ピクシブ百科事典

概要

武田氏滅亡後に甲斐国の領主になった徳川家康が天正13(1585)年に旧一条忠頼居館の跡地に起工する。
しかし家康自身が関東に移封されたこともあり、築城は次の城主に引き継がれ、完成したのは浅野長政の代の頃になる。
江戸時代は徳川家の血筋の者や柳沢吉保が入封するが、後に幕府直轄領となる。
現在は本丸と二の丸が舞鶴公園として整備され、稲荷櫓などが復元されている。

関連タグ


徳川家 柳沢吉保

関連記事

親記事

しろ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「甲府城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79

コメント