ピクシブ百科事典

御館の乱

おたてのらん

御館の乱とは、1578年に起こった越後上杉氏の家督騒動。
目次[非表示]

概要

戦名御館の乱(おたてのらん)
時期戦国時代(天正6年(1578年)3月 ~ 天正7年(1579年)3月)
戦地主に御館 (現在の新潟県上越市)
両軍と各陣営の戦力
結果景勝軍の勝利、家督相続。景虎軍の敗北、自害。


天正6年(1578年)、上杉謙信の急死により巻き起こった米沢上杉氏の家督騒動(内乱)。「御館(おたて)」とは、謙信が関東管領・上杉憲政を迎えた時にその居館として建設した関東管領館の事を指し、乱の当事者の一方である上杉景虎が本拠としていた場所でもある。

生涯不犯を誓っていた謙信には実子がおらず、また遺言にも家督相続に関する事は記されていなかったため、上杉家中は二人の養子をそれぞれ後継者として支持する派閥によって真っ二つに割れる事態になり、内乱にまで発展してしまう。

二つの派閥

まず、相続候補とされたのが長男・上杉景虎(かげとら)。
彼は元々相模を治める北条氏康の子として生まれたが、永禄12年(1569年)に結ばれた越相同盟にて、謙信の姉の仙桃院(綾姫綾御前とも)の娘・清円院(華姫)に婿入りをし、後に謙信の養子となった。
その時まで北条三郎と名乗っていたが、元服に際し義父のかつての名を丸々貰い上杉景虎と名乗った。

そして、もう一人の候補が次男・上杉景勝(かげかつ)。
謙信の姉・仙桃院が上田長尾氏の当主・長尾政景に嫁いだ際に設けた実の息子で、清円院の弟でもある。そして彼もまた、実父の急死に伴い叔父である謙信の養子になっていた。

かたや御家が違えど義理にも兄と言う立場であり、謙信から寵愛された景虎
かたや義理にも弟であるが、上杉(長尾)家の血を色濃く引き継ぐ景勝
いずれも謙信の後継者たるに相応しい人物であった。

謙信自身も存命だった頃に、景虎に「家督を譲っちゃおうかな(現代語訳)」と言った(但し、曖昧に)とされる説もあるが、その一方で景勝に弾正少弼の官職を譲るなどして、景勝を全力でサポートする一面も見られたり、後述の通り亡くなる間際に景勝を後継者として選んだという見解も存在する。
近年では景虎に関東管領と山内上杉氏の当主を、景勝に越後国主と越後長尾氏(もしくは長尾上杉氏)の当主をそれぞれ継がせるつもりであった、という説なども出てきているが未だ明快な結論は出ていない状態である。

内乱の勃発と経過

謙信の死の直後からすでに内乱は小規模ながら始まり、上杉家中はこの候補者二名をそれぞれ支持する派閥に分かれていく形で徐々に溝を深めていった。そうして両者がにらみ合いを効かせる最中、景虎派の柿崎春家が景勝派に暗殺されたとの報が入ると、内乱は一気に表面化した。

景勝は“義父の遺言”を大義名分に春日山城の本丸を確保、金・印・兵器庫なども接収し守りを固めていた。彼の側には子飼いの上田衆だけでなく、謙信側近や旗本の大多数、それに下越地方に勢力を持つ「揚北衆」と呼ばれる豪族たちが味方に付いた。特に家中に影響力の強い直江信綱が景勝の側に付いた影響は大きく、この事から家中においては景勝こそが候補者と目されていたと考えられている。
一方の景虎は、当初春日山城の三の丸に籠るも早々に退去、上杉憲政を頼りに御館に閉じ篭った。こちらには上杉一門の大半や、北条高広を始め上越方面に勢力を持つ重臣たちが加担した。元々長尾氏は同族同士で長年に亘って反目し合っていた経緯があり、これが上田長尾氏出身の景勝が家督を継ぐ事への反発、ひいては一門衆の景虎への助勢に繋がったという側面もあった。さらに実家である小田原北条氏を始め、後述の周辺諸国の大名が景虎支持に回った事実から、対外的には彼が後継者と見られていたのではないかと見る向きもある。

