ピクシブ百科事典

越前松平家

えちぜんまつだいらけ

越前松平家とは徳川家支流の御家門の一つ。
目次[非表示]

概要

徳川家康の次男結城秀康が始祖で越前家と呼ばれた。秀康は最初豊臣秀吉の猶子になり後に結城晴朝の養子になる。関ヶ原の戦いの後越前国に67万石と下総国結城軍を与えられた。秀康は晩年に松平姓に戻し、越前松平家の祖となった。
越前松平家は、元和2年(1623年)、2代・忠直(秀康の長男)が不行跡の末に一度改易、新たに秀康の次男・忠政に50万石を与え再興を許した。
以後、越前藩は藩領を削減され、幕末には32万石を領することとなった。

越前松平家の分家

家名石高家祖
津山松平家美作国津山藩10万石松平忠直(結城秀康の長男)
福井松平家越前国福井藩32万石松平忠昌(結城秀康の次男)
松江松平家出雲国松江藩18万石松平直政(結城秀康の三男)
前橋松平家上野国前橋藩17万石松平直基(結城秀康の五男)
明石松平家播磨国明石藩8万石松平直良(結城秀康の六男)
糸魚川松平家越後国糸魚川藩1万石松平直堅(松平光通の男子)
広瀬松平家出雲国広瀬藩3万石松平近栄(松平直政の次男)
母里松平家出雲国母里藩1万石松平隆政(松平直政の三男)


外部リンク

越前松平家 - Wikipedia

関連タグ

武家 越前国 松平家 徳川家 結城秀康 松平慶永(春嶽)

関連記事

親記事

結城秀康 ゆうきひでやす

コメント