ピクシブ百科事典

熊本城

くまもとじょう

熊本県熊本市にある城。姫路城、名古屋城とともに日本三大名城に数えられる。(日本三大名城については異説が多々存在する)
目次[非表示]

概要

熊本県熊本市にある。別称にある銀杏城とは、城内に非常食用(銀杏の実)が取れるよう多くのイチョウが植えられていることからきており、特に天守閣に植えられている大銀杏は籠城に備えて加藤清正みずからが植えたといわれている。

中世に隈本城があった丘陵(茶臼山)に、より大きな城として、加藤清正により築城、城の築城とともに「隈本(くまもと)」という地名は「熊本」に改められた。
町割りを定めるにあたって、清正は道路を城を攻めにくいように曲げており、このことが判明したのは明治時代にドイツの軍人が指摘したからであって、現在にいたっても熊本市に渋滞が多い原因であるとされている。

当初は現在城の裏手にあたる東側が正面であり進入路に要害を構える縄張りであったが、元和年間に本丸西側に出丸が構築され、街道を城内に囲う形で西向けに改築された。これは細川氏改易に伴い鹿児島に対し通行の際に城の威容を誇示するための施策と考えられている。

明治に入り城地は陸軍省の所轄となり、建造物は解体を命じられたが、当時の熊本藩、前藩知事の細川韶邦の反対により見送りとなった。

明治維新後も官軍が常駐していたが、主な建物の多くは西南戦争(明治10年(1877年))の際に一部が解体され、後に天守はじめ殆どの建物の大半が原因不明の火災により焼失した。これは、鎮台司令官・谷干城がみずから火を放ったとも、西郷隆盛率いる薩軍が火を放ったとも言われている。
昭和35年(1960年)、残されている古写真および文献をもとに、大小の天守閣が鉄筋コンクリートで復元された。
その後も最盛期の建築を復元する構想に基づき、数寄屋丸三重櫓の続櫓部分、西大手門、未申櫓、戌井櫓、飯田丸互階櫓が再建され、平成19年(2006年)に本丸御殿が再建され、往時の景観を復元しつつあった。
ところが、後述する平成28年熊本地震の影響により天守はじめ多くの石垣や櫓が崩壊した。
現在、熊本市民の感情を考慮し、天守を最優先に再建事業を進められている。

  • 櫓…多数の多門櫓が今でも残っており、石垣の上に延々と並んでいるのは見ごたえがある。曲輪の内側から見ると、ちょっと拍子抜けかもしれない。かつては、五階櫓と称せられる三層櫓(飯田丸互階櫓、裏五階櫓、数寄屋丸五階櫓)が建造され、天守に並ぶ威容を誇っていたが西南戦争前後に失われ、飯田丸互階櫓がようやく再建され、震災からも辛くも破損を逃れた。築城されたころの建物には、非常食として壁に味噌をしみ込ませた芋がらをひもにして壁に塗りこめていたと伝えられている(これは熊本城に限らないが)。

  • 武者返し…熊本城の代名詞ともいえる石垣。この雄大な石積みは裾野が広く、上り始めは緩やかな勾配を保っているが、上っていくにしたがって急勾配になり、最後は太刀の峰が反り返っているようになっている。これは攻め入った兵が侵入しにくいよう工夫されているものと考えられていたが、圧力分散のために計算された構造と解釈されている。後年に築造された、技術の進んだ石垣は、急斜角で建造されている。

  • 石垣…上記のとおり、武者返しが熊本城の代名詞となっているが、江戸時代中期に修築されたものも多く残されている。近年の研究では平成28年熊本地震で崩壊したものの多くはその時代に作られたものであり、加藤清正が築いたものは地震に耐え崩壊することがなかったという。

  • 大天守・小天守…当初は独立式の大天守のみが毛の宇され、内部は地階が井戸を持つ台所、一階以上は畳敷きの立体御殿として機能した。天守台より一階平面が大きい構造で、萩城天守、高松城天守に見られる構造であった。後に小天守が増設された。この小天守は後述の通り加藤清正が豊臣秀頼を迎えるために増築したとの伝説もある。江戸時代を通して存続したが、明治10年の西南戦争で原因不明の火災焼失した。現在は鉄筋コンクリートにより外見を再現、内部は熊本城に関係する展示をしていたが、後述する平成28年熊本地震の影響により内部が崩壊。震災後に段階的に解体し、令和2年(2020年)までの再建を目指し、スロープによる再建課程を、令和元年(2019年)10月より土・日、祭日限定で公開している。かつては本丸御殿とも接続していたとされている。

