ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

生没年 天正元年(1573年)~寛永3年(1626年)9月15日
江(ごう)は戦国時代江戸時代の女性。督、江与とも。諡は崇源院。
父は近江・小浜城主・浅井長政、母は織田信長の妹・お市の方、姉は豊臣秀吉の側室・茶々(淀殿)、近江・大津城主・京極高次の正室・初、義父は信長の重臣・柴田勝家である。
織田信長の姪にあたる。

天正元年(1573年)の浅井氏滅亡から天正10(1582年)年の本能寺の変までは伯父・信長、変後、母・お市が信長の重臣・柴田勝家に嫁してからは天正11年(1583年)に勝家が羽柴秀吉に滅ぼされるまでは勝家の居城・越前北庄城にあったとされている。

その後は羽柴秀吉の庇護下にあったとされるが詳細は不明。
織田信雄の重臣・佐治一成に嫁ぐが、羽柴秀吉の命により離縁。
その後、秀吉の甥で養子の豊臣秀勝に嫁ぐが、文禄元年(1592年)、朝鮮出兵中に死別した。
さらに、文禄3年(1595年)、徳川家康の三男・秀忠の正室(継室)となったが、秀忠よりも5歳年上であったという。
関ヶ原の戦い(慶長5年(1600年))を経て、慶長8年(1603年)、征夷大将軍に任じられた家康の権力が豊臣家を凌ぐなか、その2年後に秀忠は将軍職を譲られると、江は秀忠の正室として将軍家御台所となり、江戸幕府3代・将軍徳川家光、駿河大納言・徳川忠長、豊臣秀頼の正室・千姫後水尾天皇の中宮として第109代天皇・明正天皇(女帝)を産む東福門院和子らを産んだ。
江戸幕府の歴史において正室の子が将軍になった唯一の例となる。
浅井三姉妹の中ではただひとり現代まで血筋が続いている。

「家光は江の子ではない」という説もあるが、江は家光が生まれたことを喜び、寺の造営や十二神将像の寄進をしているため、江の子で間違いないと考えられている。
また、家光の正室を決めたのも江である。

彼女の直筆の手紙が二通現存しているが、
子供たちのことが書かれた微笑ましい内容もので、一般的な「きつい性格の御台所」のイメージからはかけ離れている。
とはいえ、秀忠が江を恐れていたのは事実で、会津藩主・保科正之の母が彼を身ごもったときは家臣の家で産ませ、高遠藩主・保科正光に養子として押しつけたうえ、長男・家光に勧められ、しぶしぶ認知したという。

創作物上の扱い

江〜姫たちの戦国〜

『江 ~姫たちの戦国~』 Final !


演:上野樹里
2011年度NHK大河ドラマの主人公。

殿といっしょ

お江様


作中での名前は「お江の方」
母の美貌と父の被害妄想癖を受け継いだキャラクター

戦国大戦

江


キャラクター名は「江」
「1570魔王上洛す」から参戦。レアリティは最上位のSR。
浅井長政、母お市の方、長姉茶々も揃ってSRとなる豪華な顔ぶれ。
次姉のだけは一つ格下のRとなってしまった。

スペックはコスト1 武力1/統率5の弓足軽で、特技は「防柵」と「魅力」。
能力面は同勢力の小少将と同等だが、持ち計略の差異がある。

持ち計略は「山津波の計」の範囲縮小版である「岩石落とし」。
同系統のダメージ計略「山津波の計」に比べ、使用コストは低いが有効範囲は狭くなっている。

史実では生まれるや否や浅井家が滅亡するのだが、群雄伝ではしっかり喋る。ゲームだから仕方ない。


関連タグ

浅井三姉妹

関連記事

親記事

浅井三姉妹 あざいさんしまい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「お江」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109728

コメント