景虎は北条高広・景広親子らの活躍により、上野方面を制して関東への経路を確保すると、実兄である北条氏政に救援を求めた。とはいえ氏政もこの頃、佐竹・宇都宮の連合軍と戦端を開いており容易に兵を動かせる状況になく、当座の策として甲相同盟を結ぶ甲斐の武田勝頼にも救援を依頼、それに応えて勝頼は武田一門の武田信豊率いる2万の軍勢を派遣している。この他奥羽の蘆名盛氏伊達輝宗らも景虎側に味方し兵を送るなど、当初の戦局は景虎側優位に推移していた。

それと同時期に、勝頼は景勝側からの和睦要請を受ける形で両者間の調停を試み、景勝側との接触が行われるようになる。その最中、勝頼に対して「充分な金を差し上げるのでこちらに寝返らないか?」という交渉を持ちかけられた。
この頃の武田家は、天正3年(1575年)の長篠の戦いでの大敗により金と兵力を失っており、勝頼にとっては渡りに船も同然な申し出であった。結果、勝頼は妹の菊姫の景勝への輿入れと、上杉領である東上野の割譲を条件にこの申し出を受諾、「甲越同盟」が結ばれる。勝頼は上杉領の一部と金品を受け取り、春日山城へ入る。
こうして武田が景虎支援から一転、(名目上)中立の立場に回った事により、後顧の憂いを断った景勝は景虎側への攻勢を強め始めた。一方その後も勝頼は越後に在陣し、一旦は景勝と景虎の和平を成立させたが、折悪しく徳川による軍事行動へ対応するため撤兵を余儀なくされ、和平も呆気なく破綻する事となる。

武田撤退の報せを聞いた氏政は激怒し、再び弟である北条氏照北条氏邦らを御館に向かわせたが、深雪に見舞われ進軍が不可能になってしまう。このままでは進むにも進めず、また家臣や兵達の体力も限界がきており、已む無く撤退を選択する。
景虎側もこの頃から兵糧の欠乏、それに相次ぐ味方の離反や落城に悩まされるようになり、徐々に自陣も崩れ始めていくなど、劣勢は目に見えて明らかであった。対して家中の支持を集めつつあった景勝は、雪解けまでに決着を付ける事を決意し、天正7年(1579年)2月に手薄となった御館への進軍を開始する。鬼と呼ばれた北条景広も最期まで奮闘を続けたが、移動中馬の上で景勝軍に槍で貫かれ、その日のうちに討ち死にした。

そして一月余りに亘る攻防の末、ついに御館は景勝側により陥落。憲政は景虎らを密かに鮫ヶ尾城へ逃がし、その隙に景虎の息子の道満丸を伴い景勝側に和議を申し出ようとするも、退けられた挙句に斬り殺されてしまう。
辛うじて脱出に成功した景虎は、兄・氏政を頼りに小田原への脱出を目指す途上、自陣営に属する堀江宗親の鮫ヶ尾城に立ち寄ったが、ここで宗親の離反に遭い退路を絶たれてしまった。実はこの時すでに宗親は景勝側の安田顕元と内通しており、景虎を追い詰める手筈を整えていたのである。これにより万策尽きた景虎は、3月24日に鮫ヶ尾城にて妻の清円院と残った子供たちと共に自害。享年26。
約一年に渡る内乱は、弟・景勝が上杉氏の家督を相続することで決着を見たが、本庄秀綱ら一部の諸将の抵抗は依然続いており、完全な収束までにはさらに1年程を要した。

この騒動の後

勝者となった景勝にとって、戦いの結果は手放しで喜べるものではなかった。およそ2年前後にも亘る内乱により国力、とりわけ軍事力は大幅に低下し、謙信時代のような積極的な外征に打って出るどころか、織田を始めとする周辺勢力の攻勢を凌ぎ切るのも困難な状態に追い込まれた。
加えて戦後の恩賞の配分についても深刻な問題が発生していた。景勝の側に付いた勢力で特に多くの恩賞に与れたのは上田衆、即ち景勝子飼いの者たちが中心であり、揚北衆を始めとするその他の豪族への恩賞は手薄いものとなった。この恩賞に対する不満が、これら豪族の調略に当たった安田顕元の自刃や新発田重家らの反逆など、越後国内における深刻な混乱を引き起こすきっかけともなったのである。

一方、武田氏にとってもこの乱はその後の命運を決定付けるものとなった。景虎の支援を依頼されていたにもかかわらず、結果として景勝の側に肩入れした勝頼に対し、怒り心頭の北条氏政は甲相同盟の手切れを宣言。さらに北条は徳川や織田と同盟を結び、憎き裏切り者の武田を挟撃せんと兵を挙げた。前述の事情から、新たな同盟相手の上杉は満足に兵を動かせる状態になく、三方に敵を抱える格好となった武田氏は急速に衰退、そして織田信長を中心とした甲州征伐により滅亡を迎えてしまう。

