ピクシブ百科事典

真田信綱

さなだのぶつな

戦国時代の武将。武田信玄、勝頼の2代に仕える。真田幸隆の長男として弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将。武田二十四将にも数えられる。
目次[非表示]

生年……天文6年(1537年)
没年……天正3年5月21日(1575年6月29日)

概要


真田幸隆の嫡男で、真田昌幸の兄。通称は源太左衛門、左衛門尉。

真田幸綱(幸隆)の長男として誕生。父から『綱』の字を受け継ぐ(当時は『幸』ではなく、こちらが真田の通字だったとする説も)。そして主君である武田信玄からは、信玄が多くの家臣に与えていた『昌』(祖父・武田信昌に由来)ではなく、武田氏の通字『信』を与えられた。この辺りからも、信玄の真田氏への期待と信頼が見える。そして信綱もそれによく応えてみせた。

同母弟の真田昌輝は信玄の小姓となり、のちに「百足衆」と呼ばれる部隊を率いる。同じく同母弟の真田昌幸は武藤氏に、真田信尹は加津野氏に養子入りし、やはり信玄の小姓を経て、戦場で活躍している。

一方の信綱は、父・幸綱の後継者として現地でガッツリ経験を積まされていたようだ。『甲陽軍鑑』によれば、1561年の第四次川中島の戦いでは父とともに別動隊に参加していたという。

やがて病に倒れた父に代わって、1567年頃に真田家の家督を継承した。(幸綱は1574年死去)

以後、駿河侵攻、西上作戦といった信玄後期の戦いに専ら昌輝とコンビで参戦。多くの戦で先鋒を務め、その武勇は野戦でも攻城戦でも高く評価されていた。武器は青江貞次作とされる三尺三寸の大太刀である。三方ヶ原の戦いでもやっぱり先陣に立ち徳川家康をボコボコにして脱糞させている

この頃の真田一族の立場の高さに関しては、兵力を見ると分かりやすい。信綱は騎馬200を率いる立場で、これは信濃の領主たちの中でもダントツトップである。これにプラスして、昌輝は別家を建てることを許されており独自に騎馬50、更に武藤家を継いだ昌幸と加津野家を継いだ信尹が各騎馬15。
もちろんそれだけの戦力を揃える負担を強いられるが、武田家信濃衆の中でも真田一族は既に破格の存在だった。

信玄死後も武田勝頼に引き続き仕えたが、1575年、長篠の戦い真田昌輝と共に討死した。享年39歳であった。

この時は馬場信春が率いる右翼に陣取った。対する佐久間信盛隊に向けて突撃し、馬防柵を大太刀でバッタバッタと薙ぎ払い、怒涛の勢いで敵陣へと肉薄するも、鉄砲隊の銃弾に倒れた。信綱・昌輝兄弟のほか、土屋昌次もここで討死し、馬場信春が命を懸けて殿を務めた事で勝頼は甲斐へと生還した。

信綱の首は織田・徳川方に取られたが、その後家臣の白川勘解由・北沢最蔵の兄弟によって鎧と一緒に甲斐へと戻ってきた。この時、彼の首を包んでいたのは信綱が愛用していた陣羽織で(※白川勘解由の陣羽織とも)「血染めの陣羽織」と呼ばれ、鎧と共に現存する。白川兄弟は使命を全うすると、主の後を追って殉死した。

人物


父と弟は智謀の人だが、彼は武勇にたいへん優れており、周囲からも次代を担う人材として大きな期待をかけられていた。だが、長篠の戦いにて壮絶に討死を遂げる。

彼の死により、弟の昌幸が当主となり、武田家滅亡後の荒波を乗り越えていくのは良く知られている通り。そして真田の「武」は40年後、甥の真田幸村信繁。左衛門佐)によって天下に轟く事になる。

武田家滅亡後も昌幸の智謀で真田家は生き延びる。『攻め弾正』と呼ばれた父・幸隆、『表裏比興の者』と呼ばれた弟・昌幸にはさまれて若干影が薄い信綱であるが、その剛勇は昌幸からも尊敬されていたと言われる。長篠の戦いは武田四名臣を始めとした多くの功臣たちのみならず、信綱のような次を担う人材の多くを死なせてしまった事が痛恨とも言える。

だが信綱が示した真田の武勇は、その後40年の時を経て、甥・真田信繁によって再び天下に名を馳せる。奇しくも、彼もまた「左衛門」の名を持つ人物だった。(信綱にあやかったともいわれる)

創作作品


信長の野望シリーズ
とっても微妙。もっと評価されるべき。騎馬武者としてはいっぱしなのだが、彼が存命している時代は当然山県や馬場たちも存命であり、一方真田家中となると周りがチート揃いという悩めるお兄ちゃん

漫画「センゴク
第2部となる「天正記」の序盤で長篠の戦いが描かれ、主人公・仙石権兵衛の陣へと肉薄するも壮絶に討死。だがこれは、仙石家と真田家の奇妙な縁の始まりであった。

pixivに投稿された作品 pixivで「真田信綱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 916

コメント