ピクシブ百科事典

北条幻庵

ほうじょうげんあん

北条幻庵とは戦国時代の武将である。北条長綱とも。

生涯

北条早雲の末っ子とされ、寺に入れられる。
早雲が死去した際一族の中で最大の知行を与えられた。(還俗はしていない)
兄の北条氏綱が死去し、その嫡男の北条氏康の後見人を勤めた。
そして幻庵の死後半年後、豊臣秀吉による小田原の陣が始まる
初代の北条早雲から5代氏直まで、後北条氏の全ての当主に仕えた人物である。

人物

非常に文治のみに優れたと思われがちだが文武、共に優れたとされている。
若いころから寺に入っていたせいか礼儀作法に詳しく、北条氏康の娘が嫁ぐ際、礼儀作法についての心得を記した「幻庵おほへ書(幻庵覚書)」を持たせたとされている。
その一方で馬術と弓に秀でていたとされ、弓に至っては無双の達人であったとされている。

pixivに投稿された作品 pixivで「北条幻庵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19278

コメント