ピクシブ百科事典

藤村富美男

ふじむらふみお

元大阪(現・阪神)タイガースの初代ミスタータイガースの選手、監督

概要

数多くのプロ野球記録を残し、また多くの日本プロ野球初記録も残した、初代「ミスター・タイガース」である。

プロ入り前の高校野球(当時中等野球)では優勝投手や、奪三振19を記録するなど、多くの記録を打ち立てた名投手であった。結成されたばかりの日本職業野球の大阪タイガースに入団。

最初の日本プロ野球記録は、打者としてでなく投手としてであった。1936年の公式戦第1戦で先発登板し、完封勝利。阪神の歴史史上初めての勝利投手であり(3戦目には敗戦投手となっており、これも阪神史上初)、プロ入り初登板初完封の初達成者でもあった、対巨人戦でも初めての勝利投手ともなっている。この年の秋季(当時、春秋の2シーズン制)では投手として6勝、打者としては2本ながら本塁打王を獲得。日本初のサイクル安打も達成している

戦後は物干し竿バット(長さ37~38インチ)で人気を博し「東の川上、西の藤村」と言われるほどの大スター選手となり、1949年には49本塁打で2度目の本塁打王獲得。現役通算では打撃三冠部門(首位打者、本塁打、打点)で9度獲得するなど、これは球団史上最多(掛布は6度、田淵は1度)。戦後すぐ1946年と1955年からは監督も兼任していた。晩年は「代打ワシ」で代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録するなど、最後まで記録と記憶に残る選手であった。

4年間の監督時代の成績は勝率.583で今だったら決して悪くない成績だが、優勝は一度もできないままであった。これは当時二リーグ制分裂で大量に阪神から選手が離脱したせいでもあった。「ダメ虎」と言われるのはこれよりもっと後の話であり、これだけの成績を挙げながら優勝出来なかった事や、選手による排斥事件もあり解任されている。

引退後、その背番号10は永久欠番となっており、阪神においては背番号10をつけた唯一の選手となった。

人柄

良く言えばショ-マンシップに富んだ選手ではあったが、悪く言えばワンマンであり、他選手との軋轢も多く、監督時代には藤村排斥事件が起きており、よくも悪くも阪神の伝統を作り上げた人物であった。

とは言え、224本塁打、1694安打はその数字だけでも、歴代阪神選手ではトップクラス。用具が粗悪な時代だったと言う事や兵役で数年活動出来なかった事を考えれば、間違いなく史上最高の選手だったと言える。

コワモテで豪快というイメージそのままの大選手で、実績はともかくそれを後に引き継いだと言える川藤幸三であっても藤村の前では直立不動で何も言えなかったくらいだったが、藤村はそんな川藤の豪快さを「阪神の中心選手はそれで良い」と認めていたという。

1977年に俳優としてテレビ時代劇『新・必殺仕置人』の元締・虎役でレギュラー出演。

pixivに投稿された作品 pixivで「藤村富美男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 549

コメント