ピクシブ百科事典

県庁所在地

けんちょうしょざいち

県の行政・政治の中心である県庁が置かれている都市。

行政政治中心である県庁が置かれている都市のこと。

ほとんどの県は県庁所在地の都市名または名が県名の由来となっている。例外は北海道栃木県埼玉県神奈川県石川県三重県兵庫県愛媛県沖縄県などがある。県の合併・分割・県庁移転を経るうちに県名と異なってしまったところが多い。北海道や沖縄県は広域地名を由来としている。神奈川県は、幕末に神奈川を開港することが決まったのだが、攘夷の機運が高まっている時期に栄えている神奈川を開港すると危険というとこで、近くの田舎である横浜を開港することになった。兵庫県も同様に、栄えている兵庫を開港するのは危険ということで、近くの田舎である神戸を開港することになった。このことが経緯となって現在の県名になっているようである。愛媛県は特殊で日本神話からとられている。

戊辰戦争で旧幕府軍についたところは県名と県庁所在地名を異なる名前にさせられたという説を宮本外骨が唱えたが、もちろん誤りである。愛知県などのようにそもそもこの法則に当てはまっていない県がたくさんある。現在の47都道府県は何度も合併や分割を繰り返して誕生したものであり、県名が決まった経緯は県ごとに異なるため一つの法則のみで判断することはできない。

ほとんどの県庁所在地は県内で最も人口の多い都市であることが多い。例外は福島市(いわき市郡山市より少ない)・前橋市(高崎市より少ない)・静岡市(浜松市より少ない)・津市(四日市市より少ない)・山口市(下関市より少ない)。

関連タグ

県庁所在地擬人化 都道府県庁所在地

コメント