ピクシブ百科事典

長坂釣閑斎

ながさかちょうかんさい

長坂釣閑斎とは戦国時代の武将で、武田家の有力な家臣である。永世10(1513)年〜天正10(1582)年。
目次[非表示]

概要

長坂釣閑斎は、甲斐武田家の重臣であり、小笠原家の庶流の長坂家の嫡男として1513年に生まれる。幼名は不明だが、元服後は光堅(みつかた)と名乗ったらしい。

しかし、資料に名前が出てくるのは晴信(武田信玄)が武田家の家督を継いだ1541年以降である。資料自体が少ないのではっきりとした活躍は不明だが、高い行政能力持ち、晴信からの信頼を勝ち取ったようで、1548年に上田原の戦いで武田家譜代の重臣板垣信方が討死すると、彼の務めていた諏訪郡代の役職を齢36歳の若さで命じられている。少し話は遡るが1542年の安国寺の合戦では、敵将高遠頼継の弟、高遠連峰謙を討ち取るなど若い頃は、積極的に戦う武将であったとされる。
1550年代前半は、どこの城主かは不明だが、諸角虎定真田幸隆らと北信濃で村上氏についた豪族や国人の調略を担当していたらしい。1559年に晴信が出家し「信玄」と名乗ると、光堅も出家し「釣閑斎」と名乗る。
1560年代は、詳しい活動は不明だが、釣閑斎と思われる人物が武田家において、内政を担当していた。また、川中島の合戦箕輪城攻めと言った合戦に出陣していたらしい。 また、信玄の嫡男の武田義信が守役飯富虎昌謀反を起こした際には、甥の長坂勝繁が謀反に加担するも、山県昌景と共に信玄に密告したとも言われている。義信の謀反により、信玄の四男武田勝頼が武田家の跡継ぎとなると、勝頼に気に入りの家臣となる。
1573年に信玄が病死すると、武田家の重臣として、跡部勝資共に勝頼を内政や外交に関する補佐を行った。なお、勝頼を嫌う重臣の内藤昌豊真田昌輝とは激しく対立したと伝えられる。
そして、明くる年の1575年に長篠の合戦が起き、信玄譜代の重臣が討死したため、事実上の武田家筆頭家老のような立場に置かれることになる。
その後も長篠の敗戦を立て直し、勝頼を善く補佐するも1579年に徳川方に高天神城を奪われ、小館の乱により、北条家と対立。そして、1582年の織田軍による甲州征伐の際に、勝頼に最期まで付き従い、天目山の合戦で討死した。享年70歳。

長坂釣閑斎は奸臣だったのか?

長坂釣閑斎は一般的に、主君である勝頼におべっかを使い、自分の出世や地位の為なら、ありもしない讒言で周りの人間を陥れ、武田を見限った奸臣としてのイメージが強い。高坂昌信の証言を元に書き出したとされる武田家の資料の甲陽軍鑑には、「口だけしか動かさない男」として信玄には重用されていなかったと書かれており、また甲斐武田家の滅亡時を記録したとされる甲乱記には、釣閑斎は勝頼を見限り逃げたが織田方に捕まり処刑されたと書かれている。
しかし、甲陽軍鑑は資料に信憑性が怪しい部分も多く後世多くの改竄をされた部分もあり、また勝頼やその側近たちを悪く言っている部分もある為、釣閑斎も軍鑑による風評被害を受けた可能性が高い。釣閑斎の最期に関して、織田家家臣の太田牛一が書いた信長公記では、天目山の合戦で討ち死にしたとされている。
他の釣閑斎の悪行も見ていくと、
―長篠の戦いの時に、勝頼に織田軍との合戦を主張し、反対する山県らの意見を退けた。
→勝頼が釣閑斎当てに長篠の戦いの数日前に、送った書状には釣閑斎が甲斐のどこかの城を守備する役目を預かっており、そもそも長篠にはいなかった。
―釣閑斎は身分の低い浪人の身であるのに関わらず、勝頼を甘言で惑わして、出世した。
→長坂家は名門小笠原家の血筋を引く格式の高い家柄である。また、長坂家は少なくとも釣閑斎の祖父の代から武田家に使える重臣の家であり、身分の低い浪人ではない。また、勝頼が信玄の遺訓に基づいて家督を継いだ時に、山県や内藤と言った重臣たちは勝頼に否定的だった、そんな中家中での年長者の釣閑斎は勝頼を支持したとなれば、釣閑斎が厚遇を受けても不自然ではない。
―釣閑斎は、小館の乱の際に、上杉家の重臣斎藤朝信を通じて、賄賂して金5万量を受け取った。
→小館の乱の際に、武田家が交渉を担当したのは、跡部勝資武田信豊であり、釣閑斎には賄賂を受け取る余地はない。
などの多くの悪行と伝えられているが、どれもこれも根拠のないものであり、実際の人物像と大きく欠け離れている。



関連タグ

戦国武将 武田 武田信玄

関連記事

親記事

武田信玄 たけだしんげん

兄弟記事

コメント