巡業を優先しており、その時はテレビのレギュラーは欠席している。
  • 上述の「プレバト!!」に出るようになってから、子供からのファンレターが多く届くようになり、「非常に嬉しい」と述べている。また、俳句の仕事は「プレバト!!」だけと決めており、俳句絡みでのCMや他番組のオファーは全て断っているとの事。


関連タグ

俳優 男優
藤村富美男:名の由来。
レモンサワー:「レモン沢富美男
エレクトリカルパレード: プレバトで自身の俳句がボツにされてシュレッダーにかけられてしまう時のBGM。

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「梅沢富美男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3914

コメント