武田氏の滅亡で旧武田領が織田の支配下に入った事により、南と西からは織田の、北からは新発田を支援する伊達や蘆名の攻勢を受ける形となり、今度は上杉が全方向に敵を抱える状況に陥った。本能寺の変に端を発した天正壬午の乱により織田の勢力が後退し、伊達や蘆名もそれぞれの当主の死により方針転換を余儀なくされるなど、外的な要因によって辛うじて窮地こそ脱したものの、それでも自力による内乱の収拾は困難であり、結果として景勝は羽柴秀吉に臣従しその後ろ盾を得る事で、天正15年(1587年)にようやく新発田の反乱を鎮圧、越後の再統一に成功するのである。

その他

乱の発端と経緯

この乱が起こった経緯として、景虎の主導による北条氏の上杉氏乗っ取りが画策された、という見方も存在する。
当時、他家に人質(養子縁組・嫁婿入り)として送られた大名の子の役割は、両家の関係を取り持つ以外にその家の状況を主家に伝える謂わば諜報員(スパイ)としての役目も担っていたとされる。また景虎のような主家での兄弟の序列が下の者にとって、他家を乗っ取ることこそが己の出世のための数少ない手段でもあった。

その一方で乱の起こった原因や理由を、それまで語られてきたような「養子間の家督争い」ではなく、「景勝と家臣団との間の軋轢」に求める見方も出てきている。
元々謙信の生前、後継者として景勝が指名されており、上杉家中も一旦はそれで了承を見ていたものの、謙信死後の越後を狙って蘆名氏が軍事行動を起こす構えを見せた事により、束の間の安定状態にあった上杉家中の状況は大きく一変する事となる。
この時、いち早く蘆名に対する備えに当たったのが謙信時代からの重臣・神余親綱であるが、籠城の準備として独断で近隣の住民から人質を取った事を巡り、景勝と親綱との間で激しい確執が発生。上杉憲政らが両者の仲裁に当たるも収拾はつかず、その間に蘆名による越後侵攻が現実のものとなってしまった事が、結果として景勝に対する家中の信望の喪失、そして景勝に代わる当主候補としての景虎擁立に繋がった(「三条手切」)、というのである。

その他「謙信公が隠し持っていた埋蔵金」を巡って一方が一方に戦を仕掛けたという説もある。

景勝と景虎の関係性

乱の勃発に際し、景虎が「この戦は家督騒動ではなく日頃の鬱憤をお前に晴らすため戦なのさ(現代語訳)」と、景虎が景勝に手紙を送ったという説もある。もっともこの手紙が本当に景虎が景勝に宛てて出されたものなのか、あるいは家臣に唆されたり別人が書いた偽の手紙なのか、真相は不明である
(実際、家臣や同盟関係の武将が大勢死んでおり「鬱憤晴らし」では済まない状況まで発展している)。対する景勝も、乱に勝利した後「三郎(景虎)は自害しその家臣も一人残らず討ち果たした、去年以来の鬱憤を晴らし大慶である(現代語訳)」と家臣に伝えたとされている。

その一方で戦後、景虎の首級を前に景勝が慟哭したとの証言もあり、また史料上から窺える両者の関係性も決して険悪とは言い難い、ともすれば親密とすら取れる節もあり、少なくとも当人同士の関係性の良し悪しは、この乱においてさほどの影響を与えるものではなかったと見るべきかも知れない。
昨今の創作作品などでは、「同じ義父の下に集った義兄弟の仲を裂いた悲しい物語」として取り上げられる傾向にある。pixivにおいても、景虎・景勝両者を題材にしたキャラクターによるコンビイラストが大半を占めている。

関連イラスト

上杉義兄弟落書き
ぐりむそ上杉兄弟



関連タグ

戦国時代 内乱
上杉謙信
上杉景勝 直江信綱 直江兼続
上杉景虎 武田勝頼
綾姫(綾御前) 華姫 菊姫

天地人
戦国無双 (同合戦のシナリオがある) / 100万人の戦国無双
炎の蜃気楼

pixivに投稿された作品 pixivで「御館の乱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2601

コメント