ピクシブ百科事典

越前松平家

えちぜんまつだいらけ

越前松平家とは徳川家支流の御家門の一つ。北ノ庄藩(のち福井藩)が本家。
目次[非表示]

概要

徳川家康の次男・結城秀康が始祖で越前家と呼ばれた。秀康は最初豊臣秀吉の猶子になり後に結城晴朝の養子になる。関ヶ原の戦いの後、越前国に67万石と下総国結城郡を与えられた。秀康は晩年に松平姓に戻し、越前松平家の祖となり北ノ庄藩初代藩主となった。
越前松平家は「制外の家」と呼ばれるほどだったが、元和2年(1623年)に2代・忠直(秀康の長男)が不行跡の末に改易。のち江戸幕府は忠直の弟・忠昌に50万石を与え再興を許し、忠昌は北ノ庄の地名を福居さらに福井と改め藩名も福井藩となった。
以後、越前家本家の福井藩は藩領を削減され、幕末の松平慶永(春嶽)の時代は32万石だった。

越前松平家の分家(福井藩再興後)

家名石高家祖
津山松平家美作国津山藩10万石松平宣富(松平直矩の次男)
福井松平家越前国福井藩32万石松平忠昌(結城秀康の次男)
松江松平家出雲国松江藩18万石松平直政(結城秀康の三男)
前橋松平家上野国前橋藩17万石松平直基(結城秀康の五男)
明石松平家播磨国明石藩8万石松平直良(結城秀康の六男)
糸魚川松平家越後国糸魚川藩1万石松平直堅(松平忠昌の嫡子・光通の男子)
広瀬松平家出雲国広瀬藩3万石松平近栄(松平直政の次男)
母里松平家出雲国母里藩1万石松平隆政(松平直政の三男)


なお、松平直基の家系は晴朝死後、結城氏を継ぎ松平に復姓した後も結城氏の祭祀を継いでいる。このため前橋松平家の家紋は松平家の三つ葉葵ではなく結城氏代々の結城巴と直基の父・秀康が元養父の豊臣秀吉から許された太閤桐を用いている。また、映画「引っ越し大名!」に登場した松平直矩は直基の子である。
ちなみに松江松平家からは茶道の不昧流を興したことなどで知られる松平治郷(不昧)を出している。

外部リンク

越前松平家 - Wikipedia

関連タグ

武家 越前国 松平家 徳川家 結城秀康 松平慶永(春嶽) 引っ越し大名!
御手杵:結城秀康の愛槍。後に直基に譲られ前橋松平家伝来となる。

関連記事

親記事

結城秀康 ゆうきひでやす

コメント