ピクシブ百科事典

上杉景虎

うえすぎかげとら

上杉景虎とは、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
目次[非表示]

概要

天文23年(1554年) ~ 天正7年3月24日(1579年4月19日)。
北条氏康の七男。母は遠山康光の妹とされる。

初めは北条三郎と名乗ったと推定されるが、幼いころから人質として他家を転々とさせられる。
後に上杉と北条の同盟締結に際して、上杉謙信の元へ養子に出され、謙信の以前の名であった「景虎」をもらい、上杉景虎となった。

しかし、謙信が後継者を明確にしないまま急逝すると、上杉家の相続を巡って義兄弟の上杉景勝と争う「御館の乱」が起こってしまう。

当初は実家の北条氏とそれと手を組んでいた武田勝頼のバックアップにより景虎側が優勢であったが、景勝側は次第に形勢を返し始め、孤立無援となった景虎は実家である北条家に助けを求め小田原に逃れようとした。しかし、その途中部下の裏切りに会い、追いつめられた景虎は鮫ヶ尾城にて妻・華姫(清円院)らとともに自害し、その生涯を閉じた。享年は26歳とされる。

容姿端麗で聡明な人物であったと記録が残っている。
若くして志半ばに命を落とした美貌の青年って・・・それなんてドラマ?

関連作品

天地人(大河ドラマ)

上杉景虎(2009)


演:玉山鉄二

炎の蜃気楼

鮫ケ尾


詳しくは仰木高耶の項目を参照

100万人の戦国無双

景虎


詳しくは100万人の戦国無双の新武将一覧の項目を参照

戦国無双

武器:刀 声:草尾毅(3) 金本涼輔?(4)

敵ながら鮮やかな車懸の陣…さすがは兼続」(3猛将伝(3Z):綾御前の章・御館の乱より)
父・氏康と、義父・謙信の名は汚さぬ!」(4Empires特殊台詞:名前表記が上杉景虎時のみ)

3では手取川の戦いや御館の乱で登場し、後者では総大将として登場しており、兼続が車懸の陣を発動した際に敵ながら賞賛していた。

上杉景虎


4では顔が固有の特殊NPCとして登場しており、性格も上述の『100万人』に比べて誠実で血気盛んな好青年として描かれている。

主に「北条の章」「上杉の章」に登場。とくに「上杉の章」においては、景勝と対をなすもう一人の主人公とも言えるほどストーリーに大きく係わっている。
北条氏康の子として、早川殿をはじめとする他の姉弟たちととも小田原城に暮らしていたが、上杉謙信の襲撃を受け、領民を守るために両家和睦の人質として上杉家に送り出される。

当初は「家族に捨てられ居場所を失った」と悲嘆し自刃を図るが、謙信とその姉・綾御前に静止される。その後、謙信の養子として迎えられ、居場所を与えられたその恩に報いようと戦場で武功を上げんと邁進する。謙信・綾を慕う一方で、綾の実子である景勝のことは「上杉の血縁に胡座をかいている」とし心良く思っておらず、合戦前に食って掛かるなど強い対抗意識をみせている。

DLCの追加シナリオにおいても高い頻度で合戦に参加しており、討伐ミッションに組み込まれるなど何かと目立っている。『ダービー無双(JRA)』にもムービーにちゃっかり登場した。ファンの間では「ここまで目立ったのだから、続編タイトルでPC化するのでは?」と期待の声も上がっている。
(実際、各ナンバリングで上杉家に縁ある武将が必ず一人は参戦している。)

ただし、固有デザインは頭部のみで衣装は他の汎用武将と同様、なおかつCVも固有に割り振られていない、また本作には彼と同様の扱いのキャラクターが複数存在し(例:武田勝頼、今川氏真、高橋紹運…など)、過去タイトルの特殊NPCに比べると扱いに大きく差があるため、「あくまでキャラクターを見分ける程度の設定付けではないか?」とも考えられ、同時に「ここまで目立ったのなら、もう次回作でやることがないのでは?」という意見もある。

ちなみにNPCのため本編では使用できないものの、本作オリジナルモードである「流浪演舞」では仲間にすることでパートナー武将として使用可能になる。
武器は凡庸武将と同じを使用、台詞も他武将と共通で特殊会話はない。
余談だが、上杉景虎の妻である華姫もパートナー武将として登場している。こちらも武器は刀。
ただし、両者ともパートナー枠でしか選択できないので夫婦揃っての出陣は不可能である。

4Empiresでも登場しており、特殊台詞が追加された。(ただし特殊名乗りが出るのは名前が上杉景虎のみで北条三郎だと汎用台詞なので注意)

関連タグ

戦国時代 武将 大名
後北条氏 北条氏康
上杉謙信 華姫
上杉景勝 御館の乱

pixivに投稿された作品 pixivで「上杉景虎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 375242

コメント