  • 宇土櫓肥後本土南部を領していた宇土城主・小西行長関ヶ原の戦いにおいて西軍側について敗北後処刑されたが、北半国を領していた清正は肥後一国を領することになり、多くの小西旧臣を召し抱え、行長の居城・宇土城を廃城とすることとなった。このとき、宇土城から移築されたのが宇土櫓である――と言われていたが、解体修理の際に移築の跡が認められなかったため、実際には「宇土にいた小西旧臣が管理する櫓」という理由で命名されたのではないかという。
華美な装飾がいっさいないこの櫓は、前述の西南戦争による焼失を免れ、質実剛健な戦国時代の遺風を今も残している。江戸時代の櫓で現存する最大の櫓であり、小さめの城の天守くらいの大きさがある。当初は二層であったが後に三層に改築されたという検証もある。

  • 本丸御殿…藩主が普段の生活を営むための建物である。武骨な熊本城の櫓や石垣とは異なり、天守内部同様豪華絢爛な内装で飾られており、藩主の上位に立つものを迎えるための「昭君の間(王昭君の絵を飾っている)」が作られている。一説には「昭君」とは豊臣秀頼のことであり、万一、大坂城が落ちた場合、清正はこの城(熊本城)に秀頼を迎えて徳川方の軍勢と一戦をまじえるつもりではなかったかと言われている。本丸への主要な通路は、御殿の下の地下通路になっている。

  • 井戸…城内には底の深い多くの井戸が掘られており、籠城戦になった場合、城兵が水に困らないよう工夫されている。その吸い込まれるような深さは城が落ちた際、城主がいずこかに落ち延びるために秘密の通路があったといわれている。

  • 加藤忠広(清正の子)が改易された際、細川家の初代藩主となった細川忠利は熊本城の広大さに驚愕、「この城(熊本城)を預からせていただきます」と言い、天守閣から清正の眠る金峰山(加藤家の菩提寺である本妙寺の方向)に向かって一礼したという逸話が残されている。

  • なお、余談ながら、肥後の細川家領には県南西部に八代城(八代市)という城郭があり、家老の松井氏が城主として世襲相続していた。幕府は、当時、「一国一城令(一藩に一つの城だけをもつことを許し、城の改築・増築には幕府による許しが必要であるとの法律)」という法令を『武家諸法度』に定めており、一説には薩摩の島津氏を監視するために、特例として肥後・細川氏に認めたのではないかと言われている。また、南東部は人吉藩領で相良氏が城主を務める人吉城があり、天草諸島は江戸時代初期は唐津藩の飛び地、島原の乱終結後に幕府直轄領にされたので、熊本県すべてが熊本藩領だったわけではない。

観光名所の一つでもあるが、場内にはコスプレ係員も多数。ゆるキャラもいる。

平成28年熊本地震による被害

平成28年熊本地震の2度にわたる震度7の地震並びに度重なる余震の打撃で石垣の一部崩落が53ヶ所、櫓など建造物の倒壊が17ヶ所、他に屋根瓦・しゃちほこの落下の被害が相次いで発生した。
この被害は大きく、修繕には多額の費用と年月がかかると見込まれており、2016年6月18日現在、建物の再建に210億円、石垣などの復旧に350億円の合計560億円が見積もられている。。
これに対し、各地の城趾に復旧のための募金箱が置かれ、日本財団も30億円を寄付。
熊本市でも、一般の被災者用の義援金募集と並行する形で、城の再建用義援金を受け付けている。

余談

キン肉マンキン肉星王位争奪編ではキン肉スグル率いるキン肉マンチームとキン肉マンマリポーサ率いる飛翔チームの試合が場内特設リングで行われた

ゴジラvsスペースゴジラではゴジラが接近する場面があるが、それ以降の描写がないため、破壊を免れた可能性もある。ウルトラマンティガにも実写で登場した。いずれも城のミニチュアを作れる特殊美術要員が断絶しているため破壊シーンはなかった。


外部リンク

熊本城公式ホームページ
熊本地震災害への支援等(義援金・寄附金・熊本城支援金)について

関連イラスト

【熊本】熊本城【風景】


熊本城


関連タグ

熊本市  熊本藩 加藤清正 銀杏
ガンパレード・マーチ
キン肉マン

関連記事

親記事

しろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「熊本城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114993

コメント